一般社団法人

Rainbow Refugee Connection Japan

寄付する

市民活動を支えたい

人権を守りたい

5人のフォロワー

ビジョン

LGBTの人権が認められつつある国もありますが、一方でLGBTへの迫害を強くしている国々があります。 第三国定住までの支援と、日本へ来るLGBT難民のために準備する必要があります。

もっと見る

取り組み一覧

ナイロビ都市部生活者のLGBTI難民への支援

事業の目的

欧米LGBT団体や、人権団体からの支援金では、足りない状況で、ホームレスになるLGBTI難民がいます。なんとか、家賃を払えても、一日一食くらいしか食べられない難民もいます。

ホームレスになると、LGBTIはケニア警察に逮捕され、カクマキャンプに送られます。現在、またカクマキャンプにLGBTI難民が増えつつあります。

RRCJは支援が行き届いていないナイロビ都市部のLGBTI難民と、再びカクマキャンプに集まり始めたLGBTI難民を支援しています。

これまでの活動

UNHCR(HIAS)からの支援金を得られていないナイロビのLGBTI難民の家賃、食費、電気、ガス、水道代の支払い


緊急時の医療費支援、UNHCRなどへの面接に行く際の交通費支給




これまでの事業成果


ホームレスになっていたLGBTI難民に対し、二部屋分の家賃を継続的に支払っています。

その他のLGBTI難民は、自立支援を行っています。

洋服、アクセサリーの製作販売支援。



事業の必要経費

ナイロビ都市部のLGBTI難民の各家ごと、払いきれなかった家賃、食費の援助

ナイロビ全体で月10万円前後


カクマキャンプで暴行を受けたLGBTI難民の治療費、HIV+の難民に対する栄養支援費

月数千円


一般社団法人

Rainbow Refugee Connection Japan

〒203-0054

東京都東久留米市中央町5-13-15

08033108744

http://rainbowrefugeejapan.org/

代表:嶋田聡美

団体を見つける
  • 社会課題から探す
  • すべての団体から探す
  • キャンペーンを探す
  • ポートフォリオを探す
Syncableについて
  • 掲載希望団体の方へ
  • 運営会社
  • プライバシーポリシー
  • 利用規約 (一般の方 / 掲載団体)
  • 特定商取引法に基づく表記
関連サービス

© 2021 STYZ Inc.All rights reserved