NPO法人

せき・まちづくりNPOぶうめらん

寄付する

観光・まちづくりを盛り上げたい

地域産業を応援したい

社会教育を推進したい

11人のフォロワー

ビジョン

「若者が関に戻り、住み続けられるまちへ」 私たちは、岐阜県関市のNPO法人です。 地域密着型フリーマガジンの発行や、企業CSV支援、関市市民活動センターの運営に携わっています。

もっと見る

私たちの取り組む課題

関市のUターンの問題構造の解決策として、以下の取り組みを行っています。

「郷土愛の醸造」
市民のための関のネタ帳として、フリーペーパーマガジン「ぶうめらん」を制作・発行。
ボランティアスタッフとともに市内の魅力を発信しています。
また、市内PTAとも協働し、各学校の取り組みも掲載。隔月22,000部発行しています。

「このまちで働くイメージができている」
高校生までには、郷土愛と地域の産業を理解することが必要です。
高校生が関市で働く人やまちを取材する、高校生版ぶうめらん「高校ぶうめらん」を制作・発行し、関市・隣の美濃市の全高校生へ配布しています。

「企業が元気で地域社会を支えている」
関市に戻ってきて 暮らすためには、働く面が整っていなければなりません。
そのためには、社会を支えられるような元気な企業が必要です。
ぶうめらんでは、市内企業へのCSV支援を通じて、地域に貢献しながら成長する企業づくりのお手伝いをしています。

「市民がイキイキと暮らす市民社会へ」
関市に戻ってくる・住み続けるためには、まちの人々が自身の可能性を十分に活かせられる状態が必要です。
ぶうめらんは行政から「関市市民活動センター」を受託し、市民活動や、地域の地縁組織の支援を行っています。

なぜこの課題に取り組むか

岐阜県関市は人口89,619人(平成29年9月1日現在)のまち。
2005年の92,597人をピークに減少に転じており、特に生産年齢人口は2010年の57,702人が2040年には39,676人にまで減ることが予想されています。

関市では高校を卒業すると約7割が市外に出ていき、その後も、職業上や結婚等の理由で社会動態でのマイナスが続きます。

このままで果たして良いのでしょうか。

「仕方ない」では済まされないよう、ぶうめらんでは、ひとりひとりが関市でできることを見つけ、豊かに暮らしていける仕組みを作るために、多岐にわたって活動しています。

寄付金の使い道

頂きました寄付金は、小・中・高校生のキャリア教育支援の活動費として活用させていただきます。


〒5013886

岐阜県関市本町6丁目24番地本町ハウス

0575468035

http://www.vousmelan.com

代表:浅野欽一郎

団体を見つける
  • 社会課題から探す
  • すべての団体から探す
  • キャンペーンを探す
Syncableについて
関連サービス

© 2021 STYZ Inc.All rights reserved