こどもたちが安心して学べる環境を実現したい! 滋賀朝鮮学校の屋上防水プロジェクト!

For

Quasi-Educational Association 滋賀朝鮮学園

滋賀朝鮮学園

Total Amount

¥3,422,141

/ ¥3,000,000

114%
100%

Total Amount

¥3,422,141

Total Donors

379

Remains

Finished

This campaign has been finished.

在日コリアンの子どもたちが朝鮮の文化や言葉を学び自らのアイデンティティーを確立することができる朝鮮学校。その滋賀県にある朝鮮学校に課題があります。それは、校舎や設備の老朽化です。

校舎屋上のコンクリートが劣化し、ひび割れが発生しています。未だに防水対策が取られておらず、校舎内の壁には水がしみ込んだ跡も残っています。このまま放置すると、教室の雨漏りだけでなく、校舎全体の設備劣化にもつながります。近年日本各地で豪雨災害による被害が多発している中、教育環境はとても脆弱な状態となっています。さらに、トイレや校門も老朽化している状況があります。

この状態を改善するために、屋上防水補修作業、トイレの洋式化や校門の補修を進めたいと考えております。今回その支援を募る300万円目標のクラウドファンディングを立ち上げました。

みなさまからの支援を、学校設備の補修費用に充てることで、子どもたちが安心して学べる環境を作り上げたいと考えています。

ならびに、国庫補助が無いなかでの学校運営をおこなっているため、実際は学校の運営費も数百万円不足している状況です。特に緊急度の高い「校舎や設備の老朽化」への対策の費用として300万円をファーストゴールに設定しましたが、より多くのご支援が集まる事を願っております。多くの方の賛同の想いが届くことで、滋賀にウリハッキョが存在して良いんだとの実感を持ちたいと想っております。全ての子ども達に、平等な学ぶ権利がある社会でありたいです。

みなさまのあたたかい応援を、よろしくお願いいたします。

Translated text is provided at the bottom of the page.

页面底部提供了翻译。

페이지 하단에 번역을 게재하고 있습니다.

Story

本キャンペーンは達成いたしました。ご支援ご協力いただいた皆様、ありがとうございました!引き続き、マンスリーサポーターを募集をしております。お申し込みは下記のリンクよりお願いいたします。(2022/10/03追記)

引き続き滋賀朝鮮をよろしくお願いいたします!

Loading...

皆様のご支援と熱い想いで、ファーストゴール達成!!(2022/09/27追記)

今回クラウドファンディングを立ち上げて、多くの方々にご支援をいただき、目標金額を達成できました!誠にありがとうございました!

CF実行員会としましては、皆様のご支援と熱い想いにより、予定している学校の設備を改善する見通しが立ちました事を、大変嬉しく思います。皆様の想いを胸に、私たちCF実行委員会は、これからも改修すべき設備や学校運営を少しでも改善し、子ども達により良い教育環境をプレゼントすべく、奔走する所存でございます。

残り期日もクラウドファンディングを継続いたしますので、引き続き応援をよろしくお願い致します。

本当にカムサハムニダ!(ありがとうございます!)

「一人はみんなのために、みんなは一人のために」をモットーに人を思いやる心の教育に力を注ぐ『滋賀朝鮮学校』


在日朝鮮人の子どもたちのアイデンティティ-を育む滋賀県下唯一の学校として歩んできた滋賀朝鮮学校は、今年で62年を迎えました。

私たちは、豊かな民族性や自主意識を育み、自己を確立できる人、仲むつまじく豊かで活力のある同胞社会、地域社会を築くことができる人、日本社会と在日朝鮮人社会、南北祖国と日本社会、国際社会を繋ぐ人を育てるため、民族科目(朝鮮語、朝鮮半島の歴史、地理、朝鮮の歌、楽器、舞踊など)や日本の学校教育に準じた教育を行っています。また、「一人はみんなのために、みんなは一人のために」をモット-に人を思いやる心の教育にも力を注いでいます。

現在、付属の幼稚班では4名、小学校では15名の児童が滋賀朝鮮学校で学んでいます。

自らのルーツを大事に育て、日本社会で生きていくための教育も受けることができる学校〜朝鮮学校とは?〜

朝鮮半島にルーツを持つ在日朝鮮・韓国人の子どもたちが朝鮮語や民族の歴史や文化などを学ぶことができる学校です。また、朝鮮語だけでなく、日本の公立学校と同レベルの日本語、算数、社会、理科なども学びます。そして児童たちは、学校生活を通して自らのルーツを知り、アイデンティティーを肯定的に育み、自尊感情を高め地域社会で日本の人たちと共に生きる人へと育っていきます。

校舎や設備の老朽化〜現状の課題〜

下記の3点の課題を抱えています。

  • 屋上の雨漏り

  • トイレの老朽化

  • 校門の故障

現在、防水対策が取られておらず、校内の壁に水漏れの跡が残り、このまま放置すると、教室の雨漏りや、学校全体の設備劣化にもつながります。近年日本各地での豪雨被害が多発している中、子どもたちが安心して学ぶ環境が脅かされています。

現校舎設立(1991年)から、約31年経過した今、トイレの改修が必要です。現在、全て和式トイレとなっております。

付属の幼稚班では、2歳児保育も行っており、和式トイレが2歳児にとって利用しづらいといった問題もあります。

また、学校関係者だけでなく、幅広い地域コミュニティーの方々が来訪される機会も多くある中、高齢者や車椅子の利用者が学校の和式トイレを利用がしづらいなどの課題もあります。


学校の校門も、学校設立から31年以上が経過して錆びて劣化しており、開閉しづらい状況にあるため、現在、横の通用口を利用して出入りを行っております。地域交流のイベントや、それに必要な道具、資材などの搬入時にも、校門を開ける必要がありますが、現在、校門や校門の滑車部が錆びて利用がしづらく、利用が制限されております。

国庫補助が無いなかでの学校運営


朝鮮学校は、学校教育法で「学校」と認定されておらず、都道府県から「各種学校」として認可されています。国からの助成金も望めない状況にあるため、公的な補助金が少ない中で学校を運営しています。そのため、資金の確保が難しい状況にあります。

子どもたちが安心して学び、活動できる環境を届けたい。そして、子どもたちの成長を見守る保護者や地域の方々が安心して集える校舎へ!

雨漏りの影響を受けやすい3階には、講堂と音楽室があります。子どもたちが心配せずに、安心して学び・発表できる環境を届けていきたいと考えています。

予定している工事の内容

屋上の防水工事の実施

屋上コンクリートのひび割れの改修を行います。

今後も子どもたちが安心して学べる環境を実現していきたいです。

洋式トイレの設置

学校に通う幼稚園児・小学生から、学校に訪れる大人・高齢者や車いすの利用者まで全ての人が不便なく、安心して利用できるようにしていきたいです。

校門の滑車のリニューアル

子どもたちだけでなく、車いすや杖を持った方も利用しやすい間口の広い入口を実現したいです。また、地域の人々や様々な団体が集まるコミュニティーイベント時に、その準備や物品の搬入が可能になるばかりではなく、多くの人が集うことのできる開放された学校になると考えています。

今年度は下記のような行事を予定しています。子どもたちの成長を支援者の皆さまと見守っていければ幸いです。

  • 公開授業

  • 敬老の集い

  • 12月 幼稚園の生活発表会

  • 2月 学芸会

  • 3月 卒園・卒業式

  • 4月 入園・入学式


鄭想根学校長のメッセージ『教育の力を信じて、全ての差別や戦争を反対し、平和を希求し行動できる子どもたちを育んでいきたいと願っています。』

クラウドファンディング応援ページをご覧になっているみなさんへ!

アンニョンハセヨ、ウリハッキョ(滋賀朝鮮初級学校)に通う幼児や児童たちは、朝鮮半島にルーツのある朝鮮人(韓国人)やダブルル-ツの子どもたちが通う学校です。

ウリハッキョの子どもたちは大変に明るいのが特徴です。

ウリハッキョの空間に一歩入れば、朝鮮語(ハングル)のシャワ-を浴び、自己のルーツやアイデンティティを肯定的に学ぶ環境があります。自尊感情を育む学校だといえます。これは「子どもの権利条約」の精神を具現している学校だとも言えます。

また、生まれ育った地域社会や日本の人たちとの友愛を育む学校です。コロナ禍の影響が無ければ、年間2000人近くの地域の人たちや韓国の人たちなどがウリハッキョを訪れます。同時に教科を通じて(主に社会や日本語の科目など)日本の童話や物語、地理や産業、歴史や公民など「日本」についてこれほど詳しく学ぶ外国人学校は他に無いと思います。

昨年の4月25日に二度目の公式訪問をされた三日月知事のあいさつがウリハッキョの特徴を物語っています。「…民族教育がえいえいと営まれ、繋がれていることに心から敬意を表し、先人の皆さん、教育を支える日本の皆さんに心から感謝します。一県民、知事として、ここに多文化共生の象徴である学校があることを誇りに思います…」

戦争と侵略によって生まれた私たち在日コリアンだからこそ、これからも教育の力を信じて、全ての差別や戦争を反対し、平和を希求し行動できる子どもたちを育んでいきたいと願っています。

そのためには、ウリハッキョの教育環境を改善し、教職員の安定した財政基盤が必要です。日本の友人のみなさん、ぜひ私たちの想いを真摯に受け止めてご協力をお願いします。

寄付金の使途

  • 屋上防水工事費用:150万

  • 洋式トイレの設置費用(幼稚園児・大人用):50〜100万 

  • 校門のリニューアル工事費用:50万


上記に使用した結果、余剰金が発生した場合は、子どもたちの教育のために大切に使用させていただきます。

要約文の翻訳

英語(English)


Korean schools allow zainichi Korean children to learn Korean culture and language and establish their own identity. The Korean school in Shiga Prefecture has an issue. The school buildings and facilities are deteriorating.

The concrete on the roof of the school building has deteriorated and is cracking. Waterproofing measures have not yet been taken, and the walls of the school building still show signs of water seepage. If left unattended, this will lead not only to leaks in the classrooms, but also to the deterioration of the entire school building's facilities. With the recent number of heavy rain disasters that have occurred throughout Japan, the educational environment is in a very fragile state. Furthermore, restrooms and school gates are also in a dilapidated condition.

In order to improve these conditions, we would like to proceed with waterproofing repair work on the roof, western-style toilets, and repairs to the school gates. We have launched a crowdfunding campaign to raise 3 million yen to support these efforts.

We would like to create a safe environment for children to learn by allocating your support to repair the school facilities.

However, since we are operating the school without government subsidies, the school is actually several million yen short of its operating expenses. We have set a first goal of 3 million yen to cover the cost of "aging school buildings and facilities," which is a particularly urgent issue, but we hope to receive more support. We hope that the support of many people will help us to realize that Urihakyo can exist in Shiga. We want to create a society where all children have the equal right to learn.

We would appreciate your warm support.

中国語(汉语)

朝鲜学校,宰一朝鲜儿童可以在那里学习朝鲜文化和语言,建立自己的身份。 滋贺县的朝鲜学校有一个问题。 这就是学校建筑和设施的老化问题。

教学楼屋顶的混凝土已经恶化,并出现了裂缝。 仍未采取防水措施,校舍内仍有水渗入墙壁的痕迹。 如果不加注意,这不仅会导致教室漏水,也会导致整个学校建筑设施的恶化。 教育环境处于非常脆弱的状态,因为近年来日本许多地区频繁发生暴雨灾害。 此外,厕所和校门也处于破旧状态。

为了改善这种状况,我们希望对屋顶进行防水维修,对厕所进行西化,并对学校大门进行维修。 我们已经发起了一项众筹活动,目标是300万日元,以筹集这方面的支持。

我们希望通过利用您的支持来修复学校设施,为孩子们创造一个安全的学习环境。

然而,由于我们在没有政府补贴的情况下办学,我们实际上还差几百万日元的学校运营成本。 我们将第一个目标定为300万日元,作为解决学校建筑和设施老化这一紧迫问题的措施费用,但我们希望能得到更多的支持。 我们希望许多人的支持将帮助我们实现Urihakyo可以在滋贺存在。 我们希望创造一个所有儿童都有平等学习权利的社会。

我们请求您的热情支持。

朝鮮語(한글)

재일동포 어린이들이 조선의 문화와 언어를 배우고 자신의 정체성을 확립할 수 있는 조선학교. 시가현에 있는 조선학교에 과제가 있습니다.그것은, 교사나 설비의 노후화입니다.

학교 건물 옥상의 콘크리트가 열화되어 균열이 발생하고 있습니다.아직까지 방수 대책이 마련되지 않아 학교 건물 내 벽에는 물이 스며든 흔적도 남아 있습니다.이대로 방치하면 교실의 비가 새는 것뿐만 아니라 학교 전체의 설비 열화로도 이어질 수 있습니다.최근 일본 각지에서 호우재해로 인한 피해가 많이 발생하고 있는 가운데 교육환경은 매우 취약한 상태입니다.게다가 화장실과 교문도 노후화되고 있는 상황이 있습니다.

이 상태를 개선하기 위하여 옥상 방수 보수 작업, 화장실 양식화 및 교문 보수를 진행하고자 합니다.이번에 그 지원을 모집하는 300만엔 목표의 크라우드 펀딩을 시작했습니다.

여러분으로부터의 지원을, 학교 설비의 보수 비용에 충당하는 것으로, 아이들이 안심하고 배울 수 있는 환경을 만들고 싶다고 생각하고 있습니다.

및 국고 보조 없이 학교 운영을 하고 있어 실제로는 학교 운영비도 수 백만엔 부족한 상황입니다.특히 긴급도가 높은 '교사 및 설비 노후화' 대책 비용으로 300만엔을 패스트골로 설정하였는데, 보다 많은 지원이 모이길 바랍니다.많은 분의 찬동의 마음이 전해지는 것으로, 시가에 우리학교가 존재해서 좋다라는 실감을 가지고 싶다고 생각하고 있습니다.모든 아이들에게 평등한 배울 권리가 있는 사회였으면 합니다.

여러분의 따뜻한 응원을 부탁드립니다.

12名のサポートファンディング子キャンペーン実施者のご紹介!是非ご覧ください!



子どもたちの夢みる権利と命輝くエネルギーに満ちたウリハッキョを一緒に支えませんか?劇団石(トル)のきむきがんのサポートファンディング

Loading...

今回のキャンペーンをきっかけに「自分が多様性の一員であることに気がついた人たち」が増えていくことを期待しています! こっぽんおり共同代表 さとう大のサポートファンディング

Loading...

子どもたちが安全面や衛生面の懸念なくのびのびと過ごせるようサポートしたい! 黄理愛のサポートファンディング

Loading...

滋賀朝鮮学校がマイノリティの教育権の実践・発信拠点としてさらに発展していくことを期待しています! 河かおるのサポートファンディング

Loading...

未来の新しい社会で今までとは違う在日(4世)として堂々と活躍することを期待しています! 金哲秀のサポートファンディング

Loading...

アタシが今ここからできることとして発信していきたい。 山崎真由子のサポートファンディンング

Loading...

全ての子どもたちに多様な学びの場を保障するためにも、滋賀朝鮮学校への支援をお願いします! 松本真人のサポートファンディング

Loading...

このクラファンは、この「倫理の荒れ地」を「共生」の豊かな大地に耕し直す一歩でもあると確信しています。 中村一成のサポートファンディング

Loading...

「社会は、今ここの、私と、あなたが、つくっている」 德永信一のサポートファンディング

Loading...

母校をそれぞれが皆で力を合わせて守っていく。 李相浩のサポートファンディング

Loading...

多文化共生の発信地、ウリハッキョをぜひ一緒に応援しましょう! 林芳幸のサポートファンディング

Loading...

ウリ滋賀ハッキョの教育環境を共に守りましょう! 啓発を考える会・草津 杉江のサポートファンディング

Loading...

私はこどもたちが安心して学べる環境を実現したい! 滋賀朝鮮学校の屋上防水プロジェクト!に賛同して寄付集めをしています。朴泰進のサポートファンディング

Loading...


Support Funding

Campaigns in which those who wish to support the campaign collect their own donations to help reaching its goal.

Would you like to support this campaign?

Support Funding is a feature that allows you to launch your own donation campaign and call for donations to help achieve other campaign's crowdfunding goals. By setting a target amount and collecting donations on your own, you can help the organization more than ever before.

Even a small amount is a big support if we all do it together. Please click the button below to start supporting!

Quasi-Educational Association

滋賀朝鮮学園

〒5200812

滋賀県大津市木下町2-24

077-522-1921

https://shiga-hakkyo.com/
Explore
  • For social challenges
  • For associates
  • For campaigns
  • For portfolios
About Syncable
  • For associate staffs
  • About us
  • Privacy Policy
  • Terms of Service (For supporters)

© 2021 STYZ Inc.All rights reserved
Privacy PolicyTerms of Service (For supporters)