このキャンペーンは継続寄付になります。

このキャンペーンでは継続(毎月)での寄付を集めています。初回の寄付決済以降、毎月1日に自動的に初回に寄付いただいた金額と同額で決済が行われますので予めご了承ください。

日本から世界へ!ホワイトハンドコーラスNIPPONの応援隊を50名募集します!

寄付先

一般社団法人 El Sistema Connect

一般社団法人El Sistema Connect

支援者数

74人

/ 50人

148%
100%
  • 支援総額

    91,446円

  • 支援者数

    74人

  • 残り

    終了

  • 開始日

    2023年4月21日

  • 終了日

    2023年5月31日

キャンペーンは終了しましたサポートファンディングで寄付集めを手伝う

ホワイトハンドコーラスNIPPONの応援隊として、【音楽で社会アクション!】に参加しませんか?

一般社団法人El Sistema Connectは「障害の有無や垣根を超えた芸術活動を行う合唱隊」ホワイトハンドコーラスを運営している団体です。現在、東京・京都・沖縄の3拠点で活動をしています。これまでの活動を通して、3つの地域を超えた繋がりは、子どもたちの経験をより豊かにすると実感してきました。今回、新たにマンスリーサポーターとして応援してくださる方々を50名募集します。

応援、どうぞよろしくお願いいたします!

【募集概要】

◆主催:一般社団法人 El Sistema Connect

◆期間:2023年4月22日(土)〜5月31日(水)

◆初回目標:50人

◆用途:合唱団の運営費(手話通訳費、楽譜購入費、点字楽譜作成費、オンライン設備費など)

◆特典:活動報告、練習風景の見学(オンライン)、手歌のミニレッスン動画の送付

ストーリー

障害の有無や、垣根を超えた芸術活動を行う合唱隊

一般社団法人El Sistema Connectでは、『ホワイトハンドコーラスNIPPON』というユニークな合唱隊の活動を運営しています。「私だからできること」「僕だから感じること」を大切に、手歌で歌うサイン隊と合唱の声隊で構成されています。

【ホワイトハンドコーラスって何?】

ベネズエラのEl Sistema本部と連携しながら、東京・京都・沖縄の3拠点で活動をしています。

東京でのワークショップ事業は、東京都/公益財団法人 東京都歴史文化財団 東京芸術劇場との共催です。

主な活動実績として、2021年新国立劇場オペラ『Super Angels』、バッハ・コレギウム・ジャパン『クリスマス・スペシャル・コンサート』、NHK「みんなのうた」の『ツバメ〜手歌バージョン〜』への出演が挙げられます。

また写真家・田頭真理子氏とのコラボレーション作品『第九のきせき』も、国内外から大きな反響を呼んでいます。

【第九のきせき】動画5分

観客数3000人!東京・京都・沖縄でワークショップや公演を開催

【東京】

  • (平均参加人数)38名のワークショップを、計48回開催。

  • 参加者の内訳: 視覚障害、聴覚障害、発達障害、身体障害、障害のない子ども24名。

  • 見学者125名、指導スタッフ10人、助演スタッフ6名。


【京都】

  • (平均参加人数)5名のワークショップを計40回開催。

  • 子ども11名。

  • 指導スタッフ2人、助演スタッフ4名。


【沖縄】

  • (平均参加人数)15名のワークショップを計10回開催(2022年8月より開始)

  • 指導スタッフ5人。

【主なコンサート開催・出演実績】

  • 2022年11月 美らしま沖縄文化祭出演

  • 2022年9月 京都公演(自主公演)

  • 2022年3月 NHK「みんなのうた」『ツバメ〜手歌バージョン』出演

  • 2021年12月 BCJ「クリスマス・スペシャル・コンサート」出演

  • 2021年8月 新国立劇場新作オペラ『Super Angels』出演。

■2022年のメディア出演

・教育芸術社『ブーケ』第16号 2022年10月末発行 

・TV NHK総合「あおきいろ」#8(2022年3月30日より複数回放送)

・TV NHK総合「みんなのうた」ツバメ手歌バージョン(2022年4月3日より複数回放送)

・オンライン:FNNプライム「聞こえない子どもたちが「音楽を表現する」

    “きせき”のホワイトハンドコーラスとは」フジテレビ解説委員 鈴木款

・新聞:朝日新聞(2022年10月22日) SDG’s 岩佐賞ジャパンスカラシップ 芸術賞受賞

・新聞:朝日新聞(2022年9月22日)「手で奏る歌 広がる」

・新聞:京都新聞(2022年9月13日)「『手歌』と声 ハーモニー」

・新聞:沖縄タイムズ(2022年9月3日)「ベネズエラ発祥合唱団始動 参加募る」

・新聞:朝日新聞(2022年5月12日)「手話で見て聞く『歓喜のうた』」

・新聞:読売新聞(2022年3月13日)「全盲犬合唱団名誉団員に」※読売オンライントップ掲載

・新聞:朝日新聞(2022年4月4日)「第九のきせき」体験型写真展開催

・新聞:毎日新聞(2022年4月4日)「第九のきせき」体験型写真展開催

・新聞:京都新聞(2022年4月4日)「第九のきせき」体験型写真展開催

・全国社会福祉協議会出版部『保育の友』2022年1月~6月号巻頭メッセージ連載

■子どもたちの声


■保護者の声


3地域合同演奏会を開催し、海外公演へ繋げていきたい!

現在、東京・京都・沖縄での活動が更に広がりもうすぐメンバーも100人に到達しようとしています。

今後目指すのは、東京・京都・沖縄の3拠点での合同演奏会です。また合同演奏会に向けて、3拠点合同での「強化合宿」を開催したいと考えています。

昨年、第37回国民文化祭(美ら島おきなわ文化祭2022)へ招待され、出演のために、東京・京都メンバーが沖縄に飛び立ちました。

日本手話で話をしたくても、周りにネイティブ・サイナーがいない難聴の子は、東京メンバーと日本手話でお喋りしたことで、手話言語のアイデンティティを確認することができました。

地域を超えて子どもたちが触れ合うことで、大きな成長があり、可能性も広がりました。

今年は冬休みに、東京に京都・沖縄メンバーが集まる形で合同合宿を開催したいと考えています。

合同合宿での繋がりを通して、3拠点全員で表現力に磨きをかけ、海外公演に向けて邁進したいです。

世界一のインクルーシブ合唱団を目指して

ホワイトハンドコーラスNIPPONは、世界一のインクルーシブ合唱団を目指しています。地域の、小さなコミュニティの、そして一人一人の物語を一番の宝物としつつ、視野を広く持って旅立ってほしい、大きな世界を見ながら自分にも友達にも誇りを持てるようなメンバーになってほしいと願っています。

設立の時、芸術監督のコロンえりかは子どもたちに約束しました。「5年後にはカーネギーホールに連れて行くから、そのつもりで練習についてきてほしい」と。El Sistema Connectは、この4月で設立から4年を迎えます。

応援隊の皆様と一緒に、世界を変えていく一歩を共に歩んでいきたいと考えています。

代表メッセージ』

夢を見るには練習が必要です。私たちの団体には、多様な子どもたちと音楽家・写真家・俳優などアーティストが集っているからこそ、その「夢」の描き方を知っています。

この春、ホワイトハンドコーラスNIPPONで育ったメンバーの一人が就職しました。彼女が初めてホワイトハンドコーラスに来た時のことをよく覚えています。彼女はとても恥ずかしがり屋さんでした。しかし、音楽会でベネズエラ人の青年と共演したことをきっかけに、日本手話だけでなく、ベネズエラの手話やスペイン語まで勉強し自分からコミュニケーションをとるようになりました。彼女のノートにはスペイン語の単語がぎっしりと書かれ、長い手紙文まで書くようになりました。

そのメンバーが、「私はホワイトハンドコーラスがあったからこそ、成長できた。ここは私が自分らしさを表現できる場所で、ずっと続けたい」とメッセージを送ってくれました。

彼女は「自分らしくいられる」場所から、夢を描き歩き始めました。

しかし、最初から全ての子どもたちが「夢」を持っている訳ではありません。ホワイトハンドコーラスの活動を始めて、私はたくさんの親子に出会いました。そのほとんどが、初日「うちの子は◯◯ができません。練習についていけるかわかりません」とおっしゃるのです。

障害のある子どもたち、保護者は毎日様々な工夫をしながら、社会的生活を送れるように練習します。しかし、社会にはまだロールモデルが少ないのが現状です。就労継続支援施設では毎日働いても、手元に入るのは平均16,369円(令和元年、就労継続支援施設b型の場合)。それでも、誰かが見てくれる場所、障害を負い目に感じなくても大丈夫な場所として、「現実的な選択肢」が「夢」とすり替わっていくのです。

個人の持つ能力や資質ではなく、「障害者」という枠にはめることで「支援される」ことが当たり前な社会になっています。本当は誰かを笑顔にしたり、誰かに美味しいご飯を作ることが得意であっても。。。。

ホワイトハンドコーラスの子どもたちは、障害の有無に関わらず常に「助ける」「助けられる」の役割が交代していきます。リーダーがみんなに助けられることもあれば、手話のできる子が聞こえる子を助けることも頻繁に起こります。そして何より、ここで成長し、自信をつけた子どもたちが大人に教えてくれることは無限大です!

人生に教科書はありません。得意なこと、苦手なこと、障害のある人もない人も、みんな自分にしかない「人生」を描いて生きていかなければなりません。一歩を歩き出すには、その先に見える目標と「大丈夫!できる!」と思える心が必要です。自己肯定感がなければ、足を踏み出すことすら難しい。そんな時に、いろいろな目線から、仲間が支えてくれるのがホワイトハンドコーラスです。

子どもたちがそれぞれ自分らしい「夢」を歩いて行けたなら、きっと想像もできないような未来が広がるでしょう。私たちは舞台の上から未来をデザインします。

ありったけの「夢」を載せて、子どもたちが皆様に「インクルーシブな社会」の楽しさや美しさを存分に見せてくれるでしょう。

目の前にいる子どもたちが実現できることなら、答えはすぐそこに見つかるはず!子どもたちから起こす社会アクション、一緒に一歩を踏み出しませんか?

寄付金の使途

ホワイトハンドコーラスは、実に様々な人たちが関わることによって、活動を成立させています。例えばコミュニケーションに欠かすことのできない情報保障として、手話通訳が必要です。楽譜の購入費や点字楽譜の制作にも費用が発生します。また入院中など体調が優れなかったり、遠方からもメンバーがレッスンに参加できるように東京では常にZoomを繋げるようにしています。今では欠かせない手段の一つとなっており、接続する機器や通信料が発生します。このように、より良い音楽教育のため、皆様のご支援が必要です。

また、エル・システマでは、どのような経済状況であっても音楽を学べるよう、全てのプログラムが無償で提供されています。子どもたちは経験を積んだヴォイス・トレーナーやろう者の俳優から指導を受け、お互いから多くのことを学んでいます。活動は寄付や助成金で賄われており、皆様のご支援が必要です。いただいたご寄付は、手話通訳や点字、また私たちが最高の合唱団になるために欠かせない日々の練習のために使わせていただきます。


サポートファンディング

このキャンペーンの目標金額の達成をサポートするために、応援したい人が自ら寄付を集めるキャンペーンのことです。

寄付集めをサポートしてみませんか?

サポートファンディングとは、クラウドファンディングの目標達成をサポートするために、自ら寄付キャンペーンを立ち上げて寄付を呼びかけることができる機能です。目標金額を設定して自ら寄付を集めることで今までよりももっと団体の力になることができます。

大きくない金額でもみんなですれば大きなサポートです。ぜひ以下のボタンからサポートファンディングを始めましょう!

サポートファンディングで寄付集めを手伝う

〒1030027

東京都中央区日本橋2-2-3RISHEビル UCF4階

http://www.elsistemaconnect.com

代表:石川えりか

団体を見つける
  • 社会課題から探す
  • すべての団体から探す
  • キャンペーンを探す
Syncableについて
関連サービス

© 2021 STYZ Inc.All rights reserved