NPO法人

アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]

寄付する

子どもに教育を届けたい

芸術・スポーツを応援したい

7人のフォロワー

ビジョン

Arts Initiative Tokyo[AIT]は、現代アートと視覚文化を考えるための場作りを行うNPOです。 アートの複雑さや多様さ、その背景にある文化について話し合うプログラムを創っています。

もっと見る

私たちの取り組む課題

AITでは、2001年よりAITが開講する現代アートの学校MAD (Making Art Different)や国内外のアーティスト、キュレーター、研究者を日本に招へいするアーティスト・イン・レジデンスプログラム、また、企業のアートプログラムのキュレーションなどを手がけてきました。

そうしたアートの表現や思考を軸にした学び、また、そこで培ったネットワークをもとに2016年より、社会的養護下の子どもたちやさまざまな環境の子どもや若者とアートを繋ぐdear Meプロジェクトを立ち上げました。dear Meでは、アートを通して子どもや若者が自由に言葉や表現を探求する場、また、大人が社会的課題や福祉とアートの協働について学ぶ場を創出しています。


dear Meの主なプログラム

美術鑑賞プログラム:自分の言葉を自由に探す

国内外のアーティストとのワークショップ:触れて、作って、観察して、内なる表現を養う

現代アートと福祉を考察する講座:社会的課題について大人が気づき、学ぶ場

アーカイヴと発信:様々な理由で発信が限られてしまう当事者の状況の伝達


Our Challenges

Since its establishment in 2001, AIT has developed the contemporary art school MAD (Making Art Different), run an artist-in-residence program that invites domestic and international artists, curators and researchers to Tokyo, and curated various corporate art programs among others.

Based on learning pivoted on contemporary artistic expression and ideas, as well as the networks we have cultivated thus far, AIT established the dear Me project in 2016 in order to bring art to children in social care, and young people living in various environments. dear Me has created a place for children and young people to freely explore words and expression through art, as well as a place where adults can learn about social issues and collaboration between art and welfare.


Main Programs of dear Me

♧Museum visit program

Helping children Finding their own voices and perspectives

♧Workshops with domestic and overseas artists

Encountering, creating, observing, and nurturing inner expression

♧Lectures to imagine contemporary art and welfare

A place of learning where adults can develop knowledge about social issues and art

♧Archives and dissemination

Conveying information about the circumstances of parties concerned which, for various reasons, is limited



なぜこの課題に取り組むか

より良く生きるための心の栄養としてのアートの思考を活用すること

社会的養護下にある子どもたちの多くは、親や大人からのネグレクトや暴力など、生い立ちや育った環境により自己肯定感を養いにくい傾向にあるといわれています。一方で、こうした孤立的な状況は、子どもに限らず大人もさまざまな状況で直面しえることだといえないでしょうか。


dear Meでは、プロジェクトを通して子どもや若者がつながりや頼れる人、大人の参照点を一つでも多く見つけること、アートを通して自分の言葉やコミュニケーションの方法を見つけ、またそれを他の人と共有・交換することで「気づき」や生きやすさを模索する力=思考力や視点を転換する幅を広げることが大事だと考えます。常に社会や時代を映し出してきたアートの思考や表現が持つ批評性や眼差しには、そうしたヒントがあると考えています。


Why Address This Issue

Utilizing art thinking as nutrition for the mind in order to widen the choice of children’s future.

It is said that many children in social care tend not to develop self-esteem due to their upbringing and growing environment, or due to neglect and violence from parents and adults. On the other hand, anyone in the society may experience such isolation.


dear Me considers it important that children and young people can discover more connections with the people they rely upon, that adults can discover more points of reference through its projects, and that all participants can mutually find their own words and means of communication through art. In addition, dear Me placesimportance on the sharing and exchange of these experiences with others, increasing the participants’ ability to make “realizations” and seek out easier ways of living—the power of perception—while broadening perspectives. We consider that hints for such activities can be found in the criticality and vantage points offered by art thinking and expression, which have always reflected society and the age in which it exists.


寄付金の使い道

寄付金は、dear Meがこれまで実施してきた、以下の4つのプログラムの運営や企画費、子どもたちのための経費、プログラムに関わるアーティストのサポートに活用されます。


子どもたちとの美術鑑賞プログラム

現代アーティストによる、児童養護施設等でのワークショップとレクチャー

海外の福祉とアートの専門家を招いた子ども・大人に向けた教育プログラム

アートを学びたい社会的養護出身等の若者が現代アートの学校MADを受講できる奨学生制度


How Donations will be used

Donations will be used for the running and planning of the following four programs that have thus far been implemented by dear Me, as well as the fees for participating children and the support of artists involved in the programs.

Children’s Art Appreciation Program

Workshops and lectures by contemporary artists at children’s welfare facilities and other venues

Education programs for children and adults that invite overseas specialists in art and welfare.

A scholarship system for young people in social care who want to learn about art that allows them to participate in the contemporary art school MAD

NPO法人

アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]

〒150-0033

東京都渋谷区猿楽町30-8ツインビル代官山B-403

03-5489-7277

http://www.a-i-t.net/ja/
団体を見つける
  • 社会課題から探す
  • すべての団体から探す
  • キャンペーンを探す
  • ポートフォリオを探す
Syncableについて
  • 掲載希望団体の方へ
  • 運営会社
  • プライバシーポリシー
  • 利用規約 (一般の方 / 掲載団体)
  • 特定商取引法に基づく表記
関連サービス

© 2021 STYZ Inc.All rights reserved