This campaign is for continuing donation.

This campaign is for recurring (monthly) donations. Please note that after the initial donation payment, the payment will automatically be made on the first day of each month at the same amount as the initial donation.

「限界集落と里山を未来へつなぐ!」 コロナ禍でもNICEと一緒に活動を支えてくれるサポーターを100人募集します!

For

NPO NICE(日本国際ワークキャンプセンター)

NICEスタッフ

Total Donors

105

/ 100

105%
100%

Total Amount

¥79,741

Total Donors

105

Remains

Finished

This campaign has been finished.

【 8月31日まで!】あと3日!NICE副代表 開澤裕美(ゴマ)よりキャンペーン最後のお願いです!

2021/8/29 15:43

本日も活動報告をご覧いただき、ありがとうございます。NICEマンスリーサポーターチームのまみです。

サポーター募集キャンペーンもあと残り3日となりました。引き続き温かいご支援をよろしくお願いいたします。

本日は、NICE副代表 開澤裕美(ゴマ)よりキャンペーン最後のお願いです!

///////////////////////////////

「国連で働きたい!」と漠然と考えていた、大学入学したての頃。

そこから、ボランティアやNPO/NGOの世界に出会い、のめり込んでいき、今やNICE理事(名ばかり副代表です…)としての活動は22年程になります。

光陰矢の如し!!

「世界のワークキャンプ情報が欲しい方は、切手1,000円分を入れてこちらの住所まで送ってください」

えー、切手を入れて郵便で送るの?面倒だからやめよう。。と思ったのは、大学入りたての頃。当時はインターネットもPCも普及していず、NICEのことも「国際ボランティア」というアルクさんの雑誌で発見しました。手元に届いたのは、読むだけでワクワクするような、世界中を旅することができるワークキャンプ情報がぎっしりと詰まった一冊でした。

大学2回生になる前の春休み、初めて行ったフィリピンでの国際ワークキャンプ。たくさんの仲間と国際色豊かなメンバーと過ごした3週間は、こんな世界があるんだ!と私の景色を大きく変えてくれた大切な時間となりました。

京都に住んでいた私にとって、NICEのイベントは関東のものばかり。まだ関西の拠点もないため、指をくわえながら、NICEプレスに書かれている週末ワークキャンプ情報を眺めたり、どんな感じなのか想像してみたり。

夜行バスや青春18きっぷを使って東京へ行き、初めてのNICE総会に参加した時は、何だかとても大人になった気分になったのを思い出します!

そして社会人1年目が終わる頃、「NICE関西事務局立ち上げるための職員募集!」の記事を見てから始まった、私の次なる人生。1999年から3年間の東京生活、2000年の代表かいさんとの結婚、2001年からのNICE関西事務局開設、とドタバタ過ぎる職員としての6年間となりました。

NICEや国際ワークキャンプの魅力は、やっぱり「人との出会い」、それに尽きます。

日本各地それぞれのフィールドで活動されている共催団体の皆さん。生き方も考えもカッコよく、ずっと話をしていたい尊敬すべき方々です。私たちはそんな思いに共感し、持続可能な世の中を少しでも創っていくために、NICEらしいやり方として、国際ワークキャンプを続けていきたいと強く願っています。

コロナ禍で、これまで続けてきたスタイルが通用せず、NICEは大きな転換点に立っています。カラフルでヘルシーな世の中を創るために、時代にあった、NICEらしい動き方を考える時期に来ていると思っています。

一方で、ワークキャンプのようなプログラムは、今後もますます必要なものだと確信しています。

今後も続けていくもの、変えていくもの、しっかり見極めながら動いていくためにも、ぜひ皆さんの力を貸していただきたいです!!


【プロフィール】

開澤裕美(ゴマ)

京都府宇治市出身。NICE職員、CSR(企業の社会的責任)のコンサルタントを経て、2015年より大学ボランティアセンター・コーディネーター。子ども4人と夫、猫との7人暮らし。コロナ禍をきっかけに運動習慣が身に付き、週末の朝RUNは趣味に。

▼大学4回生で行ったメキシコのワークキャンプ。写真に写っているフランス男性を巡ってアメリカ女性ともう一人の日本女性がバトルに…

▼色々なワークキャンプを企画運営させてもらいました!写真は、広島~神戸までフリースクールの子どもたちと一緒に走るワークキャンプ!


▼三男誕生の助産院にて。上3人は自宅出産、4人目は酵素玄米の美味しい食事に魅かれて助産院で出産しました。

▼最近の家族写真。小学生2人、中学生2人と愛猫ぎょんこ(16才)。皆大きくなりました!



← Back to all activity reports

NPO

NICE(日本国際ワークキャンプセンター)

〒2450061

神奈川県横浜市戸塚区汲沢8-3-1

080-2347-3184

https://www.nice1.gr.jp/

Representative:開澤真一郎

Explore
  • For social challenges
  • For associates
  • For campaigns
  • For portfolios
About Syncable
  • For associate staffs
  • About us
  • Privacy Policy
  • Terms of Service (For supporters)

© 2021 STYZ Inc.All rights reserved
Privacy PolicyTerms of Service (For supporters)