一般社団法人

Rainbow Refugee Connection Japan

寄付する

市民活動を支えたい

人権を守りたい

5人のフォロワー

ビジョン

LGBTの人権が認められつつある国もありますが、一方でLGBTへの迫害を強くしている国々があります。 第三国定住までの支援と、日本へ来るLGBT難民のために準備する必要があります。

もっと見る

取り組み一覧

LGBTI難民の状況についての講演

事業の目的

日本では、ケニアのUNHCR(アフリカで唯一LGBTI難民登録ができる)に来るLGBTI難民の状況を知る機会はありません。わたしは、カクマキャンプにLGBTIコミュニティーがあったころから多くのLGBTI難民と個人的に関わりをもってきました。上から目線でない、同じLGBTI当事者としての目線で毎日彼らの生活を聞いてきました。

講演では、難民キャンプ内のLGBTIコミュニティーの様子がわかる非常に貴重な写真をたくさんお見せできます

カクマキャンプのLGBTIコミュニティーは世界に二つとない非常にユニークなコミュニティーでした。

非常にホモフォビックな他の難民に囲まれ、危険ではあったのですが、LGBTIを罰する法律をつくる前にキャンプに来たブルンジ人のLGBTIへの接し方の違い、刑法と文化の影響、また、先住民のツルカナ族に見る土地の所有権と白人主導のLGBTI保護への反発の関係、スーダン人難民の原理主義キリスト教とLGBTI独自のキリスト教会と子供たちの日曜学校(LGBTIのための教会はアフリカではここだけでした)など、貴重な記録が残りました。 文化人類学的に見ても非常に貴重なものだったと思います。

この事業の最終的な目的は、LGBTI難民受け入れの下地をつくることです。日本だけが、LGBTI難民を認めないという状況は、国連の方針にも反しています。


この事業はTICAD東京国際アフリカ開発会議のパートナー事業に認定されています。










これまでの活動

2017.5 東京レインボープライドにて展示説明

2017 ,10月 ウーマンズウィークエンドで講演

20171,11月 東京エイズウィークにて講演

2018.5 東京レインボープライド 展示説明

2018, 11,26東京エイズウィークにてトークイベント

2019, 4,29 東京レインボープライド 展示説明

2019,8,26 TICAD 東京国際アフリカ開発会議での展示説明

2019, 12,1 エイズウィークイベントにて講演


これまでの事業成果

--+----参加していただいた皆様は、アフリカのLGBTI難民の状況を初めて知ってとても驚かれていました。

欧米のように日本がLGBTI難民を受け入れる下地を少しづつ作れたらと思っています。

事業の必要経費

出張費は頂いていません。

一般社団法人

Rainbow Refugee Connection Japan

〒203-0054

東京都東久留米市中央町5-13-15

08033108744

http://rainbowrefugeejapan.org/

代表:嶋田聡美

団体を見つける
  • 社会課題から探す
  • すべての団体から探す
  • キャンペーンを探す
  • ポートフォリオを探す
Syncableについて
  • 掲載希望団体の方へ
  • 運営会社
  • プライバシーポリシー
  • 利用規約 (一般の方 / 掲載団体)
  • 特定商取引法に基づく表記
関連サービス

© 2021 STYZ Inc.All rights reserved