認定NPO法人

日本雲南聯誼協会

寄付する

寄付金控除対象

国際協力をしたい

子どもに教育を届けたい

女性の支援をしたい

8人のフォロワー

寄付金控除対象

この団体への寄付は、最大約50%の税控除が受けられます。詳しくはこちら

ビジョン

日本雲南聯誼協会は、日本と中国の友好を願う人々に対して、教育及び文化に関する事業を行い平和と発展に寄与することを目的とします。

もっと見る

取り組み一覧

「50の小学校」プロジェクト

事業の目的

雲南省の少数民族の多くは、山岳地帯などの厳しい自然環境の中で暮らしており、食べる物も着る物も十分ではありません。また、地域に学校がない、家が貧しいなどの理由で、義務教育を受けられない子どもたちもいます。このような子どもたちの学習環境を整え、地域政府・地元住民の教育への理解を深めながら、教育の面で雲南省をサポートしようというのが協会の「50の小学校プロジェクト」の狙いです。

これまでの活動

プロジェクトの実施の流れ


1、現地調査・視察

本当に必要とされている場所に小学校を建設するため、何度も現地に赴き視察・調査を行い、カウンターパートナーの現地教育局との協議を重ねます。


2、建設の決定(理事会)

建設候補地がある程度定まると、理事会で、環境・経済その他の条件を加味して建設するか否かを討議、決定します


3、現地教育委員会との打ち合わせ

そして現地教育局との打合せを経て、建設委員会を設置、いよいよ建設工事が開始します。


4、建設

工事は現地の建設会社が担当し、協会と建設委員会の監督の下完成に向かいます。ここまでの段階を終え、開校式を迎えるまでは1、2年です。


5、開校ふれあいの旅

「開校式ふれあいの旅」を組み、会員の皆さんと子どもたち、村人、現地政府が一緒にこのめでたい日をお祝いします。


6、フォローアップ事業

(追跡調査・支援・交流)

小学校開校後も、5年間を目処に運営状況の報告を小学校側からしてもらい、なにか問題や要望があれば一緒に検討し解決します。

日本の小・中学校と雲南の支援小学校の間にフレンドシップ協定を結び、双方の地域を巻き込んでの交流も推進します。また、年に何度か当協会会員が学校を訪問し、文房具を贈ったりなどの交流の場を持つことも。

この5年を目途にした追跡調査・支援・交流を、当協会ではフォローアップ事業と称し、定期的に実施しています。

これまでの事業成果

2000年から活動を開始し、これまでに中国・雲南省の山岳地帯において25校の小学校建設を実現することができ、約27,000人の少数民族の子どもたちが設備の行き届いた環境で教育を受けることができました。


Loading...

事業の必要経費

当協会では、学校運営を最終的に雲南省自身に任せ、地元自治体が責任を持って運営をしてもらい、協会は定期的にフォローアップを行うことを前提として、日本側と雲南側で建設費を折半するという方法をとっています。この費用の折半により、地元の政府も学校運営に真剣に取り組みます。地元に根ざした本当に必要な小学校を存続させるための配慮です。

総建設費の1/3~1/2を支援する場合、200万円~300万円が必要です。総費用としては400万円~600万円程度(2~3階建ての9教室程度の校舎)がかかります。また、支援内容も多様化しており生徒や教員の寮、食堂や図書館も支援対象として運営されています。

認定NPO法人

日本雲南聯誼協会

〒1620846

東京都新宿区市谷左内町21-131階

0352065260

https://jyfa.org/

代表:初鹿野惠蘭

団体を見つける
  • 社会課題から探す
  • すべての団体から探す
  • キャンペーンを探す
  • ポートフォリオを探す
Syncableについて
  • 掲載希望団体の方へ
  • 運営会社
  • プライバシーポリシー
  • 利用規約 (一般の方 / 掲載団体)
  • 特定商取引法に基づく表記
関連サービス

© 2021 STYZ Inc.All rights reserved