任意団体

asobi基地

寄付する

出産・子育てを支えたい

子どもに教育を届けたい

人権を守りたい

22人のフォロワー

ビジョン

「大人も子どもも、みんな一人の人間として平等である。」 「1人の人として、幸せに生きることのできる社会」 「1人ひとりが認め合い輝ける社会」 いつでもみんながほしい未来の社会をめざします!

もっと見る

私たちの取り組む課題

大人も子どももみんな一人の人間として平等である。


大人も子どもも一人ひとりがそれぞれの色を持っています。


大人だから、子どもだから、

ハンデがあるから、ハンデがないから、

お年寄りだから、赤ちゃんだから、

男性だから、女性だから、

外国人だからとかそんなことは関係ありません。

「1人の人として、幸せに生きることのできる社会」

「1人ひとりが認め合い輝ける社会」

そんな社会を目指して、asobi基地という場をつくりました。


asobi基地はいつでもみんながほしい未来の社会の縮図でありたい。

そんな想いを持ちながら、

このコミュニティの一員になってくれる方との出逢いを楽しみながら、

メンバーと力を合わせて運営しています。


このコミュニティの輪が、いつか社会全体、地球全体に広がり、

世界が平和になりますように。

なぜこの課題に取り組むか

大事にしていること

①「完璧な大人も 子どもも いない!」

asobi基地はカナダ・トロントの子育て支援の形をモデルにつくりました。その中の「Nobody’s Perfect」というプログラムの考え方をベースにしています。「完全な親など最初から存在しない」ということを認めることで、子どもについて理解し、学ぶことを促し、「子育て」をもっと楽しめるような社会をつくっていく考え方です。

詳しくはこちら:

Loading...

②「どこでもできる!」

遊び=学び asobi基地だけに限らず、子どもたちは学び続けます。“asobi基地だからできる“のではなく、aosbi基地と ”家庭の日常” がつながることを意識して、どこでもできるように素材を選び、誰でもできるようなシンプルな設計にしています。

③「関わる人は、みんな家族!」

得意不得意はみんなそれぞれ!大人も子どもも一人の人間として生き、さらに家族という枠さえもこえて、できないものは補いあい、支え合い、みんなで一緒に子どもを育てていく姿勢を大切にしています。

④「みんなで “あったらいいな“ を実際につくっていく!」

asobi基地は、みんなで理想の子育て環境をつっていくプラットフォーム。 アイディアがある人は、中心となってイベント企画や部の運営をしていくことができます。枠を持たず、時代にあわせて変化し続けていきます。



asobi基地のグランドルール



寄付金の使い道

asobi基地を全国にひろげたい

まずは、私たちが活動を継続できること、そして新たに活動を始める人が増えること。

賛同する方が増え、寄付金で応援してくださる方の力を借りて、

よりひろく、たくさんの子どもたちの周りにasobi基地を届けていくことができます。


asobi基地でできること

①家族みんなで世界を広げられる!

いろんな人と関わったり、一家族でできないことをみんなでやることによって、大人も子どもも、家族一緒に、自分たちだけでは広がることがない世界を知ることができます。


②どんな立場でも自分の“好き”を活かして関われる!

誰でも自分の好きなことを通して、貢献することができる。“自分らしさ”で補い合い、みんなが得意分野を活かしあいながら、コミュニティをつくっていきます。


③みんなで子育てを楽しめる!

子ども、親、未来のパパママ、そして社会で子どもたちと関わる仕事をしている人たち、みんなで支え合いながら、成長していきます。


https://asobikichi.jp/

代表:小笠原舞

団体を見つける
  • 社会課題から探す
  • すべての団体から探す
  • キャンペーンを探す
Syncableについて
関連サービス

© 2021 STYZ Inc.All rights reserved