NPO法人

松山さかのうえ日本語学校

寄付する

国際協力をしたい

子どもに教育を届けたい

社会教育を推進したい

13人のフォロワー

ビジョン

外国人と日本人が、「つながって、変わって、寄り添い合える社会」をつくることが私たちのミッションです。そのための場所づくり、人づくり、きっかけづくりを様々な角度から行います。

もっと見る

私たちの取り組む課題

度重なる外国人犯罪、失踪、不法滞在、強制送還...これらの問題の根源はどこなのかと考えたとき、真っ先に浮かんだことは「その方々に、悩みを相談できる人、駆け込み寺のような場所はあったのかな」ということでした。

いろいろなネガティブなニュースが並ぶ中で、もしかしたら事前に悩みを聞いてくれる人がいたら、その事件は起きなかったかもしれない。日常的に応援してくれる誰かが身近にいれば、信頼できる誰かがいれば...と、ふと考えてしまいます。

私は長い間東京で外国人支援を行ってまいりました。お仕事、ご結婚、留学、ワーキングホリデー、難民として...など、様々な理由で今も多くの外国人の方が日本に住んでおられます。私はいかなる理由であれ、今住んでいるこの日本を好きになって欲しい。いつか母国へ帰り、思い出す日本はとても素敵な国であって欲しい。楽しい思い出であふれてほしい。と思いながら、支援を行ってきました。

この度、ふるさと愛媛に帰り、外国人の方々とお会いする中で、愛媛にはまだ十分なサポート体制が無いことに気づき、立ち上げを決意しました。手探り状態ではありますが、どんなときも寄り添うこと、応援すること、困ったときの駆け込み寺になることを目指します。

外国人を雇用しているものの、うまくコミュニケーションがとれない、文化や慣習の違いでストレスを抱えている企業様のお声も多く頂戴しております。そんな企業様にとっての駆け込み寺でもありたいと思っています。

なぜこの課題に取り組むか

「日本語学校なのにこんなことまで?どうして?」というお声をよく頂戴します。日本語を教えることは正直なところ少しのテクニックと知識があれば、誰にでもできます。さらに言うと、今は学校に通わずとも、オンラインでどこでも自分で勉強ができる時代です。

学校の本来の意義は知識を身に着けさせることが全てではなく、勉強へのやる気、その環境づくり、意識啓発、さらには多角的視野を身に着けること…など、挙げるときりがありません。

まずは外国人も子どもも、大人も…みんなが安心して仕事・勉強ができるまちづくりこそが、私たちの目指す到達点です。

松山市の方々のみならず、愛媛、全国、そして世界中の方々を巻き込んで、その目標に到達すべく、本団体を設立いたしました。

寄付金の使い道

・国際子ども食堂の運営費

・世界時事教室の運営費


などに使わせていただきます。

NPO法人

松山さかのうえ日本語学校

〒7900001

愛媛県松山市一番町2丁目5-10

https://www.m-sakanoue.org
団体を見つける
  • 社会課題から探す
  • すべての団体から探す
  • キャンペーンを探す
Syncableについて
関連サービス

© 2021 STYZ Inc.All rights reserved