認定NPO法人

兵庫子ども支援団体

寄付する

寄付金控除対象

子どもに教育を届けたい

社会教育を推進したい

出産・子育てを支えたい

19人のフォロワー

寄付金控除対象

最大で40%の寄付控除が受けられます。また、追加で最大10%の住民税控除が受けられる場合があります。詳しくはこちら

ビジョン

「子どもが笑って過ごせる地域の形成」 未来を担う子どもたちが笑って過ごせる,「夢」を諦めることのない社会,安心できる地域づくりを目指します。

もっと見る

私たちの取り組む課題

ページをご覧いただきまして、ありがとうございます。

認定NPO法人兵庫子ども支援団体の多田実乘(ただみのり)と申します。

私たち兵庫子ども支援団体は、「子どもが笑って過ごせる地域の形成」をミッションに掲げ、兵庫県明石市を中心に学習支援や子どもの居場所づくり、生活支援、オンライン相談、体験活動など子どもに関わる様々な活動に取り組むNPO法人です。

兵庫子ども支援団体は、2013年11月に設立されました。当時、「子どもの貧困」や「子どもの自死」などがニュースで取り沙汰されていたことを受けて、私が高校3年生のときに将来、子どもと関わる仕事に就きたいと考えていた同級生数名とともに設立しました。

延べ1,624名。

これは、私たちが2022年度に関わった子どもやその家庭の数です。2016年と比べるとその数は約4.5倍増加しています。 私たちの活動では、ひとり親世帯や多子世帯の子どもや発達特性を抱えている子ども、学校に行きにくくなっている子など、地域の様々な子どもたちに支援を届けています。2020年以降は、オンラインを利用した活動や生活支援など活動の幅も広がり、明石市や神戸市を中心に支援をしている子どもは県下全域へと広がっています。

なぜこの課題に取り組むか

私たち、兵庫子ども支援団体では、子どもに関わる様々な活動に取り組んでいます。

例えば、学習支援事業では、「総合的な生きる力」の育成を目指して、テキスト学習だけでなく、異年齢の子どもたちが集まる強みを生かしたグループワークや施設見学や体験活動などの社会教育活動に取り組んでいます。また、2020年からは高校生への学習支援も開始しました。小学生から高校生まで一貫して活動を提供することによって、子どもたちの将来につながるサポートを行うことができています。

また、2021年から実施している生活支援デリバリーでは、経済的・家庭的な理由により支援を必要としている家庭に食糧や日用品、文房具などを届けています。支援物品を届けるだけでなく、私たちが行うその他の活動...例えば学習支援やLINEを利用したオンライン相談、各種イベントの案内も行うことによって、困ったときに頼ることができる"つながり"を作っています。

私たちは、9割近くの財源を、皆様からいただく寄付や助成金によって事業を運営しています。寄付で運営しているからこそ、社会課題に応じた、その時に必要とされている活動を実施することができます。新型コロナによって学校園が臨時休校した際に、緊急で居場所事業やオンライン学習支援を実施したように、継続的な寄付があることによって見通しをもちながら、柔軟な活動運営を行うことができます。これは、単年度で終了してしまう助成金では不安定でなかなか難しいものです。そのため、今回は継続的な寄付をしてくれるサポーターを増やすことによって、より安定的な活動運営を実現していきたいと考えています。

寄付金の使い道

このプロジェクトを通して頂いた寄付金は、兵庫子ども支援団体が行う子どもたちやその家庭への支援のために使用いたします。

例えば、月1,000円のご寄付を1年間続けて頂くことで、1人の子どもを1泊2日の自然体験活動に招待することができます。

経済的な理由をはじめとした様々な理由によって、「体験活動」に乏しい子どもたちが多くいます。文科省の調査によると、小学生の頃に体験活動を多くしていると、その後の成長に良い影響が見られることがわかっています。良い影響というのは、自尊感情や外向性などの大人になっても必要となる力へプラスの効果が働きます。

私たちは、2017年より学習支援事業において年1〜2回の社会教育活動に取り組み、子どもたちにテキストの勉強だけでなく、実際に行って、見て、体験して得られる機会を提供しています。2021年からは生活支援などで繋がったご家庭にも声かけを行い、より多くの子どもに体験機会を届けています。

この他にも、より多くの方にサポーターになっていただくことによって、実現できることがあります。

① 学習支援事業の拡大

兵庫子ども支援団体では、明石市で現在学習支援事業を行なっていますが、今後その場所や時間などを拡大していきたいと思っています。現在、市町が中心となり行政による学習支援(生活困窮者自立支援制度に基づく事業)が行われていますが、全ての地域で行われているものではなく、地域の格差を感じてしまうところがあります。そういった支援が少ない地域でも学習面での支援を実施できたらと考えています。

② 居場所・安心して過ごせる場づくり

私たちの団体の強みの一つとしては、活動拠点を有しているところであると思います。一方で、その稼働率が現在は低いとも感じています。今は土日中心の活動展開となっていますが、平日にも活動できる日を増やすことで、子どもたちの居場所や安心して過ごせる場を一つでも多く作っていきたいと考えています。

③ 体験活動の実施

生活環境によって、体験・経験活動に触れる機会が大幅に変わります。学校教育でも昨今は新型コロナの影響で縮小されていたり、授業時間の都合で時間が減らされたりしています。一方で、そういった体験・経験の機会というのは、大人になったときの自己肯定感や自己有用感などにも影響していることがわかっています。そのため、私たちのようなNPO法人が中心となり、一人でも多くの子どもたちに科学や文化、環境など様々な分野の体験・経験活動を届けていきたいと考えています。

④ 子育て世帯・子どもへの食糧や日用品、文房具等の支援の充実

新型コロナの影響によって、子育て世帯にも大きな影響が出ています。実際に様々な支援を届けていく中で、継続した支援の重要性やコロナ化以前から苦しい生活をしていることなどを実感しました。これからも子どもたちや子育て世帯に様々な支援を届けることで、子どもたちの精神面での安定に少しでも寄与していきたいと考えています。


ここで、ご紹介したのは私たちの活動の一部です。皆さまからの思いが集まれば集まるほど、兵庫県下やその枠を超えて多くの子どもたちへサポートすることができるようになります。

子どもが笑って過ごせる地域、夢を諦めることのない社会を目指して、皆さまからの思いを形にしてまいりますので、ご支援ご協力よろしくお願いします!

寄附金控除について

兵庫子ども支援団体は、2023年2月22日付けで兵庫県より「認定NPO法人」として認定を受けました。当団体へのご寄付は、税制優遇の対象となり、所得税(国税)の計算において「寄付金控除」を受けることができます。控除をお受けいただくためには、確定申告の際に、当団体が発行した「寄附金受領証明書」の提出が必要となります。

また、法人・企業として寄付される場合は、一般寄付金の損金算入限度額とは別枠で、特別損金算入限度額の範囲内で損金算入が認められています。詳しくは、寄付金控除のご案内をご覧ください。

〒6730038

兵庫県明石市別所町8番11号

05055865448

https://hpcso.com

代表:多田 実乘

団体を見つける
  • 社会課題から探す
  • すべての団体から探す
  • キャンペーンを探す
Syncableについて
関連サービス

© 2021 STYZ Inc.All rights reserved