NPO

NPO法人LINK UP JAJA

Donate

International

19 followers

Vision

ジャマイカに障害者の居場所を作りたい!社会に受け皿がなく地域との繋がりを持たない障害児・者の社会参画を促し、仕事に就くことが出来ず貧困状態に置かれる障害当事者の自立支援を行います。

more

Issues we are working on

 発展途上国を脱し「中所得国」に位置付けられているジャマイカですが、貧富の差が激しく、低い収入と高い物価のアンバランスに苦しむ人が多くいます。生活保護などの社会保障も十分になく、障害を持つ人たちの受け皿が社会にほとんどありません。NPO法人リンコップジャジャは、障害がある人も社会で役割を持ち、少しでも収入を得て自分らしく生きることを目標にジャマイカの障害当事者を支援しています。

 知的障害を持つ生徒が通う特別支援学校では、卒業後の受け皿がないため大多数の卒業生は家で過ごすしかありません。彼らに家から出る機会を持って社会との繋がりを取り戻してもらうため、支援学校内で卒業生を対象に「さをり織り」に取り組んでいます。また、彼らが織った織物を販売し、収益を織り手に還元することで知的障害者の自立支援を行っています。さらには、地域でも「さをり織り」に取り組み、道で物乞いをして命を繋ぐ身体障害者が織物で収入を得られるよう支援しています。

 障害を持たない人でも十分な収入を得ることが難しい状況で、障害者が自立した生活を送ることは容易ではありませんが、地域社会が支援の必要性を感じることがインクルーシブ社会に近づく一歩だと考えます。「さをり織り」などの活動を通してジャマイカの地域社会に障害当事者の存在をアピールし、彼らが持つ可能性や魅力について知ってもらうことで、障害を持つ人やさまざまな生きづらさを持つ人たちを排除しない社会の構築に寄与することを目指して活動を続けています。

Why we are tackling this issue

生活に余裕がなく、時には「今日食べるものを確保するのも大変」という人が多いジャマイカで、障害がある人たちに多くのチャンスは与えられていません。ジャマイカは国連の障害者権利条約に最初に批准した国ですが、残念ながら条約に掲げられているような権利保障は、障害者はもちろん障害がない人たちにも十分に保障されていません。国土が秋田県ほど、人口約300万人のジャマイカで、今すぐ先進国なみの社会保障を実現することは難しいかもしれませんが、地域の人を巻き込みながら障害児・者を支援することで共生社会に一歩近づくことは可能です。障害児・者にとってほんの少し生きやすい社会は、障害がない人たち=子供、お年寄り、女性、何らかのマイノリティーである人たち=にとっても生きやすいはず。ユーモア溢れ心温かいジャマイカの人たちとのLINK UP(つながり)を大切に、草の根レベルで取り組みます。


How donations are used

「さをり織り」クラスに通う障害当事者の交通費、昼食代

「さをり織り」で利用する織り機や材料にかかる費用 

「さをり織り」クラスの支援者に支払う賃金 

障害者の社会参画を促すイベントへの出展費用

行政支援を申請するため行政機関に出向く際の交通費



〒5380053

大阪府大阪市鶴見区鶴見2-22大阪市営鶴見第二住宅5-603

0643044894

https://linkup-jaja.org/

Representative:永村夏美

Explore
  • For social challenges
  • For associates
  • For campaigns
About Syncable
  • For associate staffs
  • Fundraising Partner Program
  • Learn about Peer-To-Peer Fundraising
  • Brand assets
  • About us
  • Privacy Policy
  • Terms of Service (For supporters)
Services

© 2021 STYZ Inc.All rights reserved
Privacy PolicyTerms of Service (For supporters)