一般社団法人

未来の準備室

寄付する

観光・まちづくりを盛り上げたい

社会教育を推進したい

42人のフォロワー

ビジョン

Vision < わたしと、わたしの大切な人の幸せが実現する未来>

もっと見る

私たちの取り組む課題

福島県白河市を拠点に活動する一般社団法人です。

2015年に事業を開始したコミュニティ・カフェ EMANONでの実践・研究を核に、キャリア教育やまちづくり、地方創生の分野で事業を行なっています。


(主な業務実績)

2015~現在 白河市コミュニティスペース設置事業(コミュニティ・カフェ EMANON)

2018~現在 一般社団法人化

2018~19 福島県県南地方移住・二地域居住促進事業

2020~現在 ゲストハウス ブラン設置

2020~21 福島県県南地方関係人口創出事業

2020~現在 白河市移住コーディネーター事業

2020 第7次福島県教育総合計画高校生ワークショップファシリテーション

2020-21 国立那須甲子青少年自然の家地域探究プログラム(光南高校)支援

2021 白河市新複合施設市民ワークショップ 高校生の部ファシリテーション

2021~現在 マイプロジェクト福島事務局



なぜこの課題に取り組むか

ビジョン < わたしと、わたしの大切な人の幸せが実現する未来>を目指して、若者の地域社会参画を中心テーマに活動しています。


私たちのミッション(強み)は3つ。


  • place 誰もに開かれた「場」をつくる
  • learn & learn「学び」続ける手段と価値を届ける
  • be local 一歩づつ「地域」と共に歩む


この3つが揃った地域こそ、持続可能な社会への扉になると考え、事業に取り組んでいます。


取り組んでいる領域を表すキーワードは、高校生・教育・地方。

支援を届けたい対象・手法を考えると、直接的な収益化が困難です。

  • 地域で暮らす高校生 = 受益者負担による格差を生まない
  • 専門性に基づいた教育 = 投資に対する金銭的利益を目的にしない
  • 大学のない地方での実践 = 人材確保や広報が難しい


ぜひ皆様の寄付によって、受益者ファースト、そして柔軟かつダイナミックな支援を実現したいと思っています。

寄付金の使い道

これまでの実践・実績を背景に、若者がいつでも・何度でも地域と関わることのできる持続可能な仕組みづくりに取り組みたいと思っています。


具体的な手法として

  1. 地域と高校生とのマッチングプラットフォーム『ユースボラセン』
  2. 白河ゆかり意志ある関係人口による利他の循環『白河ゆかりオンラインコミュニティ』 


寄付金は主に、これらの運営に係るコーディネーター人材の人件費に充当します。

持続可能な地域社会づくりの担い手を、しっかりと白河・福島から育成していきます。


マンスリーファンディングでの参画を通じて、わたしたちと一緒に新しい社会を創っていきませんか?

あなたも、あなたの大切な人も、地域という場を通じて幸せになる未来を一緒に目指しましょう。

一般社団法人

未来の準備室

〒961-0905

福島県白河市本町9

0248-57-4067

https://junbishitsu.jp/

代表:青砥和希

団体を見つける
  • 社会課題から探す
  • すべての団体から探す
  • キャンペーンを探す
  • ポートフォリオを探す
Syncableについて
  • 掲載希望団体の方へ
  • 運営会社
  • プライバシーポリシー
  • 利用規約 (一般の方 / 掲載団体)
  • 特定商取引法に基づく表記
関連サービス

© 2021 STYZ Inc.All rights reserved