このキャンペーンは継続寄付になります。
このキャンペーンでは継続(毎月)での寄付を集めています。初回の寄付決済以降、毎月1日に自動的に初回に寄付いただいた金額と同額で決済が行われますので予めご了承ください。

40年目も、この先も、みんなの手で支援を届けるために。マンスリーサポーター100人募集!

寄付先:
認定NPO法人 日本国際ボランティアセンター(JVC)
キャンペーンへのご協力、誠にありがとうございました! キャンペーンは終了いたしましたが、団体ページにてご寄付は引き続き受付しております。  JVCを通して人々の暮らし・命を守る国際協力の輪を広げていただけましたら幸いです。 https://syncable.biz/associate/JVC/ ========================= 世界各国がCOVID-19の混乱に見舞われる中でも、一番大きな打撃を受けてしまうのは、弱い立場に置かれた人々です。たまたま弱い立場にある、ただそれだけで暮らしや命をを奪われてしまう人々に対して、「与える」のではなく「一緒に考え」、共に解決していく支援を、この先も続けていきたい……。 そんな願いから、JVCは活動を日本から支えてくださるサポーターの皆さんを、大募集しています。 海外の悲しいニュースを見て、「自分にも、何かできないだろうか」と考える……皆さんに、そんな経験はありませんか。わたしたち「日本国際ボランティアセンター(JVC)」はそんな思いから40年前に生まれました。 ■一人ひとりの思いがJVCの原動力 1970年代に、カンボジアやラオス・ベトナムでの紛争や虐殺などから命からがら逃がれてきた「インドシナ難民」たち。JVCは、その苦境をニュースで知り、いてもたってもいられない気持ちでタイの難民キャンプに駆けつけた日本の学生や会社員、主婦などのメンバーが、力を合わせて立ち上げた「市民の国際協力団体」です。 国際協力やボランティア、NGOという概念がまだ日本には浸透していない時代に、「困っている人がいたら同じ人間として何かせずにはいられない」と国境を超え、はじめてだらけの体験のなか、一人でも多くの難民を守るために必死で活動を開始してから40年。 ■みんなの力で世界を変えられる! JVCは今も、世界11の国・地域で、人々の暮らしを守り続けています。 大切にしてきたのは、現地の人々自身の力を信じ、声を聴きながら寄り添って支援をすること。そして、人々を傷つける社会問題の根本を探し、解決のために声を挙げることです。 一人の力は小さくても、集まれば大きな変化を起こせる。その思いを胸に、JVCは活動しつづけてきました。 みなさんの力が、世界の人々の暮らしや命を守る力になります。JVCの国際協力活動にぜひ、ご参加ください!
認定NPO法人 日本国際ボランティアセンター(JVC)
57,000円
/目標:150,000円
38%
¥57,000
現在の支援金額
43人
支援者数
終了
残り
継続寄付する
クレジットカード / Amazon Pay
※このキャンペーンは終了しました。
line
twitter
facebook
share

昨日の活動報告では、40年前、インドシナ難民の力になれたら、とタイの難民キャンプにかけつけた日本人の人びとのがむしゃらな気持ちからJVCがうまれたことをお伝えしました。

そのJVCの設立に深く関わり、JVCの初代事務局長を務められた星野昌子さんから、40周年、また「マンスリー募金100人募集キャンペーン」に寄せてビデオメッセージをいただきました。どうぞご覧ください。

>JVC設立40周年 初代事務局長星野昌子さんからのメッセージ


■進んだ国、貧しい国ではない
星野さんは1932年に東京で生まれ、第二次世界大戦を経験しました。そのと、経済成長を遂げる日本で、一度家庭に入ったらひたすらに夫を支えることが求められることにもがき、1965年に青年海外協力隊の初代隊員としてラオスに赴任します。

ラオスでの日々のなかで、ラオスの人々は物はなくとても貧しくても、おだやかで平和で、精神的に豊かな生活をしていると感じ、「進んだ国からきて、貧しい国を指導する」という考え方は違う、と感じるようになりました。

その後、青年海外協力隊の後もラオス、タイで暮らしますが、森林伐採等、経済的利益を優先した結果生活に行き詰まってしまう農民たちを目にし、日本の豊かさは厳しい暮らしを強いられる東南アジアの人々によって支えられていることを知りました。

■国際協力NGOとの出会い
その後、ラオス・カンボジア・ベトナムから紛争・虐殺で大勢の人々がタイに逃れてきて、「金は出しても人は出さない」とモラルを問われた日本政府が1979年に派遣した「ジャパン・メディカル・チーム(JMT)」という医療チームに通訳として参加したことが、JVC設立につながっていくことになります。

タイの難民キャンプでは、餓死寸前の赤ん坊を抱くうつろな目をした母親、マラリアにかかった瀕死の病人、地雷に足を吹き飛ばされて手当もなしに逃げてきた人々など、現場は悲惨で混沌としていました。星野さんは「第二次世界大戦末期、人の死が日常であったころの空気と同じだ」と感じたそうです。

そこで星野さんはボランティアが支援活動をする海外の国々の国際協力NGOと出会い、「日本ではなぜNGOがないのか」と考えるようになります。

「同じ人間」として支援する日本人たち
そんな中、JMTとは別に、自分で航空券を買って異国の人たちの救援に駆け付ける日本人たちがどんどんやってきました。そして、彼らはみな「かわいそうなアジア人でなく同じ人間」として、「善意のおしつけではなく相手を尊重して」難民たちに向き合っている、と星野さんは感じます。

そして、タイ政府が、活動していいのはNGOに所属しているボランティアのみ、という通達を出したことで、星野さんは「日本のNGOをつくろう」と決意し、JVCがうまれることになりました。

日本人による国際協力ボランティア団体の誕生は新聞などでも大きく報じられ、山のような衣類や1憶数千万円のご寄付が集まるなど、それまで海外で支援活動をしてこなかった日本のなかで大きなうねりをつくっていくことになりました。

そしてJVCが1980年2月27日に立ち上げられ、星野さんは初代事務局長となりました。1989年に事務局長退任後、神奈川県立かながわ女性センター館長、日本NPOセンター代表理事、G8サミットNGOフォーラム代表等を歴任。
これらを通して日本社会に国際ボランティアの潮流を生み出したことが評価され、2012年に旭日小綬章を受章されるなど、日本の国際協力分野を切り開いてきたパイオニアとして数々の功績を残してきました。(なんと、Wikipediaに項目もあります!)

■一人のスターではなく、全員がスター
そのようにJVCの中心的人物として語られることの多い星野さんですが、彼女自身はJVCのことをこう表現しています。

「偉大な指導者のもとに集まってその考えに従って行動するのではなく、参加する一人ひとりが星となる、星雲とも、群れなす星雲とも呼べるもの」

今でも、個人個人が自発的に「じぶんごと」として支援に携わるJVCの姿勢は変わっていません。また、その星は活動に直接携わるスタッフだけを指すのではないと私たちは考えています。

くりかえしお伝えしていますが、私たちJVCの活動はご支援してくださった皆様あってのものです。そうやってJVCに参加してくださる皆様全員がスターであると思います。実際に海外に行って支援活動をする、NGOスタッフになる、ボランティアをする、というのはなかなか難しいかもしれませんが、今回のマンスリーキャンペーンを通して、「JVCのスター」になってほしいと思います。ご協力、どうぞよろしくお願いいたします!

======================
【投稿で盛り上げる!3/8(日)「シェア祭り」やります!】
マンスリーサポーター100人募集キャンペーンの開始10日めの3/8(日)に「シェア祭り」を開催します!
スタート後のこの時期に、多くの方々にこのチャレンジを知っていただけるよう、JVCが投稿した記事にご自身の応援コメントを添えてシェアして応援してください!
https://syncable.biz/campaign/897/reports/488#men



twitter
facebook

応援メッセージ

堀潤
堀潤
応援しています!
認定NPO法人 日本国際ボランティアセンター
作成者
認定NPO法人 日本国際ボランティアセンター
キャンペーンを通してご支援をはじめてくださり、本当にありがとうございます!! 皆さまとともに、より良い世界に向けて活動していきたいと思います。これからも、どうぞよろしくお願いいたします!
非公開
非公開
応援しています!
¥1,000
1年分のご支援で、内戦により壊されたスーダンの学校に机・椅子6台を設置し、子どもたち約30名がしっかりと授業を受けられるようになります。
¥3,000
1年分のご支援で、親をエイズで亡くしてしまったた南アフリカの子どもたち12人が、感染予防や子どもの権利など必要な知識について研修を受けることができます。
¥5,000
1年分のご支援で、ラオスの農村で、衛生的な水を確保するための浅井戸を1基、掘削することができます。
認定NPO法人 日本国際ボランティアセンター(JVC)
団体名

認定NPO法人 日本国際ボランティアセンター(JVC)

自然・環境保全 / 子どもの教育 / 国際協力
1980年に発足した国際協力NGOです。現在は世界11の国・地域で活動しています。 カンボジアやラオス、南アフリカ等の農村で生活の改善などの地域開発に取り組むほか、紛争の影響を受けるパレスチナやアフガニスタン、イラク等では紛争の影響を受ける人々への人道支援/平和構築を行っています。また、これら現場の声をもとに、政府・国際機関や社会への提言活動にも力を入れています。 今起きている問題に対して、直接現地の人々を支援するだけでなくその問題が起こる「根本原因」にアプローチすることをポリシーに活動しています。