一般社団法人

有松つなぐ会

寄付する

子どもに教育を届けたい

社会教育を推進したい

10人のフォロワー

ビジョン

1.有松学童保育所に通う子どもたちが健やかに成長できる環境づくりを支援します。 2.地元の皆さまや学区外の児童支援団体と情報共有を行い「子どもと共に大人も成長できる環境づくり」を目指します。

もっと見る

私たちの取り組む課題

「有松学童保育所木造化計画」を通じて、地元をより住みやすい街に

有松つなぐ会は現在、有松学童保育所移転に伴う「新施設木造化計画」に取り組んでいます。

そして、この「新施設木造化計画」を通じて3つの問題解決に向けた取り組みを行っていきます。


1)「暑い」プレハブでの生活を脱却し、子どもたちに「温かい」環境を届ける

2)脱プレハブ、学童保育所木造化の取り組みを全国へ

3)子どもと高齢者を「つなぐ」、子どもと地元の文化を「つなぐ」、地元と世界を「つなぐ」


これらの課題を子どもたちと共に取り組むことで、地元の人・歴史・文化を大切にできる環境づくりを目指します。

さらに、子どもたちの成長を地域全体で見守り、子どもと共に大人も成長できる街づくりを目指します。

なぜこの課題に取り組むか

1)「暑い」プレハブでの生活を脱却し、子どもたちに「温かい」環境を届ける

有松学童保育所は現在、地主様のご厚意でお借りしている土地に名古屋市よりお借りしたプレハブを建て、子どもたちはその中で毎日を過ごしています。

土地借用契約が満了する2022年6月、地主様のご意向もあり学童保育所の引っ越しをすることになりました。

新しい土地が見つかり建物をどうするかという話し合いの中で、プレハブ以外の「過ごしやすい環境を子どもたちに届けたい」という希望が強くなりました。

プレハブの施設で過ごす夏は非常に暑く、室温が35℃に近くなる日も少なくありません。

エアコン2台、扇風機、遮熱剤を駆使して暑さを凌いでいますが、新型コロナウイルス感染対策のため換気を十分に行う必要もあり、室内遊びでたくさんの汗をかいている子どもも多くいます。

そんな子どもたちの生活環境を改善すべく情報収集を行った結果、伊勢神宮に代表される「板倉建築」のような木造構造であれば、日本の気候風土に適し地震に強く、調湿効果や断熱効果・防火性能を兼ね備えた建物を子どもたちに残すことができると知り、現在完成に向けた取り組みを行っています。


2)脱プレハブ、学童保育所木造化の取り組みを全国へ

名古屋市内には約200の学童保育所が存在しています。

その多くは有松学童保育所と同様、お借りした土地に市から補助を受けたプレハブ施設を建てて運営しています。

土地の貸与に市の助成を受けられている反面、地主様や貸主様の意向で移転を繰り返す保育所も少なくありません。

名古屋市の制度では「プレハブを建てる」「賃貸物件を借りる」以外に住居に関する補助制度が無く、移転に関わる利便性などからプレハブを利用し続けている保育所も多く存在しています。

そこで、今回の「有松学童保育所木造化」を市内外へ情報発信し、子どもたちが過ごしやすい環境をより早く提供できるための広報活動を行っていきます。


3)子どもと高齢者を「つなぐ」、子どもと地元の文化を「つなぐ」、地元と世界を「つなぐ」

インターネットが普及し情報の発信・受信が多様化する中で、発信力が強くインパクトのある情報は、早く大きく広がる時代になりました。

子どもたちは学校の授業において地元の歴史や文化、産業などを学ぶことで一時的には学習の記憶が残りますが、TVやインターネットなどで新しい情報が入ってくると、インパクトのある情報に興味を上書きされ、魅力的な歴史や文化も次第に影が薄くなってしまいます。

生活の多様化が進む現代において、子どもたちが新しい情報や新しい文化を作っていくことは重要です。

しかしながら、生まれた地元にはその土地を支えてきた人たちが存在し、文化を継承し、産業を残してきた人が多くいらっしゃいます。

有松学童保育所は、そんな地元の皆さまが築き上げてきた歴史や文化の支えを受けて活動することができています。

有松つなぐ会は、これまでの時代を築いてきた高齢者と、これからの時代を生きる子どもたちを学童保育の生活の中で「つなぎ」、その先を生きる世代へ歴史や文化を「つなぎ」、子どもたちが得た学びや経験を情報として発信することで地元と世界を「つなぐ」橋渡しとしての活動を行っていきます。

寄付金の使い道

皆さまよりご支援いただきました寄付金は、以下の目的に利用させていただきます。

1.有松学童保育所の環境改善事業

・令和4年6月の有松学童保育所移転に伴う建築費用、施設内の整備、備品の購入

・子どもたちが行うイベントのための活動費用(お祭り サマーキャンプ 運動会など)

・地域のイベント参加のための活動費用(桶狭間古戦場まつり 有松絞りまつりなど)

・新規入所者獲得のための広報活動


2.放課後児童に対する施設や運営に関する調査研究事業

・愛知学童保育連絡協議会への参加

・各勉強会、研究会への参加

一般社団法人

有松つなぐ会

〒458-0920

愛知県名古屋市緑区桶狭間巻山1107番地

0526217170

https://sites.google.com/view/arimatutunagu/

代表:堀内広実

団体を見つける
  • 社会課題から探す
  • すべての団体から探す
  • キャンペーンを探す
  • ポートフォリオを探す
Syncableについて
  • 掲載希望団体の方へ
  • 運営会社
  • プライバシーポリシー
  • 利用規約 (一般の方 / 掲載団体)
  • 特定商取引法に基づく表記
関連サービス

© 2021 STYZ Inc.All rights reserved