General Association

enGrab(えんぐらぶ)

Donate

Child

Woman Rights

Health

19 followers

Vision

enGrabは、10代のこども・若者に対して、地域の多様な人々とのつながりの場を提供することで、彼らが自己肯定感を育み自身の未来を主体的に選択して生きていくことができる地域環境づくりに寄与します。

more

Issues we are working on

私たちは、「こども・若者の社会的孤立」という社会課題に取り組んでいます。

行政の手が届かない ” 困難 ” を抱えるこども・若者たちに、適切な医療・保健支援を行うことで、” つながり ”と” 笑顔 ”を届けています。

日本のこども・若者を支える社会資源は不足しています。

こどもたちには、児童虐待や貧困、不登校、非行、予期せぬ妊娠、家庭不和、ひとり親家庭、ヤングケアラーなどの困難を抱えたとき、自ら相談できる相談窓口がほとんどありません。こどもは未成年であることを理由に、自身に関することの多くを自分で決め行動することができません。支援を受けるためには、親の同意が必要です。困難の一因が親にあるとき、親に頼れず、身動きが取れなくなります。また、こどものための社会資源はその多くが学校内にあり、不登校など学校とのかかわりが薄ければ利用しにくい状況にあります。

家庭、学校で十分にサポートが受けられない場合、多くの子どもは相談先がなくなり『 孤立 』してしまいます。

” 孤立 ”すると、自分の存在価値に自信がなくなり、だれかに頼るための社会への信頼を失い、” 自殺 ”へと至ります。

こども・若者のいのち、未来を守るために、私たちは「こども・若者の社会的孤立」という社会課題に取り組んでいます。

Why we are tackling this issue

私たちは、保健師、公認心理師、思春期保健相談士、看護師、養護教諭、保護司、社会福祉士、精神保健福祉士などの資格をもち、その専門スキルを活かして、行政の手が届かないさまざまな困難を抱えたこども・若者へきめ細かな支援を行っています。

具体的には、『相談窓口』『居場所づくり』『居住支援』を行っています。


①ユースクリニック(10代のための相談窓口)

 私たちは活動を通じて、妊娠不安を抱える女子中高生に出会います。ある少女は避妊に失敗して緊急避妊薬を求めましたが、親に相談できず費用負担の高さや産婦人科医に怒られるかもしれないという怖さから、適切な時期に緊急避妊薬を入手することができずにいました。私たちは、一緒に産婦人科へ受診して緊急避妊薬の費用を負担し、次の月経が来きて彼女が安心できるまでサポートします。また、性教育を行い今後の避妊方法などについて一緒に考えます。

 私たちは活動を通じて、児童虐待に耐える中高生に出会います。ある高校生は親を悪者にしないために児童相談所の介入を拒み、また高校に通い続けたいという想いから成人するまで家庭のなかで虐待に耐えることを選びました。私たちは、その子の気持ちを尊重し、本人がくるしさから死を選びそうになったときも支えとなり、数年間寄り添い、本人が親から離れられる日が来るまで伴走しました。

 ユースクリニックは、こども・若者が『当然の権利として』無料で自ら利用することができる相談窓口です。こころやからだ、性の悩みなどあらゆる悩みを専門家に相談できます。


②中高生のための居場所づくり

 私たちは、中高生が家庭と学校以外の場所で、信頼できる大人と出会える居場所づくりに取り組んでいます。中高生が抱えるさまざまな悩みは、親や先生に相談しにくい内容もたくさんあります。相談できる大人がいないという理由で孤立し困難が深まっていくことがないように、相談できる大人がひとつでも増えることを目指しています。

 私たちは活動を通じて、不登校の中学生に出会います。ある子はクラスメイトたちとの交流がしんどくて不登校を選びました。しかし、誰とも関わらず社会を拒絶したいわけではありません。私たちは、その子の気持ちを尊重し、個の空間とゆるいつながりを提供し信頼関係を築きました。その子は安心できる環境のなかで、いまでは夏祭りやハロウィンなど季節のイベントを仲間たちと楽しんでいます。

 私たちは活動を通じて、貧困の高校生に出会います。ある子は貧困を理由に友だちと過ごす学校の食堂や売店、登下校時のコンビニで買い食いをすることができません。友だちと過ごすとき、ひとりだけ同じ食べ物飲み物を共有できないことはすごく悲しく虚しくみじめな気持ちになります。私たちは、中高生の居場所で食べ物飲み物を無料で提供しています。誰もが無料で利用できるので、その子は劣等感を感じることなく友だちと流行りの飲み物を一緒に飲み、感想を言い合って楽しんでいます。


③居住支援

 私たちは活動を通じて、ヤングケアラーの中高生に出会います。ある子は幼いきょうだいの世話を担っています。時には自分の時間を過ごしたいという想いがありました。私たちは、その子が自分のためだけに時間を使えるように、家庭から離れてこころとからだを休める場所を提供しました。

 私たちは活動を通じて、家庭不和の若者に出会います。その子は両親が離婚して母親と一緒に暮らしていました。母親は新たなパートナーができ、義父との生活が始まりました。しかし、義父との相性が合わず家出をし、ネットカフェで寝泊まりしていました。そんな生活は続かずお金が底をつき、今日泊まる場所を失いました。私たちは、まずはその子に安心して眠れる部屋と食事、衣服を提供しました。詳しい事情を確認し、すぐに働くことは難しかったので市役所に同行して生活保護の手続きを行いました。生活保護の受給が決まり、新しい住居を見つけ生活が安定するまで伴走しました。


家庭や学校での大人との関わりのなかで、自分の存在価値への自信をなくし社会への信頼をなくしたこども・若者には、話をきいてくれる相談窓口があるだけではなく、安全・安心を手に入れるまで一緒に動く大人が必要です。

私たちは、こどもの人権を守るために活動しています。

How donations are used

・ユースクリニックにて、こども・若者の緊張したこころをほぐすための食べ物飲み物代(1人あたり500円程度)

・ユースクリニックにて、緊急避妊薬を購入するための費用(1件あたり7000円程度)

・中高生のための居場所でこどもに提供する飲み物代(1人あたり100円)

・中高生のための居場所を維持運営するための費用(賃料、光熱水費、食料費、ワークショップ材料費など)(1か月あたり50000円程度)

・中高生のための居場所づくりを手伝ってくれる大学生ボランティアへの交通費(1人あたり500円程度)

・居住支援に使用する住居の維持費(賃料、光熱水費、食料費、衣服費など)(1か月あたり50000円程度)

〒6610012

兵庫県尼崎市南塚口町4-1-19-209

08042348125

https://engrab.org/

Representative:桑原陣

Explore
  • For social challenges
  • For associates
  • For campaigns
About Syncable
  • For associate staffs
  • Fundraising Partner Program
  • Learn about Peer-To-Peer Fundraising
  • Brand assets
  • About us
  • Privacy Policy
  • Terms of Service (For supporters)
Services

© 2021 STYZ Inc.All rights reserved
Privacy PolicyTerms of Service (For supporters)