このキャンペーンは継続寄付になります。

このキャンペーンでは継続(毎月)での寄付を集めています。初回の寄付決済以降、毎月1日に自動的に初回に寄付いただいた金額と同額で決済が行われますので予めご了承ください。

しずおかの自然の中でこども達と森のようちえん活動を続けたい!通年でのバス運行をサポートしてください!

寄付先

NPO法人 ゆたかの木

京井麻由

支援者数

84人

/ 100人

84%
  • 支援総額

    108,081円

  • 支援者数

    84人

  • 残り

    終了

  • 開始日

    2022年3月14日

  • 終了日

    2022年3月31日

このキャンペーンは終了しました

ゆたかのニュースレター「ゆたか日和」

2022/3/30 17:44

今回のキャンペーンも残り1日と少しとなりました。
最後まで応援よろしくお願いいたします。


ゆたかサポーターさん達にお送りする「ゆたか日和」。
ゆたかのこども達の日々の様子、育ちのこと、またゆたかの運営のことなど、盛りだくさんの内容をこども達の写真もたっぷりにお送りしています。

このゆたか日和は、ゆたかの保育スタッフみんなで手分けして書いています。ゆたか日和に書きたいエピソードがたくさんありすぎて、載せきれない原稿もあるほどです。

今回初めてゆたかにご寄付いただいた方には、このキャンペーン終了後に発送いたしますので、もう少々お待ちくださいね。

今日はこちらのニュースレターから、スタッフななちゃんが描いてくれたつなひきエピソードをご紹介します。
日々、こんなドラマが繰り広げられているゆたかの場。
ぜひ皆さんと共有していきたいです。

*****************

みんながつなひきで盛り上がるのを、少し離れて見つめる負けず嫌いの年中ほし組Iくん。
最初は「絶対やらない」と言っていたのですが・・・

しばらくして、年少にじ組のAちゃんに「やろう!」と声をかけました。
Iくん対Aちゃんの対決は互角でなかなか勝負がつきません。
5分以上も引っ張り合い、最後にはIくんがしりもちをついて、それでもまだロープを離しませんでした。
他の子から「しりもちついたからIくんの負け」と言われて一瞬涙がこぼれそうな表情をしたのですが、すぐに「Aちゃん、もう一回やろう!」と立ち上がりました。

数日後、友達のつなひきを見ながらIくんがつぶやきました。「勝つかもしれない、負けるかもしれない。どっちが勝つかおたのしみ。だからつなひきはたのしいんだよね」

スタッフなな


← 活動報告一覧へ戻る

NPO法人

ゆたかの木

〒4240875

静岡県静岡市清水区馬走974-17

08070174872

http://yhyutaka.com

代表:京井麻由

団体を見つける
  • 社会課題から探す
  • すべての団体から探す
  • キャンペーンを探す
Syncableについて
関連サービス

© 2021 STYZ Inc.All rights reserved