認定NPO法人

しあわせの種たち

寄付する

寄付金控除対象

動物を守りたい

自然・環境を守りたい

社会教育を推進したい

230人のフォロワー

寄付金控除対象

最大で40%の寄付控除が受けられます。また、追加で最大10%の住民税控除が受けられる場合があります。詳しくはこちら

ビジョン

~命を繋ぐ…ご縁を繋ぐ…しあわせを繋ぐ~私たちは、人間の勝手で理不尽に殺される罪なき尊い命を一頭でも一匹でも多く救いたいと活動しており、人と動物が健やかに共存できる環境づくりを目指しています。

もっと見る

私たちの取り組む課題

殺処分を防ぐためには、行政と私たちボランティアの信頼関係を深め、協働できる体制作りをしていくことが必要不可欠です。

当会は、岡山県動物愛護センターの譲渡事業と協働し、譲渡対象の犬たちの里親募集から譲渡、その後のサポート全般を行っています。

また、センターから譲渡不適正と判定され、譲渡対象から外れた犬たちをどうすれば救えるかが「殺処分」を無くすための私たちの課題であると考えています。

センターに収容され「譲渡不適正」と判定を受けた犬たちは「殺処分」となってしまいます。

しかし、その判定は本当に正しいのか?

私たちは直接犬たちに関わり、散歩に連れ出したり、検査を手伝ったり、シャンプーしたりしながら犬たちの本当の姿を見出し、その様子をセンターの職員さんに見てもらいながら一頭でも多く判定の見直しをお願いして譲渡に向けています。

当会は「譲渡できる犬猫は譲渡に繋げる」「一番殺処分に近い場所にいる犬たちを積極的にレスキューする」ことで「殺処分0」を目指し、極度に人馴れしていない野犬たちや、威嚇、咬む、破壊行動などの「問題行動」があり現状では譲渡は難しいと判断した犬たちを主に保護しています。そして、高齢であったり病気がある犬猫は看取りでの保護になる犬猫もいます。

問題があっても、愛情を持ってケアし、適正な訓練を受けさせてやることでどう変わっていくのか?

協力して下さる訓練士の力を借りながら「家庭犬への道」「探偵犬への道」「モデル犬への道」「セラピー犬への道」それぞれの適性や個性を考えながらトレーニングをしています。

なぜこの課題に取り組むか

殺処分という仕組みを「生かす仕組み」に変えていきたい!

先ずはペットを棄てる人がいなくなること。

ペットを飼うということは命を家族に迎えるということ。

最期まで責任を持って終生飼育をすることが当たり前の社会になってほしいと思います。

しかし、行政機関に収容され「殺処分」の危機にある犬や猫たちにはその社会になるまで待っている時間はありません。

どの命も同じ重みの尊い命…たった一つの代わりのない命たちなのです。

言葉を持たないだけで、豊かな感情を持ち、愛情も悲しみも知っている命たちです。

何もなければ明日も当たり前に生きていけるかけがえのない命たちを人間の勝手で殺していい理由など何一つありません。

私たちは「私たちの活動が必要なくなる社会」がくるまで動き続けていきます。

寄付金の使い道

・保護犬たちの医療費や食費、生活用品費

・問題行動のある犬たちの訓練にかかる費用

・譲渡事業にかかる経費など(環境確認や搬送などの経費の一部、事務用品、通信費など)

・譲渡会や啓発イベントなどにかかる経費

*当会ブログで収支報告をさせていただいています(アメブロ)

https://shiawasenotanetachi.amebaownd.com/

代表:濱田一江

団体を見つける
  • 社会課題から探す
  • すべての団体から探す
  • キャンペーンを探す
Syncableについて
関連サービス

© 2021 STYZ Inc.All rights reserved