This campaign is for continuing donation.

This campaign is for recurring (monthly) donations. Please note that after the initial donation payment, the payment will automatically be made on the first day of each month at the same amount as the initial donation.

誰も排除しない「まぜこぜの社会」を目指すために、 仲間を100人募集!

For

General Association Get in Touch

一般社団法人Get in touch

Total Amount

¥144,900

/ ¥200,000

72%
  • Total Amount

    ¥144,900

  • Total Donors

    117

  • Remains

    Finished

  • Starting on

    May. 30, 2019

  • Finished on

    Jul. 5, 2019

This campaign has finished.

Story

Get in touchとは

障害、病気、国籍、LGBTs、ひとり親家庭……。

いまの日本には、”みんなとちがう”ということがハンディになる、現実があります。そのことが浮き彫りになったのは、3・11東日本大震災でした。自閉症や、目や耳の不自由な人、車いすの人、セクシュアルマイノリティの人など、普段から生きづらさを抱えている人たちが追いやられ、避難所などで辛い思いをしました。

いざという時に支え合えないのは、なぜなのか。

学校や会社や街のなかで、普段から特性のあるみんなと一緒にいないからではないでしょうか。

社会が不安に陥った時、マイノリティがますます追い詰められてしまう…。

そんな、成熟していない社会は不安です。

「どんな状況でも、どんな状態でも、誰も排除しない、されない社会で暮らしたい」。

そんな思いを胸にスタートしたのが「Get in touch」の活動です。

「共生」「多様性」「ダイバーシティ」などのことばを日々耳にするようになりましたが、今の社会にはまだまだ分断、ボーダーがあります。そのことに関心を示さない人には活動しても届かないというジレンマがあり、そこで、私たちはアートや音楽・映画・舞台など、ワクワクするエンタメを通じて「私たちみんな色とりどりの特性を持っているんだ!」ということを訴え、「まぜこぜ」の心地よさを可視化・体験化する啓発活動を行っています。

「Get in touch」は、「つながろうぜ!」という意味もあります。学校・企業・団体・行政そして個人と、垣根を越えて、たくさんの人とつながりながら、お子さんから高齢者、ありとあらゆる立場、思想の人に届き、誤解、勘違い、思い込み、偏見、差別など、見えない壁を崩していく。

“ちがい”をハンディにするのではなく、それぞれを認め合い、特性としてアドバンテージにできる社会がいい。

私たちすべての人が自分らしく生きられる「まぜこぜ」の社会をめざしてGet in touchは活動をつづけています。


Get in touch代表 東ちづるからのメッセージ

「なぜ活動をするの?」 よく聞かれます。

まずは、私自身が生きづらいから、不安だからです。 おばあちゃんになった時、患者になった時、不自由な身体になった時・・・今の社会のままでは、我慢をたくさんしなきゃならない、自分らしく生きられない、という不安があります。

個を大事にしてほしい。

自分を大事にできれば、他者も大事にできます。浅く広くゆるく依存し合える社会が安心だと考えています。

そこで、誰も排除しない「まぜこぜの社会」を一緒にめざすサポーター会員を募集することにしました。

あなたのチカラが必要です。ぜひつながって下さい。よろしくお願いします。

一般社団法人Get in touch 代表 東 ちづる

Get in touchのチャレンジ

海外では、ダウン症の役者さんだけが出演するドラマがあったり、色とりどりの特性を持つパフォーマーやアーティスト、表現者が、表舞台で活躍しています。

日本でも以前は、小人レスラーの試合が放映され、小人のコメディアンがバラエティ番組に登場し、お茶の間の人気を集めていました。けれども、今の日本で、マイノリティの活躍の場は、福祉・教育・チャリティー・感動ドキュメント番組に限られており、なかなかその才能を目にする機会がありません。

いったい、なぜでしょう?

「差別だ!」「不謹慎だ」「かわいそう」というクレームやバッシングの声があり、過剰な自主規制が働いた結果、彼らは表舞台から姿を消してしまったのです。

けれども、それって、なんだかおかしくありませんか?

だって、彼らはその特性を武器にプロフェッショナルなパフォーマーとして誇りをもち、

人を笑わせ、楽しませてきたのですから。

出てみたい、挑戦したいという人がいるのに、舞台がない。

ならば、作ればいい!

そこから、Get in touchの新たなチャレンジはスタートしました。

私たちはさまざまな特性をもつ唯一無二のプロフェッショナルなパフォーマーたちに声をかけ、平成の「見世物小屋」を企画しました。

「障害を見世物にするのか」こんな批判もあります。でも、私たちは考えます。

「障害あるなしに関わらず、表現したい人はいる」「自身の特性をアドバンテージにして、日々、努力を重ねて、もっとエンタメの世界に出たいと思っている人も、たくさんいるはず」。

それなのに、その機会はあまりにも制限されていて、メディアからは妙な配慮ばかりされているのです。

今まで誰もみたことがない、最高の見世物、エンターテイメントの舞台をつくりたい・・・。そして、2017年、12月、「平成まぜこぜ一座 月夜のからくりハウス」は、満員御礼の中、最高のパフォーマンスで見る者を圧倒し、会場は笑い、喜び、驚き、共感に溢れておりました。

公演終了後、お客様から再演を望む声そして、パフォーマーからの出演希望もたくさん寄せられ、「月夜のからくりハウス」再演に向けて、だれも排除しない「まぜこぜの社会」をめざすGet in touchの挑戦はつづいています。

今までのGet in touchの運営体制

これまでGet in touchでは、世界自閉症啓発デーにWarmBlueキャンペーン、東京レインボープライド、映画「私はワタシover the rainbow」制作、MAZEKOZE ARTプロジェクト、などさまざまな事業を展開し、毎回Get in touchメンバーや活動にご賛同いただく方々によるプロボノスタイルで運営をおこなってきました。

活動を継続していく中で、Get in touchを知ってくださる方も増えて、仲間も増えて、「まぜこぜの社会」実現の機会も少しずつ増えてきましたが、現実、もっとできること、もっと多くの人に伝えられるチャンスがあるのに、マンバワーが足りないことや、事務局体制が整っていないことで、時間もなく諦めることも少なくありません。

今後の運営体制

事務局には、プリンターもなく、コンビニで印刷したり、自宅のプリンターを使ったり、日々メンバーの負担がないように活動していますが、現状各自の負担があることは否めません。活動に専念できるよう最低限の事務局運営を整えていきたいと考えています。また、Get in touchはイベント屋ではありません。イベントを通して多くの方に、まぜこぜの居心地のよさ、楽しさを体験してもらったり、それを多くの人に知ってもらうために伝えていくPR活動が重要であり、そのためにSNSやWEB製作などを手伝ってくださる方々へのサポートも強化していきたいのです。

寄付金の使い道

世界自閉症啓発デー「Warm Blue キャンペーン」

2013年より国連が定めた「世界自閉症啓発デー」を「Warm Blue DAY」と名づけ、「東京を青く染めよう」「青いものを身につけて街に出よう」と呼びかけ、

毎年、4月2日を中心に、自閉症のみならず多様なマイノリティ団体と一緒に、企業・団体・厚生労働省とも協働し、さまざまな啓発イベントを開催。

「Warm Blue キャンペーン」として各企業、団体、行政に参加・協力を呼びかけ、情報を総括・発信。

■平成まぜこぜ一座「月夜のからくりハウス」公演事業

車椅子ダンサー、全盲の落語家、小人プロレスなど、特性を豊かに表現するマイノリティのパフォーマーのほか、琵琶法師、人形つかいなど伝統芸能のアーティストも参加し、ハイクオリティな舞台公演を実施。「障害者はかわいそう」「支援するべき対象」などという単純化された固定観念をくつがえし、彼らが活躍する場を創造。その記録映像をSNSで拡散するほか、企業・学校・団体・行政・映画館などで上映会も企画。

障害者やマイノリティは身近な存在であり、「私たちは既に色とりどりの人たちと共存している」というメッセージを発信してきました。

私たちは「月夜のからくりハウス」再演を目指しています。

■映画「私はワタシ~over the rainbow~」

レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーなどの性的マイノリティ「LGBTs」当事者50人以上にインタビューを行い、彼らの生の声を収めた映画を制作。世界では同性婚が認められる流れもあり、日本でもLGBTsという言葉は浸透しつつあるが、未だ社会全体への理解は進んでおらず、就職や転職が難しい、学校でいじめにあう、自殺を考えるという現実がある。全国各地の企業・団体・行政・大学・映画館などで上映。自主上映会も全国展開中。

学校プロジェクト

平成28年4月1日に、文部科学省から「性同一性障害や性的指向・性自認に係る、児童生徒に対するきめ細やかな対応等の実施について(教職員向け)」が全国の教育委員会および各学校に通達された。 しかし、全国的に見てもまだまだLGBTsの理解・啓発に関する研修や教材そのものは少なく、多くの学校(教員)は、子供たちや保護者にどう伝えたらよいか暗中模索している。

子ども達の中には「ありのままの自分では大人になれないのではないか」と将来に不安を感じたり、家族や友人に相談できないまま苦しんでいる子も少なくない。相談しても理解が得られず、悩みを抱えたまま自殺という道を選んでしまうケースも。

LGBTsへの理解を進め、子どもたちを救うプロジェクト。

全国の小・中・高校からのリクエスト(1000校)を受け付け、学校資料映像「自分が自分らしく生きるために」を無償配布中。

まぜこぜアートプロジェクト

障害のある作家作品による展示会開催や、企業とのコラボレーションによる商品開発も行う。

2016年には文化庁主催の「ここから」企画展@国立新美術館にてGet in touchがキュレーションを務める。

現在、スターバックスコーヒージャパン株式会社とGet in touchがコラボし、スターバックスコーヒー店舗のアートワークを障がいのある作家さんたちと創造するプロジェクトを展開。同時に、全国の作家の発掘調査も実施中。

寄付金は、以上のプロジェクト事業費また各種イベント企画・開催、団体運営に大切に使わせていただきます。

【マンスリーサポーター特典】

マンスリーサポーター限定「MAZEKOZEコミュニティ」フェイスブックグループへ御招待。

Get in touchの活動、イベント・サポーター限定交流会のお知らせ、メンバーからのメッセージなどをお届けいたします。

○ 手数料

Syncableの手数料で8.95%がかかります。

※※※※※必ずご一読ください※※※※※
マンスリーサポーターお申込みにあたって
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

1)「支援する」ボタンをクリックしていただき、「継続寄付する」のタブよりご希望の支援額をお選びください。

2)クレジットカードは、VISA, Mastercardのみご利用いただけます。

3)タブレット(iPad含む)からの決済は、できない場合がございます。パソコン、もしくはスマートフォンよりお申込みください。

4)一度お申込みいただくと、解約のご連絡をいただくまで毎月継続して寄付ができます。

5)解約のお申込みは、Syncableでマイページを作成していただいた方は、マイページより解約できます。

6)マイページを作成されなかった方は、お手数ですがSyncableサポート事務局(support@syncable.biz)まで各自ご連絡ください。(totto編集部では解約の手続きができませんので、その旨ご了承ください)



※詳しくは、こちらのSyncableのサポートをご確認ください。
「継続寄付の停止について」

Loading...


〒1070052

東京都港区赤坂9-1-7-532赤坂レジデンシャル

http://getintouch.or.jp/

Representative:東 ちづる

Explore
  • For social challenges
  • For associates
  • For campaigns
About Syncable
  • For associate staffs
  • Fundraising Partner Program
  • Learn about Peer-To-Peer Fundraising
  • Brand assets
  • About us
  • Privacy Policy
  • Terms of Service (For supporters)
Services

© 2021 STYZ Inc.All rights reserved
Privacy PolicyTerms of Service (For supporters)