This campaign is for continuing donation.

This campaign is for recurring (monthly) donations. Please note that after the initial donation payment, the payment will automatically be made on the first day of each month at the same amount as the initial donation.

共に「不条理の無い世界の実現」に向けて取り組むマンスリーパートナーを20人募集!!

For

NPO コンフロントワールド

NPO法人コンフロントワールド

Total Amount

¥23,047

/ ¥20,000

115%
100%

Total Amount

¥23,047

Total Donors

21

Remains

Finished

This campaign has been finished.

NPO法人コンフロントワールドとは?

コンフロントワールドは「不条理の無い世界の実現=生活と権利が保障され、誰もが自分で未来を決められる社会の実現」を目的に活動する国際協力NPOです。

#活動内容

◆ウガンダ

貯水タンクの建設、難民支援、石鹸生産、手洗い装置の設置

◆タンザニア

小学校建設

◆ペルー

刑務所発ファッションの販売

#メンバー

主に、20代の学生、社会人(副業)で構成された団体です。

是非、最後までページを読んでいただけると嬉しいです!

Story

#まずは、海外支援事業に携わるメンバーの想いをご覧ください!!

スタッフの大谷です。新型コロナウイルスの影響で現地に実際に行くことができず、本当に活動が現地の状況に貢献しているのか疑問に思っていました。

しかし、現地パートナーからの報告書の「日本人とコンフロントワールドに非常に感謝している」という文字を見てとても感動しました。また、タンザニアでは、子どもたちが楽しそうに授業を受けていて、離れていても彼らのために行動することができるのだと実感しました。

裏を返せばコンフロントワールドからの支援がなくなってしまうと、子どもたちは水を求めて教育の時間が奪われ、時間をかけて汲んできた水も衛生的では無く、体を壊してしまう可能性があります。さらに手洗いの方法を知らない事で新型コロナウイルスが日本よりもはるかに大きな影響を引き起こします。

コンフロントワールドの現地への支援は、彼らの生活を大きく変えるような力は持っていないかもしれませんが、確実に現地の人々の生活を変化させており、皆様の寄付がさらなる変化をもたらします。

私たちの支援が現地パートナーの思い、子どもたちの将来にとって少しでも役立つものになるよう今後も活動していきたいと思っています。

私のモチベーションとなっている現地での写真は、スタッフブログを通じて皆様に共有しています。是非彼らの笑顔を見てみてください!



スタッフの林です。私は「自分が直接あるいは間接的に関わることで1人でも多くの人を笑顔にしたい」という想いでコンフロントワールドの活動に参加しています。

ウガンダの現状でも述べたように、ウガンダの農村部では安全な水や衛生的なトイレなどがほとんど整備されておらず、免疫が完全ではない小さな子どもたちが亡くなってしまうような状態にあります。また、新型コロナウイルス感染防止のために支援を必要としています。

コンフロントワールドは決して大きな団体とは言えませんが、大きな団体ではないからこそ、現地の人々の意見を聴くなどして、現地目線で活動していくことができると思います。また、活動を地道に少しずつ行っていくことで、少しでも多くの人を笑顔にすることができると思います。

活動を続けていくためには皆さんからのご支援が必要となってきます。少しでも多くの人を笑顔にするためにも皆さまからの暖かいご支援お持ちしております。



スタッフの中島です。私は「世界中の子どもが夢を叶えられる世界にしたい」という思いがあり、それを実現するには何が必要なのかを学ぶことを目標としてコンフロントワールドで活動しています。

コンフロントワールドで活動を始めたばかりのときはたくさんの壁にぶつかり、すごくもどかしさを感じていました。

コンフロントワールドの他のメンバーと話す中で、このもどかしさを減らすためにはより多くの人にコンフロントワールドについて知っていただく必要があると気づきました。どれだけ意味のある活動でも、それを誰も知らなければ活動は続きません。そうなったら本末転倒ですし、今まで活動を一緒にしてきた現地スタッフや支援を待っている人たちを困らせることになります。

そのため、私たちは今回のこのマンスリーパートナー募集のキャンペーンを通して、より多くの人に届くように団体や活動を発信して多くの人から応援をいただき、活動を継続していきたいです!

コンフロントワールドの活動に共感した!応援したい!と思ってくれた方はぜひマンスリーパートナーとして一緒に活動してくださったら嬉しいです!

#次に、ウガンダの現状と活動についてお話しいたします!

ウガンダ共和国は東アフリカに位置し、南スーダンやケニア・タンザニアなどの国と隣接する内陸国で、緑豊かで美しい自然に溢れる国です。

しかし、農村部では安全な水や衛生的なトイレなどがほとんど整備されておらず、清潔な水へのアクセスができる人は25%と言われています。

直近では、新型コロナウイルス感染症の影響で(2022年1月)2回のロックダウンが行われ、失業者が増加しているため貧困に苦しむ人々が増えています。

このような劣悪な衛生環境や感染防止の意識不足を解決するため、

コンフロントワールドは現地パートナーと共に、

手洗い装置の設置、石鹸生産工房での石鹸の生産・配布、貯水タンク・浄水フィルターの建設、トイレの建設などの活動を行っています。



※ティッピータップ


※薬品を混ぜ、石鹸を生産している様子


※2018年に建設された貯水タンク


#そして、今後についてお話しさせていただきます!


正直な話をすると、コンフロントワールドのマンスリーパートナーは減少し、その分寄付金額も低下しています。
悔しい限りです。

一方で、
世界ではいまだ約20億人がトイレを使用できず、6億人以上が安全な水を手に入れることが出来ていません。

事業を続け、「より多くの命を救う」ために、ご協力いただきたいです。

私たちとともに現地の人々を少しでも救うために寄付いただけると幸いです。

このキャンペーンでは、コンフロントワールドとともに同じ目線で活動する「パートナー」を募集しており、現地の状況などを届け、積極的に皆様の意見を取り入れていきます。

頂いた寄付は、活動にかかわる資金にのみ使われ、月額寄付は500円~30,000円からお選びいただけます。

―月額500円のご寄付では、現地へ簡易手洗い装置を2つの家庭に届けることが出来ます。

―月額1000円のご寄付では、1か月分の手洗い石鹸を現地の40人へ届けることが出来ます。

―月額5000円のご寄付では、学校の生徒へ浄水フィルターを1つ届けることが出来ます。

―月額10,000円のご寄付では、小学校で専門家3名による手洗い指導4日分に相当します。

#最後に、理事と事業責任者よりメッセージです!

代表理事 荒井昭則

ページをご覧いただきありがとうございます。コンフロントワールド代表理事の荒井です。
コンフロントワールドでは、マンスリーパートナーの皆様からの寄付をお預かりし、
アフリカに、貯水タンクや学校や石鹸生産工房を建設しております。
いただいた寄付はしっかり現地の水・衛生や教育の支援に使わせていただきます。ぜひ、コンフロントワールドの活動や、メンバーを応援いただきたいです。
大学に通いながらコンフロントワールドで活動するメンバー、会社に勤めながらコンフロントワールドで活動するメンバー、様々なメンバーが在籍しております。あなたの友人がこのキャンペーンをシェアして、ご覧になっている方もいるかもしれません。
そんな友人に「頑張れ」とメッセージを送ったり、SNSでシェアしたり、それだけでも励みになります。
そしてさらに、月額で寄付いただけると励みになるばかりではなく、活動地にも価値を与えられます。メンバー全員で地道に取り組んでおりますので、今後とも応援よろしくお願いいたします。

代表副理事 白石大樹

ページをご覧いただきありがとうございます。
NPO法人コンフロントワールド副代表理事の白石です。コンフロントワールドは全員が学業や会社員と兼業という形で在籍しております。
その為、全員が平日夜や土日など、隙間時間をうまく活用して活動を進めております。
私も、普段は社会人2年目の平社員です。唐突ですが、私はコンフロントワールドのメンバーが好きです。もちろん前提として活動が楽しい、ワクワクするなどポジティブな面が沢山ありますが、
授業や仕事終わりに、誰かの為に頑張れる、
出来そうで出来るものではないですし、ましてやそれを続けることは、ハードルが高いものです。人として尊敬できるメンバーが好きですし、だからこそ皆様に応援頂きたいです。ぜひ、メンバーの頑張る理由になって頂きたいです。もちろんですが、頂いた寄付については
アフリカの衛生支援や学校建設支援など、現地の為に全力で還元させて頂きます。
随時SNSやイベントなどを通して皆様に進捗をお届けしますので、共にワクワクいただけたらと存じます。全員で泥臭く進んでまいります!今後ともコンフロントワールドを、応援よろしくお願いいたします。

事業責任者 山口祐典

海外支援事業を担当している山口です。
国際協力と聞くと、"素晴らしい"とか"怪しい"とか、いろんなイメージがあるかと思います。私が活動に関わって一番感じることは、泥臭い資金調達が大変。という事でしょうか。それでも活動を続けているのは、単純にワクワクするからです。私たちの事業の一例では、ウガンダの農村部に水インフラを作っています。小学校に貯水タンクができると、子供たちが学校に通うようになります。衛生的なトイレが作られると、感染症を防ぐことにつながります。
いわば、小さな町づくりに貢献することができます。若い団体ですが、これまでに現地パートナーと連携を通じ、しっかりと実績を残してきました。
事業を継続することで、支援者様には弊団体とともに支援先へのインパクトを見守っていただきたいと思っています。

そして!この一か月間、マンスリーサポーターを募集するために弊団体メンバーが大奮闘しています。もしかすると、メンバーが勇気を出してあなたにシェアしているかもしれません。少しでもお知り合いの方にこのキャンペーンをシェアしていただけると大変うれしいです。
今後とも、コンフロントワールドの応援をよろしくお願いいたします。

NPO

コンフロントワールド

〒105-0013

東京都港区浜松町2丁目2番15号 浜松町ダイヤビル2F

0368485700

https://www.confrontworld.org/

Representative:荒井昭則

Explore
  • For social challenges
  • For associates
  • For campaigns
  • For portfolios
About Syncable
  • For associate staffs
  • About us
  • Privacy Policy
  • Terms of Service (For supporters)
Inquiry

© 2021 STYZ Inc.All rights reserved
Privacy PolicyTerms of Service (For supporters)