一般社団法人

パーソナルサービス支援機構

寄付する

子どもに教育を届けたい

就職・雇用支援をしたい

社会教育を推進したい

6人のフォロワー

ビジョン

「だれもが平等に、自分らしく、活躍できる社会を!」を合言葉に、生きづらさや社会的ハンデを負った環境で育った子どもや若者一人ひとりに寄り添い、人や地域との「出会い」「つながり」を大切にした支援を目指す!

もっと見る

取り組み一覧

一人親家庭や困窮家庭の不登校児童や、児童養護施設退所者等のための「生活・学習・就労おうえん基金」

事業の目的

「だれもが平等に、自分らしく、活躍できる社会を目指す」を合言葉に多様化する生き方や働き方を応援し、社会的自立に向けて支援を必要とする方々のニーズに対応すべく、就労・福祉・教育・地域活動等の振興に関する支援事業を創造し、社会福祉・地域づくりの推進に寄与することを目的としています。


 ここ鹿児島県大隅地域は広大な地域にもかかわらず(例えば神奈川県より広い)、公共交通機関が1日数本のバスのみで、地域によってはそのバスさえ走っていないところです。不登校の子どものために社会資源を利用したくても送迎する余裕がない困窮家庭やひとり親家庭への「送迎サービス」や送迎できても子どもに合った「無料低額学習支援」の施設もなく、活用できる法制度がないため当法人にて実施したいと考えています。

 また、何の支えもない児童養護施設退所者への「緊急生活資金支援」、不便な地域で暮らすも生活に余裕のない就職者への「移動手段取得補助」等、社会的ハンデのある環境で育った子どもや若者たちを応援するためにも基金の設立が必要と考え、現在取り組んでいます。

これまでの活動

かのや自立就労サポートセンター

  • 就労準備支援に係る業務「はたらく準備プログラム」
  • 日常生活の自立支援に係る業務「ゆる活ワークショップ」
  • 担い手育成と雇用機会拡充に係る業務「就労体験」

PSスクールかのや

  • 学習と生活の支援に係る業務「通信制高校等学習サポート」
  • 不登校等の子どもの支援に係る業務「フリースクール」「家族会」
  • 就職定着や生涯学習に係る業務「リカレントスクール」

   など


これまでの事業成果

2018年度実績

・小中学生、高校生の不登校および学習支援による進級・進学者数=18名

・就労支援プログラム利用者数21名のうち、就職者数=7名(うち正規雇用6名)

・不登校・引きこもり者のイベント・プログラムの参加(社会参加)者数=のべ385名

事業の必要経費

・「学習・生活・就労」支援にかかるプログラム、体験活動費

・困窮家庭やひとり親家庭への「送迎サービス」

・無料学習支援事業

・児童養護施設退所者への「緊急生活資金支援」

・生活に余裕のない就職者への「移動手段取得補助」

・無報酬の就労体験に通うための「交通費補助」

・児童養護施設退所者や困窮家庭の子どもたちの新生活を応援する「家電・家具・自転車、どれか一つプレゼント」事業等

一般社団法人

パーソナルサービス支援機構

〒893-0064

鹿児島県鹿屋市西原2-18-33

0994375639

http://kanoya-ps.com/

代表:大倉一真

団体を見つける
  • 社会課題から探す
  • すべての団体から探す
  • キャンペーンを探す
  • ポートフォリオを探す
Syncableについて
  • 掲載希望団体の方へ
  • 運営会社
  • プライバシーポリシー
  • 利用規約 (一般の方 / 掲載団体)
  • 特定商取引法に基づく表記
関連サービス

© 2021 STYZ Inc.All rights reserved