一般社団法人

一般社団法人あじいる

寄付する

市民活動を支えたい

その他

医療を支えたい

5人のフォロワー

ビジョン

隅田川医療相談会とフードバンクが一つになりました。「食」「医療」「住まい」を軸に貧困と格差の問題に取り組んでいます。

もっと見る

私たちの取り組む課題

1.米づくり

様々な背景を持つ人たちと一緒に、自分たちの米を自分たちで作っています。

2.フードバンク

 貧困や差別問題に取り組む団体集めた食材を提供し、生活困窮者を支えます。

3.隅田川医療相談会

 野宿者・生活困窮者へ向け、医療・生活・法律・住宅相談を無料で開催。炊き出しを始め後フォローまでを行っています。

4.共同作業日

 支援者・当事者という関係性を超えた仲間が、様々な作業を一緒に行う日です。

5.資源回収

 資源を回収・換金し、売上を地域社会に還元します。

6.あしあとプロジェクト

 出会った仲間の人生を聞き取り、記録し、伝える冊子をつくります。


なぜこの課題に取り組むか

90年代のバブル崩壊の中、山谷は仕事が激減し、多くの仲間が路上にたたき出されます。

路上に出た人々は、近隣の公園や河川敷にテントを作り住み始め、隅田川河川敷は約2000軒のブルーテントが立ち並びました。


そんな中2000年に、食を支える「フードバンク」、2001年に医療を支える「隅田川医療相談会」、

そして2002年に仕事おこしの「あうん」と小さな団体が次々と立ち上がりました。


20年近く経た今、生活保護を利用してドヤやアパートで暮らす人々が増えましたが、

孤立化や高齢化、又非正規労働者の拡大の中で格差は広がり、貧困は社会の奥深くそして広く浸透しています。


2019年、フードバンクと隅田川医療相談会を統合して、非営利団体の「一般社団法人あじいる」として出発しました。

当事者を真ん中に、支援、被支援の関係ではない組織作り、他団体とのネットワークを強化して、

貧困問題を社会的に発信していきます。仲間と共に、新しい挑戦を始めます。

寄付金の使い道

6つの取組にかかる経費のすべてを寄付で行っています。

・米や食材の配送にかかる経費、ニュースレターの発送代

・夜回りでの配布物資、炊き出し食材、医療相談の処方薬、散髪機材等

・新しく生活を始める方への後フォローにかかる交通費や緊急支援経費 ほか

一般社団法人

一般社団法人あじいる

〒116-0014

東京都荒川区東日暮里1丁目36−10企業組合 あうん気付

https://agile.or.jp/

代表:今川篤子

団体を見つける
  • 社会課題から探す
  • すべての団体から探す
  • キャンペーンを探す
  • ポートフォリオを探す
Syncableについて
  • 掲載希望団体の方へ
  • 運営会社
  • プライバシーポリシー
  • 利用規約 (一般の方 / 掲載団体)
  • 特定商取引法に基づく表記
関連サービス

© 2021 STYZ Inc.All rights reserved