認定NPO法人

国際ビフレンダーズ大阪自殺防止センター

寄付する

寄付金控除対象

医療を支えたい

人権を守りたい

子どもに教育を届けたい

56人のフォロワー

寄付金控除対象

最大で40%の寄付控除が受けられます。また、追加で最大10%の住民税控除が受けられる場合があります。詳しくはこちら

ビジョン

「ビフレンディング=be+friending」を胸にという言葉を胸に、友となり、死にたいという気持ちもありのまま受けとめ、心によりそう活動をしています。

もっと見る

私たちの取り組む課題

私たちについて

国際ビフレンダーズ大阪自殺防止センターは、「傾聴」と「ビフレンディング」によって、自殺を考えているほどの孤独、苦痛、抑うつなど、感情面の支援を行うことを目的として、1978年1月20日に設立されました。


私たちは、悩みを持つ人の感情面に焦点を当てることを大切にしています。

専門家でも、アドバイザーでもない。ひとりの友だちとしてそばに居て、ありのままの気持ちを受けとめることで、「話せてよかった」と、その方の気持ちが和らぎ、生きていくひとつの支えになることが、私たちの願いです。


私たちの活動

・自殺を考えるほど苦しんでいる人のための電話相談

・チャットによる相談窓口「ビフレンダーズチャット」

・自死で大切な方をなくされた人のわかちあいの会「自死遺族のつどい」の開催

・自殺についての正しい知識を啓発するための講演活動

・心によりそうにはどうすればいいのかをテーマとした研修会の開催

なぜこの課題に取り組むか

なぜ"死にたい気持ち"によりそうのか

年間2万人を超える自殺者数。

15歳から39歳の死因の第一位は自殺。深刻な若者の自殺。

コロナ禍の影響もあり、多くの方が追い詰められ、苦しんでいます。

自殺を考えるほど苦しんでいても、その悩みを周囲の人にはなかなか打ち明けることができません。

大切に想うからこそ話せないこともあります。

「死にたい」と、抱えきれない思いを誰にも言えず、ひとりきりで苦しさに耐える、孤独の中にいる人たち。

そんな人たちの、"死にたい気持ち"も含め、誰にも話せなかった想いを受けとめることで、心によりそいながら、共に生きていきたいと考えています。


目の前にある課題

月に1万人の方からかけていただくお電話に対して、受けられるお電話は毎月約500件。


これだけ、勇気を出して”だれか”と繋がろうとする人たちがいる中で、ほとんどの方の思いを聴くことができていないのが現状です。


1人でも多くの方とお電話で繋がるために、こころに寄り添う活動に取り組む相談員の存在が、私たちの活動には不可欠です。

これからも、一緒に活動をしてくれる仲間を増やして、思いを受けとめる場所を広げていきたいと考えています。

寄付金の使い道

お電話を受けるために、1件あたり500円の費用が必要となります。

5,000円で10人、10,000円で20人の方のお話を聴くことができます。

現在、私たちがお電話でお話を聴くことができるのは、月に約500人。

いま受けているお電話を継続するためには、少なくとも、毎月約25万円必要です。


また、相談員は全てボランティアですが、電話相談員の養成に掛かる費用は、一人あたり約3万円。現状、この費用はボランティアが全額負担し、活動に参加しています。

より多くのボランティア相談員に参加してもらうために、今後、こういった負担も少なくしていきたいと思います。


一度きりでも、いただいた寄付金は貴重な運営費となります。

また、継続してのご支援も、当センターの安定した運営継続に欠かせません。

ご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

〒5420081

大阪府大阪市中央区南船場1-11-9長堀安田ビル9階

0662602155

https://www.spc-osaka.org/

代表:北條達人

団体を見つける
  • 社会課題から探す
  • すべての団体から探す
  • キャンペーンを探す
Syncableについて
関連サービス

© 2021 STYZ Inc.All rights reserved