General Association

学びの文庫

Donate

Social Education

1 followers

Vision

自律して / 学び直せる / 社会へ

more

Issues we are working on

学び直しはキャリアアップや転職等の機会とともに話題に挙がっているように思いますが、衣食住の変化、価値観の変化でも必要なことだと考えています。そして、学び直すためには、多様な情報がなければなりません。

現在、日本には、多くの図書館があり、多くの資料があります。またインターネット上にも様々な情報や活用できるオープンデータ等があります. しかし、地域や特定のジャンルの情報は、必ずしも多くの人々に必要というわけではなく、そもそもネット上に公開がされていなかったり、あってもデータベースが古くなり更新されないことや、個人の努力等で支えられている場合もあり、継続的に、安定して提供できているものばかりではありません。また、新たにオープンソースソフトウェア等を活用し、データベースを構築しようとしても、一定の知識と技術力がなければ難しく、 さらに、どれだけ資料やデータがあっても「誰もが」必要な情報を探し出し、理解し、活用につながらなければ、いずれ失われてしまうでしょう。

Why we are tackling this issue

日本では、今後、少子高齢化が進み、国や地方自治体における教育文化に関する予算は減少するだろうと考えられるなか、上記のような活動する団体、個人を支援する仕組みが必要です。

小規模で、利用者が少ない活動であるなら、消滅することも仕方がないという考えもありますが、それらが多くなされているほうが豊かな社会であり、あらゆる価値観の変化に対応し、多様な情報から学ぶためには必要だと考えています。また、整理された情報が散逸してしまうと二度と戻らないことや、もう一度整理するために大きな労力が必要になるため、たとえ小規模でも継続的な支援が重要です。

そこで、これまでの図書館経営の経験を活かし、情報の生産、流通、整理、活用、保存といった様々な段階に携わっていきたいと思いました。具体的には、図書館を運営し、データベースの作成・支援・公開や生活や独学に必要な文章読解、選書・本棚づくりプロデュース、情報検索、整理、学習スペース等の支援、レファレンス等を行っていきます。また、古書の買い入れや新刊・古書販売を通して、価値観が人から人へ渡る場をつくることや、図書館関連団体の支援、司書個人への支援にも取り組んでいきます。

How donations are used

法人運営に継続的に必要な資金として使用します。

具体的には、図書館を運営し、データベースの作成・支援・公開や生活や独学に必要な文章読解、情報検索、整理、学習スペース等の支援、文献検索、レファレンス等を行うために必要な資料費、通信費、人件費等です。

すでに、継続的な運営を念頭に、収益事業として新刊・古書店や協会・学会等事務局代行・支援業務を進めていますが、その利益だけでは活動を進めるためには不十分であるため、ご支援いただけますと幸いです。

General Association

学びの文庫

0529902385

https://manabibunko.or.jp/

Representative:小林晴子

Explore
  • For social challenges
  • For associates
  • For campaigns
About Syncable
  • For associate staffs
  • Fundraising Partner Program
  • Learn about Peer-To-Peer Fundraising
  • Brand assets
  • About us
  • Privacy Policy
  • Terms of Service (For supporters)
Services

© 2021 STYZ Inc.All rights reserved
Privacy PolicyTerms of Service (For supporters)