This campaign is for continuing donation.

This campaign is for recurring (monthly) donations. Please note that after the initial donation payment, the payment will automatically be made on the first day of each month at the same amount as the initial donation.

まちを丸ごと若者の居場所にする。コミュニティ・カフェEMANON応援団100人募集!

For

General Association 未来の準備室

一般社団法人 未来の準備室

Total Donors

114

/ 100

114%
100%
  • Total Amount

    ¥172,267

  • Total Donors

    114

  • Remains

    Finished

  • Starting on

    Feb. 19, 2022

  • Finished on

    Mar. 27, 2022

This campaign has finished.

「大学0年生の穴場」(全4回)が開催されました!

2022/2/28 20:55

例年、進路を決めた高校3年生が新生活への期待と不安を抱えて、エマノンに相談に来てくれます。

・大学と高校とで勉強はどう変わるの?単位ってなに?
・パソコンどれ買えばいいの?
・やっぱ一人暮らしは大変?家どのへんに借りたらいいの?
などなど。

大学のないまち白河の高校生は、大学生の生活の様子を想像するのが難しいのだと思います。

 推薦や総合型選抜で早めに受験が終わった今年の高校3年生が、入学までの空いた時間(はじめて勉強や部活に追われない余暇の時間?!)をどう使うか相談していて、「わからないなら、同じような悩みを抱えていた白河出身大学生に聞いてみよう!」とオンライントークイベントを開催しました。

その名も「大学0年生の穴場」。(穴場には、EMANONが0年生にとって、隠れた良いところというニュアンスが込められているそうです。)

 2月の毎週火曜日、全4回の企画。
トークテーマは、
「高校と大学で勉強はどう変わるの?」
「大学生ってどんな生活してるの?一人暮らしと実家暮らしと寮生活」
「大学生のバイト・サークル事情は?」
「大学4年生に聞く!大学生活総まとめ」

 1年生を中心に、9人の大学生が快く出演してくれました。
離れていても、白河と関われる、白河の高校生を支えることのできることを証明してくれました。

 興味深かったのは、イベントを開催することで、高校卒業する「大学0年生」たちが所属する学校を超えてつながりを持ったことです。

高校単位ではなく白河という地縁で、地域を飛び立つ前につながった彼ら彼女たちは、大学に入ってからも白河と関わり続けてくれるんじゃないかと、勝手を承知ながら期待を感じました。
きっと一年後に、次の「大学0年生」を助けてくれることでしょう。

 そうやって、白河という地域を介して、利他・恩送りの循環が回っていくのです。


← Back to all activity reports

〒9610905

福島県白河市本町9コミュニティ・カフェ EMANON

0248-21-5779

https://junbishitsu.jp/

Representative:青砥和希

Explore
  • For social challenges
  • For associates
  • For campaigns
About Syncable
  • For associate staffs
  • Fundraising Partner Program
  • Learn about Peer-To-Peer Fundraising
  • Brand assets
  • About us
  • Privacy Policy
  • Terms of Service (For supporters)
Services

© 2021 STYZ Inc.All rights reserved
Privacy PolicyTerms of Service (For supporters)