このキャンペーンは継続寄付になります。
このキャンペーンでは継続(毎月)での寄付を集めています。初回の寄付決済以降、毎月1日に自動的に初回に寄付いただいた金額と同額で決済が行われますので予めご了承ください。

40年目も、この先も、みんなの手で支援を届けるために。マンスリーサポーター100人募集!

寄付先:
認定NPO法人 日本国際ボランティアセンター(JVC)
キャンペーンへのご協力、誠にありがとうございました! キャンペーンは終了いたしましたが、団体ページにてご寄付は引き続き受付しております。  JVCを通して人々の暮らし・命を守る国際協力の輪を広げていただけましたら幸いです。 https://syncable.biz/associate/JVC/ ========================= 世界各国がCOVID-19の混乱に見舞われる中でも、一番大きな打撃を受けてしまうのは、弱い立場に置かれた人々です。たまたま弱い立場にある、ただそれだけで暮らしや命をを奪われてしまう人々に対して、「与える」のではなく「一緒に考え」、共に解決していく支援を、この先も続けていきたい……。 そんな願いから、JVCは活動を日本から支えてくださるサポーターの皆さんを、大募集しています。 海外の悲しいニュースを見て、「自分にも、何かできないだろうか」と考える……皆さんに、そんな経験はありませんか。わたしたち「日本国際ボランティアセンター(JVC)」はそんな思いから40年前に生まれました。 ■一人ひとりの思いがJVCの原動力 1970年代に、カンボジアやラオス・ベトナムでの紛争や虐殺などから命からがら逃がれてきた「インドシナ難民」たち。JVCは、その苦境をニュースで知り、いてもたってもいられない気持ちでタイの難民キャンプに駆けつけた日本の学生や会社員、主婦などのメンバーが、力を合わせて立ち上げた「市民の国際協力団体」です。 国際協力やボランティア、NGOという概念がまだ日本には浸透していない時代に、「困っている人がいたら同じ人間として何かせずにはいられない」と国境を超え、はじめてだらけの体験のなか、一人でも多くの難民を守るために必死で活動を開始してから40年。 ■みんなの力で世界を変えられる! JVCは今も、世界11の国・地域で、人々の暮らしを守り続けています。 大切にしてきたのは、現地の人々自身の力を信じ、声を聴きながら寄り添って支援をすること。そして、人々を傷つける社会問題の根本を探し、解決のために声を挙げることです。 一人の力は小さくても、集まれば大きな変化を起こせる。その思いを胸に、JVCは活動しつづけてきました。 みなさんの力が、世界の人々の暮らしや命を守る力になります。JVCの国際協力活動にぜひ、ご参加ください!
認定NPO法人 日本国際ボランティアセンター(JVC)
57,000円
/目標:150,000円
38%
¥57,000
現在の支援金額
43人
支援者数
終了
残り
継続寄付する
クレジットカード / Amazon Pay
※このキャンペーンは終了しました。
line
twitter
facebook
share

3月下旬から、パレスチナ・ガザ地区でもついにCOVID-19の感染者が出ています。

政治的な問題により、イスラエル政府によって14年も封鎖されてきた同地区は、人や物資の出入りもイスラエル政府の許可制です。面積は東京23区の2/3程度、10km×40kmの小さな地域に、栃木県や岐阜県の人口と同じくらいの、200万人がひしめき合って暮らしています。

普段から食料や燃料、電気など生活に必要なものも不足しがちで、とても厳しい暮らしを強いられています。また、経済も壊滅的な状態で失業率も約5割と非常に高く、国連などの援助なしでは生きていけない、そんな環境に人々は閉じ込められてきました。

医療物資も足りていない上に、イスラエル政府による度重なる空爆や、封鎖に反対するデモ隊への攻撃によって、病院には常に怪我人・病人があふれて医療現場は逼迫しています。閉じ込められ密集して暮らす人々の栄養状態も悪く、ウイルスが広がることによってたくさんの犠牲者が出ることが心配されています。

そんな中、JVCの活動地では、女性たちは子どもたちを栄養失調から守るための普段からの活動に加えて、コロナウイルスの予防対策を広めています。難民キャンプや貧困地区のお母さんたちには、ウイルスに関する情報が少なかったり、大切な家族を守るための判断に迷ったりと、不安でパニックになっている方もいます。そんな方々に、保健・栄養・衛生・子育てについてトレーニングを受けた地域の女性ボランティアたちが、SNSを通して寄り添い、カウンセリングを行っており、併せて感染予防知識の伝達を行っています。

そして、栄養失調が深刻な子どもたちへのフォローも欠かせません。人が集まる講習などは中止していますが、感染予防に気をつけながら、子どもの発育チェックなどできる形での活動をしています。
引き続き、特に弱い立場にある子どもたちやお母さん、家族の健康を守るため、地域の人々と力を合わせて、地道に支援を続けていきます。

たとえば月々500円のマンスリーサポートを12ヶ月続けると、子どもを栄養失調から守るための調理実習に、6人のお母さんが参加することができます。

命の危険にさらされ、人としての尊厳を保つことが非常に難しいガザ地区で、なんとか生き抜いているガザの人々がこれまで以上の危機に陥らないように、一人でも多くの人の健康や命を守れるように、皆様のお力で支えてください。

すでに応援してくださっている皆様も、記事やキャンペーンページのSNSでの拡散、紹介が力となります。
ご支援、どうぞよろしくお願いいたします。

===============
【キャンペーンページ本文はこちらから↓↓↓】
設立40周年!歩みを止めず必要な支援を届け続けるために。
マンスリーサポーター100人募集!
https://syncable.biz/campaign/897/


twitter
facebook

応援メッセージ

堀潤
堀潤
応援しています!
認定NPO法人 日本国際ボランティアセンター
作成者
認定NPO法人 日本国際ボランティアセンター
キャンペーンを通してご支援をはじめてくださり、本当にありがとうございます!! 皆さまとともに、より良い世界に向けて活動していきたいと思います。これからも、どうぞよろしくお願いいたします!
非公開
非公開
応援しています!
¥1,000
1年分のご支援で、内戦により壊されたスーダンの学校に机・椅子6台を設置し、子どもたち約30名がしっかりと授業を受けられるようになります。
¥3,000
1年分のご支援で、親をエイズで亡くしてしまったた南アフリカの子どもたち12人が、感染予防や子どもの権利など必要な知識について研修を受けることができます。
¥5,000
1年分のご支援で、ラオスの農村で、衛生的な水を確保するための浅井戸を1基、掘削することができます。
認定NPO法人 日本国際ボランティアセンター(JVC)
団体名

認定NPO法人 日本国際ボランティアセンター(JVC)

自然・環境保全 / 子どもの教育 / 国際協力
1980年に発足した国際協力NGOです。現在は世界11の国・地域で活動しています。 カンボジアやラオス、南アフリカ等の農村で生活の改善などの地域開発に取り組むほか、紛争の影響を受けるパレスチナやアフガニスタン、イラク等では紛争の影響を受ける人々への人道支援/平和構築を行っています。また、これら現場の声をもとに、政府・国際機関や社会への提言活動にも力を入れています。 今起きている問題に対して、直接現地の人々を支援するだけでなくその問題が起こる「根本原因」にアプローチすることをポリシーに活動しています。