【募集概要】

◆主催:認定NPO法人 地球市民の会

◆期間:2022年10月3日(月)〜11月11日(金)

◆目標:全体目標300万円、私の目標3万円

◆寄付金の使途:ミャンマーの子ども達に「学ぶ幸せ」を届けるために大切に活用させていただきます。

◆御礼・特典:活動レポート、ミニライブラリーの看板にお名前掲載、幸運のお祈り、ミャンマー名の命名、インタビューなど。

Story

ミャンマーで長く支援活動を続けている、佐賀に本部をおくNPO、地球市民の会さんが、今「ミャンマーの子どもたちに学ぶ幸せを届けたい!」という寄付キャンペーンを実施中。 わたしはマンスリーサポーターでの応援もしている、とても信頼できる団体です。

地球市民の会さんのミャンマーの子どもたちの「学ぶ幸せ」を届けるチャレンジを、寄付で応援していただけませんか。
※ 寄付金は決済にかかる手数料と利用料を除いた全額が団体へ寄付されます。

■ 私と「地球市民の会」との繋がり

地球市民の会のミャンマー駐在員の鈴木亜香里さんと、国際協力を学び合うオンラインの場で知り合って、何度か色々なオンライン会議に一緒に参加しているうち、まだ一度もリアルでは会ったことがないのに、すっかり古くからの仲間のようになりました。ミャンマーにしっかりと根を張って地道に難しい支援活動を続けている亜香里さん、青年海外協力隊でシリアで日本語教師をして以来、中東にご縁があってイラクで暮らす私、場所は違えど、国内の紛争や政治混乱のせいで、子どもたちのたいせつな学びが犠牲になってしまう、という同じ危機を共有しています。

■ 私が「地球市民の会」のために寄付を集めようと思ったきっかけ

わたしがイラクで参加しているピースセルプロジェクト(

Loading...
)では、小学校に図書館をつくって物語作りをしたり、モバイルライブラリーで村を訪問し絵本や紙芝居の読み聞かせをしたり、という活動をしています。

地球市民の会さんが、目指している「夢の詰まったミニライブラリーを多くの村に作っていきたい」。これは、わたしたちが、イラクで目指すのと同じ目標です!

わたしたちは、本棚や本を増やしたいのでなく、子どもたちの読書体験、そして本をきっかけに、自分の気持ちや考えを表現する機会を増やしたい。本を使った自己表現や想像力を育てるためのワークショップを、地球市民の会さんとピースセルプロジェクトで、それぞれミャンマーとイラクではじめて、少しずつ広げていきたいです。まずは、少しでも本が好きになり、感想を自分の言葉で表現できるような練習を一歩ずつ、ひとりずつ。地道な活動だけれど、未来を作る大切な活動、そして笑顔がひろがる楽しい取り組みになると思います。

「学ぶ楽しさ」や「自分らしく学ぶこと」を体験する機会をできるだけ多くの子どもたちが得られますように。そんな世界の実現に一歩でも近づけるように、みなさんも地球市民の会さんのチャレンジを一緒に応援しませんか?


The campaign supported by 西渕 あきこ

Would you like to support this campaign?

Support Funding is a feature that allows you to launch your own donation campaign and call for donations to help achieve other campaign's crowdfunding goals. By setting a target amount and collecting donations on your own, you can help the organization more than ever before.

Even a small amount is a big support if we all do it together. Please click the button below to start supporting!

Explore
  • For social challenges
  • For associates
  • For campaigns
About Syncable
Services

© 2021 STYZ Inc.All rights reserved
Privacy PolicyTerms of Service (For supporters)