This campaign is for continuing donation.

This campaign is for recurring (monthly) donations. Please note that after the initial donation payment, the payment will automatically be made on the first day of each month at the same amount as the initial donation.

「限界集落と里山を未来へつなぐ!」 コロナ禍でもNICEと一緒に活動を支えてくれるサポーターを100人募集します!

For

NPO NICE(日本国際ワークキャンプセンター)

NICEスタッフ

Total Donors

105

/ 100

105%
100%

Total Amount

¥79,741

Total Donors

105

Remains

Finished

This campaign has been finished.

【 8月31日まで!】あと3日!赤目ワークキャンプリーダー経験者・清水寛正(かんぱち)さんより応援コメントをいただきました!

2021/8/29 09:26

本日も活動報告をご覧いただき、ありがとうございます。NICEマンスリーサポーターチームの金ちゃんです。

サポーター募集キャンペーンもあと3日となりました。

ここ数日で多くの方に応援いただいています。目標達成が見えてきました。

本当にありがとうございます。

ぜひ周りのNICEのお知り合いや興味のありそうな方に、マンスリーサポーターのことをご紹介いただけたらと思います。

本日は、赤目(三重県)のワークキャンプリーダー経験者、清水寛正(かんぱち)さんからいただいた応援コメントをご紹介します!


////////////////////////

何か日常に物足りなさを感じていて、非日常を探しているときに赤目の森に出会いました。


赤目の森のワークキャンプで一番印象に残っているのは、生きている鶏を捌いた経験です。このワークを行なったことにより、普段何気なく食べている鶏肉は必ず人の手によって殺されているということが経験として理解することができました。

特にケンタッキーを食べているときに、思い出すことが多く、鶏が生きていた様子に思いを馳せることによって、食べ物のありがたさを言葉でなく真に理解できた瞬間だと感じます。


他にも赤目の森では環境に考慮し、二日に一回しかお風呂を沸かさないというルールがありました。毎日お風呂に入りたいと考えていた私は、二日に一回水を浴びていました。今まで普通だと思っていた、毎日温かいお湯を浴びるということが恵まれている環境であるということをしみじみと感じました。この経験のおかげで、日常の中で恵まれていることは沢山あるのにも関わらず、それに気付かずに不満ばかりを見つけてしまっていることを認識する機会となりました。


赤目の森での生活を通して、自分自身が最低限のもので生活することができるという自信を身につけることができたと感じます。


NICEのワークキャンプでは知識として得られるものよりも実際に行動して経験として学ぶ事ができる場所です。そのような機会は人の価値観を広げ成長するために一番重要だと考えます。このような機会を得られる場所がずっと在り続けられるように私はNICEを応援しています。


////////////////////////


かんぱちさん、温かいメッセージをありがとうございます!

『NICEのワークキャンプでは知識として得られるものよりも実際に行動して経験として学ぶ事ができる場所』『このような機会を得られる場所がずっと在り続けられるように』これからもNICEの活動を長く続けていきたいと思います。ぜひ皆様からの温かいご支援をよろしくお願い致します!


NICEマンスリーサポーターチーム 金ちゃん

本日も活動報告をご覧いただき、ありがとうございます。NICEマンスリーサポーターチームのせみちゃんです!

サポーター募集キャンペーンもあと4日となりました。NICEへのあたたかいご支援ありがとうございます!

本日は、NICE北陸事務局長で氷見週末チームのみほ(水口実穂)さんからチームの活動紹介をしていただきました!

////////////////////////

こんにちは、氷見週末チームの水口実穂です。

氷見週末チームは、富山県氷見市八代地区で活動しています。この地区は、豊かな森と気候に育まれ、自然薯、氷見牛、低たんぱく米の特産地です。また、地域住民で「八代環境パトロール隊」を構成し、巡回バスの運行や見回り活動、不法投棄回収など、地域課題解決に向けての取り組みも行っています。しかし、人口が500人、高齢化率が40%を超える過疎化の進んでいる地区でもあります。コミュニティ文化や、集落環境を維持するための人材が不足しており、今後の地域の在り方が課題です。

 

私たちは、2015年から週末ワークキャンプを、年2回程度開催しています。その地域の中で ①道路の保全作業(溝掃除、草刈り)②農作業(自然薯の植え付け、収穫、山菜採り)③環境美化活動(不法投棄のゴミの回収)などの活動を行っています。

 

地域の魅力は、豊かな自然、美味しいご飯とお酒、そして何より地域の方々の熱意と暖かさです!夜の交流会では毎回大盛り上がり!参加後、個別で訪問する人も多数!

この貴重な地域を守っていきたい、繋いでいきたいという熱い想いが、NICE参加者に伝わり、参加者の方から「こんなことやりましょう!」という声が上がることも。また、地域からは「高齢の我々にとってナイスの若者と交流することが、高価な薬を服用するよりも元気になります」という、とても嬉しいコメントをいただいています。これは、週末ワークキャンプでこの地域に関わったから、だからこその化学反応ではないでしょうか。

 

現在、新型コロナウィルス感染症の影響で事業は中止されていますが、過去参加者と地域を繋いで「オンライン交流会」も実施されました!主要メンバーは都市圏が多いですが、離れていてもお互いを思いあえる活動となっています。

 

※地域での活動を紹介している公式サイト『地域の番人』

URL 

Loading...

※NICEとの活動紹介動画

/////////////////////////////////

水口さん、メッセージをありがとうございます!

ご高齢の方にとって、若者が交わることがなによりの薬というのは、限界集落の問題を考える上で非常に大切な事の1つですね。まさに思ってもない化学反応が起こるかもしれません。

残り日数も少ないですが応援お願いします!

NICEマンスリーサポーターチーム せみちゃん

本日も活動報告をご覧いただき、ありがとうございます。NICEマンスリーサポーターチームのまみです。

サポーター募集キャンペーンもあと5日となりました。NICEへのあたたかいご支援ありがとうございます!

本日は、白神(青森県)のワークキャンプリーダー経験者、成田南美さんからいただいた応援コメントをご紹介します!

////////////////////////

「私も何かすごいことをしたい!」

努力している友達に負けたくないと思い、NICEの世界に飛び込みんでみました。

地元である青森での活動を見つけ、これはやるっきゃないと参加。

美しい緑、美味しい空気、冷たい水、カエルの鳴き声。当たり前のようだけど当たり前じゃない、そんなステキなものたちに囲まれての生活。

国籍も年齢も職業もバラバラなメンバーが、1つの場所に集まり衣食住を共にし、活動していく。「伝えたい」この気持ちがあれば言語の壁も気にならない。

青森に限らず地域の方々は、(何もする前に)行くだけで喜んでくださり、本当に心があったまるし、帰りたい場所、一生の仲間が必ずできます。

そして何より本気で生きてみるのは、自分が思ってるよりずっとずっと気持ちがいい!

ワークキャンプを通して、最高の仲間と泣いて笑って全力で生きた経験は財産で、そしてわたしにそんなチャンスをくれたNICEに感謝です!

NICEの活動を応援しています。

/////////////////////////////////

成田さん、温かいメッセージをありがとうございます!

『帰りたい場所』『一生の仲間』『全力で生きる経験』に出会える機会を、これからもNICEの活動を通して創っていきたいと思います。ぜひ皆様からの温かいご支援をよろしくお願い致します!

NICEマンスリーサポーターチーム まみ

NICEマンスリーサポーターチームのkatsuです。サポーター募集キャンペーンもあと6日。NICEへのあたたかいご支援ありがとうございます!


本日は青森県白神での活動経験があり、「ぼらいやー」NICEのボランティアしながら旅をする1年間プログラムの経験者。そして現在は愛媛県今治で国際ワークキャンプを共催として受け入れてくださっている


ゆい(田坂由衣)さんから応援コメントをいただきましたので、ご紹介させていただきます!


////////////////////////


自然の中で、のびのびとあそぶ子ども達。


日本のどこにでもあった風景は、もう当たり前ではなくなってしまった気がする。



大学を卒業した後、NICEのワークキャンプにいくつか参加した。

全部子どもと関わる活動。


中でも白神山地の大自然の中で過ごした2週間は贅沢なひと時だった。

地域の方々とキャンパーと、子どもを囲んでいっぱいあそんだ。

みんなで一緒に山を登り、川であそび、美味しいごはんを食べた。


あれから8年。


子どもに関わる仕事に就いた。妊娠・出産を経て母になった。

子どもに囲まれての生活は充実しているが、しかし毎日が慌ただしい。


子どもともっとゆっくりあそびたい。と思う親や保育者はどのぐらいいるのだろうか。




話はそれたが

NICEの活動の中にある里山や集落を守ること。


それはそこに暮らす人のため、だけではなくて、

ワークキャンプを通して集まる人たちの、心のオアシスを守ることかもしれない。


我が子のあそび場を守ることになるかもしれないし、

日本の昔ながらの暮らしを伝えることかもしれない。


第二のふるさとになり得る場所を、簡単に失ってはいけないと思う。


私はNICEを応援しています。




国際ワークキャンプ今治実行委員会/NPO法人愛児園マミーランド

田坂由衣


プロフィール

NICEと共催し、夏に国際ワークキャンプの開催や通年での中長期ボランティアの受入を行い、子どもの成長や教育に関わるプログラムを実施。NICEが行う「ぼらいやー(旅×ボランティア×1年間)」の経験者でもある。


////////////////////////


「心のオアシス」ゆい(田坂)さん、素敵な言葉をありがとうございます!とても勇気と元気をいただきました!


ワークキャンプの活動を通じて、子どもたちに「第二のふるさとになり得る場所」「心のオアシス」を守りそして創って行きたいと思います。


地域や社会の課題の解決に向けて、一歩踏み出し行動できる人を増やし子どもたちの未来へつなぎたい。そのためにもコロナ禍に負けずワークキャンプを継続させて行きます。みなさま、ぜひ応援をよろしくお願い致します!


NICEマンスリーサポーターチーム

Katsu

34567820

NPO

NICE(日本国際ワークキャンプセンター)

〒245-0061

神奈川県横浜市戸塚区汲沢8-3-1

080-2347-3184

https://www.nice1.gr.jp/

Representative:開澤真一郎

Explore
  • For social challenges
  • For associates
  • For campaigns
  • For portfolios
About Syncable
  • For associate staffs
  • About us
  • Privacy Policy
  • Terms of Service (For supporters)
Inquiry

© 2021 STYZ Inc.All rights reserved
Privacy PolicyTerms of Service (For supporters)