任意団体

It's me ichikawa

寄付する

障がい・介護を支えたい

社会教育を推進したい

人権を守りたい

2人のフォロワー

ビジョン

セクシュアルマイノリティ×発達障害を主とした様々な生きづらさを抱えている若者が安心して集まれる居場所の創造、地域のセーフティネットに参画し、誰も孤立することのない包括的社会の実現を目指します。

もっと見る

私たちの取り組む課題


令和2年度は千葉県市川市多様性社会推進課の協力を経て「セクシュアルマイノリティ×発達障害、等の生きづらさを抱えた方を対象にした居場所事業」を毎月第二土曜日に実施し、

令和2年10月には多様性社会推進課の後援を経て、広報いちかわのLGBT特集の記事の取材協力、令和3年3月に市川市主催のLGBT講座を実施。令和3年度から多様性社会推進課の後援事業となりました。


令和3年度はこれまで福祉制度などに制度に引っかかりにくかった方をまず出会い、生きづらさを語り合う場の提供として毎月第3土曜日の市川市男女共同参画センター等でのリアル居場所を継続しながら講演活動などの実施

その中で「これまで孤立し、生きづらさを抱えた中なんとか生きてきた人たちをセーフティネットにつなげる」ことを目標に

特に福祉・医療・学校分野での地域参画も積極的に行い、セーフティネットの一つとして機能するような団体として包括的社会の実現を目標とし、以下の3つの事業を行います。




1、 居場所事業

【活動内容】

団体紹介からのスタッフ紹介

ミニゲーム・テーマトーク・フリートーク・創作活動など

2、 多様性社会推進事業(研修、講演などの実施による理解促進・啓発活動)

3、 相談事業(地域との連携)

なぜこの課題に取り組むか

近年、セクシュアルマイノリティと発達障害の関連性が指摘されています。

発達障害は見えにくい障害であり、生来持つコミュニケーション特性により公的支援が得られにくく、また支援を受けていてもうまく機能しない場合も多くあります。

また、セクシュアルマイノリティ当事者はロールモデルがいない、社会から理解されていない、どのように生きたらいいのかわからない、そもそもセクシュアリティをオープンにできない、就職の難しさなどの理由でその他困窮リスクや虐待、障害リスクも高く当事者は孤立し、社会から排除されやすい現実があります。

まずは誰もが自分らしくいられ、自分と似たような境遇。ロールモデルに出逢える場所、誰も排除されることなく安心して社会参画できる機会の創造、生きづらさを抱えた形への社会の理解、そして地域に繋がっていき自分らしく生きる場所や人、制度があまりにも少なく、無きものとしてされてしまっている現状があります。

寄付金の使い道

居場所事業維持費 20000円

機材・備品購入費 50000円

広告・宣伝費   50000円

人件費      50000円

事務所設立費   130000円

任意団体

It's me ichikawa

0477187355

https://itsmeichikawa.wixsite.com/itsme

代表:和泉陽

団体を見つける
  • 社会課題から探す
  • すべての団体から探す
  • キャンペーンを探す
  • ポートフォリオを探す
Syncableについて
  • 掲載希望団体の方へ
  • 運営会社
  • プライバシーポリシー
  • 利用規約 (一般の方 / 掲載団体)
  • 特定商取引法に基づく表記
関連サービス

© 2021 STYZ Inc.All rights reserved