ストーリー

■ 私と協会との繋がり

素粒水浄水器販売、地球防衛軍与一支部曹長の二宮知子と申します。


                                   
代表理事の恒吉さんが、薔薇の農薬の処理に素粒水をお使い頂いたことがきっかけで、仲良くして頂いております。温かいお人柄とお人様のために一生懸命走り回る恒吉さんが大好きで、少しでも応援したい気持ちで、一昨年は森を守るクリスマスリースを飾り、去年はクリスマスリースのワークショップなどの開催を致しました。


■ 私がこのプロジェクトのために寄付を集めようと思ったきっかけ


私の素粒水の活動テーマは、「未来の子どもたちに青い地球を残す」です。

日々、水を守る活動をしていますが、水の水源は山にあります。

日本は、世界第2位の森林大国にも関わらず、木材を輸入に頼っています。

山主さん達は手入れや相続の大変さから、簡単に外国人に日本の大切な山を売ってしまっています。

このままでは目の前の水を飲みたくても、その水源の所有権は外国のものだと主張され、自由に水を飲むことができなくなる日が来るかもしれません。

森守の活動は、水を守る、国を守る上でもとても重要であると思います。

そんな思いから、今年はサポートファンディングに挑戦してみることにしました。

■ 今回の取り組みへの想い

私は、浄水器販売の仕事を始めて10年になります。
始めた時は、地球環境のことを一生懸命話しても宗教と勘違いされたり、思うように伝わりませんでした。でも今は、世界がSDGsを叫ぶ時代になり、持続可能な取り組みに力を入れ始めています。

私一人の力は小さいかもしれませんが、皆さんと楽しくリースを作りながら、人との繋がりと自然との繋がりの場を作っていきたいと思います。

■ 今後このプロジェクトに期待すること

ひと昔前までは、ペットはペットショップで買うことが多かったですが、現在は、保護犬や保護猫の譲渡会がたくさん行われるようになってきました。

多くの人が、人間のエゴで環境破壊や生態系を狂わせていること、大切な命がまるで物のように扱われていることに気づき、元に戻そうと活動を始めています。

毎年楽しみに飾るクリスマスリースも、利益優先の工業製品を買うのではなく、こういった森や木こりを守る活動を支援するところで購入し、買い物は投票であることを認識する人たちが増える愛ある世直し活動の一端を担う取組になることを願います。


二宮 知子さんがサポートしている寄付キャンペーン

寄付集めをサポートしてみませんか?

サポートファンディングとは、クラウドファンディングの目標達成をサポートするために、自ら寄付キャンペーンを立ち上げて寄付を呼びかけることができる機能です。目標金額を設定して自ら寄付を集めることで今までよりももっと団体の力になることができます。

大きくない金額でもみんなですれば大きなサポートです。ぜひ以下のボタンからサポートファンディングを始めましょう!

団体を見つける
  • 社会課題から探す
  • すべての団体から探す
  • キャンペーンを探す
Syncableについて
関連サービス

© 2021 STYZ Inc.All rights reserved