補助犬ユーザーがもっと活躍できる社会へ!補助犬法成立から20年、全ての人が共生できる社会づくりのために、アウトリーチ型の発信とサポートを継続するためのクラウドファンディングに挑戦します!

寄付先

NPO法人 日本補助犬情報センター

日本補助犬情報センター

支援総額

1,540,695円

/ 1,500,000円

154%
150%
100%

支援総額

1,540,695円

支援者数

198人

残り

終了

このキャンペーンは終了しました

【報告】キャンペーン終了のお知らせと御礼

2022/11/10 11:26

この度は「全ての人が共生できる社会づくりのために、アウトリーチ型の発信とサポートを継続する」ことを目標としたクラウドファンディングキャンペーンにて、支援者となってくださった皆さま、そして今回のキャンペーンを応援し拡散して下さった皆さまに心から御礼申し上げます。

目標としていたネクストゴールの150万円も9日の20時過ぎに達成し、最終的に1,540,695円を198名の皆様からご支援をいただくことができました。本当に感謝と感動でいっぱいです。ありがとうございます!

私たちは、補助犬の社会における理解と普及を目指した活動とともに、障害者の社会参加・社会復帰を推進する事を目指しています。

認知に向けて活動を継続していますが、まだまだ補助犬の同伴受け入れ拒否がある現状を日々の活動の中で感じており、更に認知の必要があると感じています。この20周年を切り口とし、本キャンペーン以外にもきっかけや入口となるものを提供できるようにしていきたいと思い、今回のキャンペーンに挑戦することとなりました。

皆様からいただきましたご支援で、より多くの子どもたちへの出前授業の提供、様々なスタイルでの啓発活動の実施、そして情報アクセシビリティの強化を実施していきます。

私たちは全ての人が活躍できるようなインクルーシブな社会を目指しています。 補助犬同伴受け入れ拒否は、そのベースにある、障害理解が正しく認識されないと、なかなか解決しない問題でもあります。私たちの活動を通して、障害があるとかないとかに関わらず、同じ社会には様々な人たちが共生していること、インクルーシブな社会の実現が大切なこと、それは一人ひとりが知ることから始まるのだということを、伝えていきます。

改めまして、本当にありがとうございました。

NPO法人日本補助犬情報センター 橋爪・馳川


残り2時間の際にSNSでシェアした皆さんからのコメント画像もぜひご覧ください!たくさんの方からのご支援、本当にありがとうございました!!

「全ての人が共生できる社会づくりのために、アウトリーチ型の発信とサポートを継続する」ことを目標としたクラウドファンディングが、 10月1日からスタートし本日最終日となりました。

昨日は21時~SNS上でシェア祭りを開催し、本当にたくさんの方に当会のキャンペーンをシェアしていただくことができました!!!

改めて、皆さんからいただく大きな支援のお力に当会一同、感激しています…!!

ここまでたくさんの応援メッセージや応援の言葉、SNSでの拡散やフォローをいただくことができました。 改めて本当にありがとうございます。

おかげさまで無事、140万円を突破し、ネクストゴール達成まで残り10万円となりました! 改めて期間中に発信した記事のまとめコンテンツを紹介します!

■活動紹介まとめ

Loading...

■応援メッセージまとめ

Loading...
Loading...
Loading...
Loading...
Loading...

■活動報告まとめ

Loading...
Loading...

キャンペーンページも「残り〇時間」と、「時間」での表示になりました…!ここまで私たちも全力で走ってきました!

改めて毎日更新にお付き合いていただきありがとうございます。 残りの時間も駆け抜けますので、最後まで温かい応援をどうぞよろしくお願いいたします。

【岡村 智明 さん/カメラマン】

◆自己紹介をお願いします

フリーカメラマンの岡村智明です。広告を中心に企業のPR、宣伝のイメージ制作に携わってます。

◆当会との出会いを教えてください

犬雑誌での撮影経験も多かったので、仕事仲間の編集者に紹介いただき、介助犬たちの仕事ぶりを撮影させていただいたのが出会いです。20年近く前かな。

当時私もビーグル犬を飼っていたので、ユーザーさんのサポートをする補助犬たちの活躍に、驚いたことを覚えています。

◆今後の期待や応援メッセージをお願いします!

補助犬を必要とするユーザーの数と訓練を終えた補助犬の数が、全然合わないという現状のなか、常にユーザーさんの目線にたった、情報リリースや周知イベントの開催を精力的に行い続けていること、素晴らしい活動だと思います。そのことでユーザーさんに一頭でも多く補助犬をお届けできること、そして補助犬のことについて多くの人がもっともっと知ることに繋がることだと感じます。

この活動にはいろんな形で誰でもサポーターになることができることだと思います。私自身、自分だからできることを見つけていきながら、何かできるかを考える機会にしたいです。

◆岡村さんのプロフィールサイト、Facebookはこちら

Loading...

Loading...


*岡村さんには9月に横浜市役所アトリウムで開催した「ほじょ犬フレンドリー祭り」でも撮影をしていただきました!ユーザーさん、補助犬、参加者の皆さんのステキな表情が伝わる写真ばかりです。

【矢澤 修 さん/株式会社イースマイリー代表取締役・ソーシャルインパクトデザイナー】

◆自己紹介をお願いします

1983年生まれ。難病のある兄妹とともに育った原体験から福祉を学び、社会に出てからはITサービス業界にて様々な事業の立ち上げに従事しています。

2012年に株式会社ソーシャランドを創業し、ナショナルクライアントを中心にマーケティング支援事業を展開した後、社会課題の解決を目的とした事業を推進するため2016年に株式会社イースマイリー、2018年にNPO法人エースマイリーを創業しました。

ビジネスセクター、ソーシャルセクター双方での経験を活かし、ビジネスの仕組みで社会課題を解決する仕組みをつくる「ソーシャルインパクトデザイナー」として様々な事業開発を手掛けています。

◆当会との出会いを教えてください

日本補助犬情報センターとの出会いは、橋爪さん(*事務局注:当会専務理事兼事務局長)を共通の友人からご紹介いただいてからのご縁です。

今まさにご一緒に補助犬に関する「絵本」をつくっており、年末年始頃には完成できそうですが、今からとても楽しみです!

☆絵本に関するリリースはこちら!

Loading...

◆今後の期待や応援のメッセージをお願いします!

ご一緒させていただいている「絵本」を通して、盲導犬、聴導犬、介助犬について色々と学び、知る機会になりました。

お父さん・お母さん(*補助犬ユーザーさん)の目や耳や手の代わりとなり協働していくことで、障害のある方の生活がもっと豊かにでき、社会とのつながりが増やしていける、とても大切なパートナー。

このクラウドファンディングを通して、是非たくさんの人に知ってもらい、理解してもらい、多くの補助犬が活躍していける世の中になるよう応援させていただきます! 


【矢澤さんのプロフィールもぜひご覧ください!!】

矢澤さんの経歴▶

Loading...

矢澤さんの生い立ちについてはこちら▶

Loading...

12345610

NPO法人

日本補助犬情報センター

〒2230057

神奈川県横浜市港北区新羽町1688-1ユームニューウィングB203

0452757770

https://www.jsdrc.jp/

代表:佐鹿博信

団体を見つける
  • 社会課題から探す
  • すべての団体から探す
  • キャンペーンを探す
  • ポートフォリオを探す
Syncableについて
  • 掲載希望団体の方へ
  • 運営会社
  • プライバシーポリシー
  • 利用規約 (一般の方 / 掲載団体)
  • 特定商取引法に基づく表記
関連サービス

© 2021 STYZ Inc.All rights reserved