NPO

オカヤマビューティサミット

Donate

Woman Rights

Child

Employment

4 followers

Vision

子どもの貧困問題解決のため「女性が笑顔に」「子どもが笑顔に」「社会が笑顔に」をキーワードに、笑顔のサイクルを増やし一人でも多くの子供たちが未来を築いていける社会の実現を目的とし活動している。

more

Issues we are working on


子どもの貧困問題解決には子供だけでなく親の支援や親の心と体のよりどころも必要と考え


①24時間複合相談受付

②一時保護・シェルター事業

③就労支援(全般)/美容技術取得就労支援

④生活用品・食料品支援・もったいないマーケット

⑤一時預かり事業



など、親子で来れる居場所を24時間相談にて運営しています。

Why we are tackling this issue

平成30年国民生活基礎調査によると子どもの7人に1人(13.9%)が、ひとり親家庭では48.1%が相対的貧困状態にあるという結果がでている。また、平成28年度全国ひとり親世帯等調査では、母子世帯の母親の81.8%が就業しているものの、「正規の職員・従業員」の44.2%に対し、「パート・アルバイト」「派遣社員」などの非正規雇用は43.8%とほぼ半数を占めている。


正規雇用という枠組みが子育て世帯にとって負荷が大きいため、特に小さな子どもがいる家庭はあえて非正規雇用を選択することもあるが、収入が安定しないことへの生活への不安感や、経済的な負担感は大きい。前提として、既存の正規雇用の枠組みや社会的な印象についても課題があることが伺える。当団体では「ひとり親家庭・困窮家庭支援の為、技術取得及び就労支援」をしております。


また新型コロナウイルスの影響により「収入が減少したまま戻っていない」との回答は、ひとり親で計20.2%となっている。(「新型コロナウイルス感染症のひとり親家庭への影響に関する緊急調査」独立行政法人 労働政策研究・研修機構令和2年12月)


よくある相談事


①収入が減った。職を失った。

②コロナ禍による夫婦間のこじれ。離婚問題

③子育ての不安。特性のある子の育て方

④住まいがなくなりそう


など、多岐にわたる相談を24時間相談受付・スタッフ常駐にて運営しています。

相談は公式LINE「シンママシンパパクラブ」

Loading...



How donations are used

「10年後。20年後にあの時があったから」と笑顔ですごせるように


今はツラいかもしれないけど、人生を組み立て直し未来へと前進していくために後押しをできればと思います。



私達の活動には皆様の寄付が必要です。厚かましいお願いですが聞いてください。

DVで泣いている女性や子供。
仕事がなくて不安で仕方がない方。
子どもの事で仕事もまともにつけないひとり親
夫との関係性でお悩みの方
コロナ過で経済的にも困難な状況の方

等々、あらゆる社会課題が24時間の相談窓口には寄せられています。


私達にできることは複合的な相談を受け、一つずつ紐を解くように問題を解決していくことです。同行支援や物資提供もしております。

その前に、


一番大事なことは「寄り添う事」

勇気を振り絞って相談して下さった方へ「ここではその相談は受けれないからドコドコへ連絡して」はしません


一緒に乗り越えた先の未来を夢見て活動しております。



~寄付を考えてくださる方へ~結へ来られるお母さんと子供たちの声もご覧ください。

Loading...


◆1000円の寄付で100均の靴下なら10個買えます。


✓穴のあいた靴下を縫いながら履いている子供たちに
✓DV被害で着の身着のまま逃げてきた女性に



このように支援活動に回させていただいております。

私達の活動のモットーは


「女性が笑顔に。子どもが笑顔に。社会が笑顔に」


その他の支援策


①生活用品・食料品支援に

・毎月開催のもったないマーケット時に子どもへのお菓子や飲み代金・イベントへ使えます。


②24時間お悩み相談、一時保護・シェルター運営費に使われます。

・生活用品やシェルターでの食費。

・相談対応員が24時間相談や施設受け入れに対応できます。


③親の就労支援講座での消耗品費にすることで親の負担額が減り家計に回せます。



~2021年度を終えて~

「10年後、20年後に、あの時あんなに大変だったのに」といつか笑顔になって頂くためにと活動してまいりました。

なかには、ひとり親・困窮家庭の方は支援金を沢山もらっているのに!と指摘する言葉も頂くこともあります。

それでも、私たちは今後、女性が子供が社会が笑顔になれる仕組みづくりをすることが、役目だと感じています。

確かにお金は生活するうえで必要不可欠なものです。

しかし、人との関わり・つながりはお金には代えがたき心の必要品です。

一人ひとり人生の歩み方も異なります。環境も異なります。

でも、人の命・人の尊厳は皆同じです。

私達は言います「頑張ったらいい。でも頼ることも忘れないで」

悩みは表面的な物だけでなく、その根源(見えない悩み)も解決して

いつかいつの日か笑顔で未来へつながるよう職員も研鑽を積んでおります。

2022年度も暖かいお気持ちで支えてやってください。どうぞよろしくお願いいたします。



NPO

オカヤマビューティサミット

〒700-0822

岡山県岡山市北区表町1-3-462階

0862210244

https://okayamabs.org

Representative:柚木幸子

Explore
  • For social challenges
  • For associates
  • For campaigns
  • For portfolios
About Syncable
  • For associate staffs
  • About us
  • Privacy Policy
  • Terms of Service (For supporters)
Inquiry

© 2021 STYZ Inc.All rights reserved
Privacy PolicyTerms of Service (For supporters)