犬猫救済の輪 結昭子 バースデードネーション                                                 保護猫シェルター緊急保護室増設と全室改装を!!

For

Voluntary Association 犬猫救済の輪

Birthday

12/27

犬猫救済の輪代表 結昭子

Total Amount

¥603,985

/ ¥2,577,135

23%
  • Total Amount

    ¥603,985

  • Total Donors

    45

  • Remains

    Finished

  • Starting on

    Sep. 21, 2023

  • Finished on

    Dec. 28, 2023

This campaign has finished.

四年目のバースデードネーションになります。

今年も、保護猫たちのために『猫の誕生日』を行います。

画面右下の「支援する」ボタンで500円から寄付できます。

お願いできましたら猫たちもよろこびます!

※ 寄付金は決済にかかる手数料と利用料を除き全額が犬猫救済の輪へ寄付されます。今年は、既に沢山の野良猫さんが救出されて、ケージで保護されておりますが、ケージは一時的で早くフリーにしてあげたいと思っています。

そこで、現在の犬猫救済の輪 猫シェルターに緊急保護室増設と全室改装を!!

ご理解ある業者さんとのご縁で、9月17日、急遽、棚の取り壊し、壁貼りなどがスタートしました。

まずは、今月中に猫たちが入居できますように1階に緊急保護室増設を急いでいます。

ちょっと、大変ですが頑張ります。

業者さんから概算見積もりを出していただき、どうしても必要なところから先に工事をお願いしております。

今年の猫の誕生日は、保護猫さんたちの快適な環境を作ってあげるための改装費に、是非、ご寄付をお願いできませんでしょうか。

宜しくお願い申し上げます。   2023.09.22 犬猫救済の輪 代表 結 昭子

Story

     犬猫救済の輪 TNR日本動物福祉病院  代表  結昭子                                                         今年も、猫の誕生日、バースデードネーション 宜しくお願い申し上げます。                                                                                                                                                     

12月27日、私の誕生日はいつも忘れてしまいますが、その代わりに猫たちが生まれてきたことをお祝いしてあげようと思いつき今年で四年目。今までの三回のバースデードネーションでは、『犬猫救済の輪』の保護猫達と、土浦多頭飼育で頑張ってきた猫達、小田原多頭飼育の猫達、合計約200匹の猫たちを対象にさせていただきました。

病気や高齢・なついていないなどで里親譲渡が決まらずほぼ終生飼養となる保護猫たちに、いっぱい幸せに生きてほしい。生まれてきておめでとう。と、年に一度、ご馳走も用意してお祝いをさせていただいてまいりました。

それはそれは、猫たちは喜んで、年に一度の少しの贅沢かもしれませんがやってあげられて私達も嬉しかったです。

「犬猫救済の輪シェルター 去年の猫の誕生日」

幸い、土浦の多頭猫さんたちも、小田原の多頭猫さんたちも長年の間、飼い主さんとボランティアさんの頑張りと皆様からの支えで見守られ、100匹近かった頭数も今はそれぞれ20頭程までになっています。中には、病気を患った猫さんもおりましたが人からの沢山の愛情を受けて旅立っていきました。ありがとうございました。

「小田原多頭猫さん去年の猫の誕生日」

「土浦多頭猫さん去年の猫の誕生日」

今年は、事情がございまして、どうしても救出してあげなくてはならない猫たちのレスキューがまだ終わっておりません。救出されてもお家が無くては幸せにしてあげられません。       今年のバースデードネーションは、過酷な環境から救出された猫達に狭いながらもお部屋を作ってあげたいと思います。

それから、シェルターで暮らしている殆ど10歳以上の100匹猫さんたちのお部屋も、その後に少しずつ改装してあげられたらと思っています。優しさに包まれて歳をとっていけますように。

■犬猫救済の輪 保護猫シェルター

犬猫救済の輪保護猫シェルターは、一階~三階まで猫の部屋は5部屋に分かれています。

三階には、病気の猫たちの部屋が二つあり、一つの部屋は白血病の猫たちの部屋、もうひとつの部屋は腎臓の悪い猫たちの部屋で高齢の猫さんたちが穏やかに暮らせるようにボランティアさんたちに手厚くお世話されています。

二階キッチンとフロアーは広く開放して、50匹の猫たちが三階までの階段を駆け上ったり、頭上の棚に渡した橋を行き来したり楽しく暮らしています。

一階の二室は、一室は、主になついていない猫たちの部屋です。収納スペースにも手を加えて、隠れられる工夫をするなど、落ち着いて暮らせるようにしていました。                                                                                                         もう一室は、倉庫でした。100匹猫さんの暮らしの維持に必要な、猫トイレの砂や、ドライフードと缶詰、敷物の予備などを在庫し、ボランティアさんたちの着替えをする部屋としても使用していました。

今回、まず、このシェルターの一階の二部屋を急遽改装して、新たに猫達を迎えます。犬猫救済の輪シェルターとして稼働してからどんな時も100匹を上限としてきましたが、初めて100匹を超える収容数になります。上限150匹迄収容できるように改装し、緊急時にはTNR日本動物福祉病院の収容数と合わせて上限計200匹の保護収容を可能にします。                                           勿論、上限に達しましてもその頭数がずっと続くわけではなく、お世話をしながら懐いた猫さんは里親探しをして家猫さんとして幸せを掴んでまいりますので、特に人手や資金で大変な時期は一年位でその後は平常の保護数に戻ります。

今年は特別に大変な年になりましたが、救出され保護スペースさえ確保できれば、後は、ゆっくり人馴れしてもらって里親探しで幸せにしていってあげることができます。

今年も保護猫たちに、皆様からも少しずつバースデープレゼントとしてご寄付をごお願い申し上げます。

■ 寄付金の使いみち

①犬猫救済の輪シェルターに、緊急保護猫用の部屋を増設します。

②シェルター全体の壁、床、棚等、全般の改装を少しずつ進め、保護猫たちが快適に暮らせるようにします。

③毎年のバースデードネーション時のように、年に一度、猫たちに特別に嬉しい一日をプレゼントします。特に、今年救出活動により保護された猫たち、富士見公園シェルターの猫達もプレゼントを用意して生まれてきたことを祝ってあげたいと思います。富士見公園猫は工事前に全40頭が保護され、富士見公園に新たに設けられた新シェルターと、一部犬猫救済の輪シェルターに暮らしていますが、現在、三匹がFIP発症で医療を受けています。富士見公園猫さんは、殆ど個人ボランティアさんの自費で維持しており医療費もかかり大変です。年末に、富士見公園シェルターの猫たちにも、喜ぶフードやおもちゃやベッドや敷物などバースデープレゼントを届けてあげたいです。

■見積もり書

内訳明細1F

内訳明細2F

内訳明細3F

棚等全造作費

〒2100834

神奈川県川崎市川崎区大島1-28-15-1Fグリーンプラザ川崎

http://inunekokyusainowa.la.coocan.jp

Representative:結  昭子

Explore
  • For social challenges
  • For associates
  • For campaigns
About Syncable
  • For associate staffs
  • Fundraising Partner Program
  • Learn about Peer-To-Peer Fundraising
  • Brand assets
  • About us
  • Privacy Policy
  • Terms of Service (For supporters)
Services

© 2021 STYZ Inc.All rights reserved
Privacy PolicyTerms of Service (For supporters)