このキャンペーンは継続寄付になります。

このキャンペーンでは継続(毎月)での寄付を集めています。初回の寄付決済以降、毎月1日に自動的に初回に寄付いただいた金額と同額で決済が行われますので予めご了承ください。

【まもなく終了!】走るひろば「駄菓子屋カフェくるくる」をみんなに届けたい!応援してくれるマンスリーサポーターを募集!

寄付先

任意団体 まつどでつながるプロジェクト運営協議会

まつどでつながるプロジェクト運営協議会

支援者数

59人

/ 50人

118%
100%

支援総額

77,992円

支援者数

59人

残り

終了

このキャンペーンは終了しました

スタッフの想い ~くるくるボランティアスタッフ 小菅恒夫さん~

2022/4/4 13:34

3月25日から開始しましたマンスリーファンディング、これまでのみなさまのご支援・シェアありがとうございます!

あと40名のサポーター募集中です⇒

Loading...

今日から少しずつ、関わっているスタッフの想いを発信していきます。

トップバッターは、くるくるにはなくてはならない縁の下の力持ち、「つんちゃん」こと小菅恒夫さんです☆

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

キッチンカーを使って子育て支援の広場を出前すると聞いて、そんな事業は今までなかったよね、面白そうというのが最初の印象でした。

昨年3月のスタートから参加させていただき、広場に来てくれた子どもや大人たちが楽しそうにしている様子に元気をもらっています。

この広場に人が集い、くつろぎ、つながりが生まれる上で、駄菓子屋カフェは大きな役割を果たしていると感じています。

運営にあたるスタッフの皆さんの創意工夫や負担の大きさには敬服するところですが、同時に、この事業をより良いものに充実していくためには支援の拡がりも必要だなと思っています。

これからもこの「走るみんなの広場」がより多くの子育て家庭に届けられるよう願っています!!

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

【子ども子育て家庭の孤立を防ぐ!走るみんなの広場「駄菓子屋カフェくるくる」を応援してくれるマンスリーサポーター募集!】

4月30日まで!

50名の目標まであと40名!

Loading...

期間中は活動報告やメッセージをアップしていきます。ご支援、シェアのご協力をいただけたら嬉しいです!!

いつも応援ありがとうございます。

スタッフの山田です!

くるくるの活動が始まって1年が経ちました。

親子や子ども達の「また来てね!」の声に元気をもらい、スタッフも毎回楽しみに各地域に出向いています。

いつも盛り上がるのは駄菓子!

ママたちからは

「懐かしい~♡」

「ママ、この駄菓子好きだったんだよ~」

「これはこうやってたべると美味しいの!」

子どもたちからは

「駄菓子買いたくてお金ためたんだ。」

「これが10円ってちょーお得じゃない??」

「5円貯金を全部持ってきたんだよ!(100円分を5円玉でお支払い笑)」

ワイワイ言いながら駄菓子を選んでるのを見て

スタッフも思わず

「私もたべてみよ~っと!」

みんなに笑顔がこぼれます。

今は見なくなった

街の駄菓子屋さんの軒先では

こんな光景が日常だったな。

手に握りしめたお金で何が買えるか

一生懸命計算したひととき。

自分でお金を払って

商品を買える体験の場。

「これ下さい」

っていうのも最初はすっごく勇気のいる瞬間だったっけ。

そういう場を今の子ども達にも経験してほしくて

「駄菓子屋カフェくるくる」ができました。

移動する駄菓子屋さん。

これからも、もっともっとワクワクする場でありたい!

そんな場をこれからも、たくさんつくるんだ。

4月も行くからね~

キッチンカーってどんな風になっているの?

って思う人たくさんいると思います。

換気扇、網戸、床、壁、配線、シンク、照明…細かい基準が決められていて保健所を通すのが難しいのです😣

↑この写真は購入前の何もない車内。ここから何をどこに置くかの配置を考えて作っていきます。も~パズルです!

くるくるの車は換気扇とシンクと床ができている状態で納車されました。他にも必要な物は作る作戦に。自分達で作るということは安くすむということより、あとあと仕様の変化により構造の変更がしやすいということが利点でした。

実際夏に大きい冷凍庫を購入した時は使っていたテーブルを切って置くスペースを作ったのです。1つ◯万もするテーブルを設置して、後で必要なくなったり変更する可能性がある気がしていたのです。結果大正解。

 というのも自分のキッチンカーでガッチガチに作って変更するのが厳しい状況になってしまい……。

そう、自分のキッチンカーでの失敗をくるくるに活かしているわけです。

 

で、見て!このパンパンな車。

とてもキッチンカーとは思えないw

遊ぶスペースのために乳幼児〜小学生のおもちゃ、リユースの本、受付のセットや、子供がケガした時の救急セット、雨や日除け用にタープ、そして何気にかさばる駄菓子たち & etc。

ほんとに、すごい量の荷物を毎回出し入れしています。

軽バンに沢山の夢詰め込むためにスタッフは筋トレです!

皆の笑顔を想像しながら筋トレです!

 一緒に筋トレしませんか?

お手伝い大歓迎〜♪

シータこと中村愛子です。

くるくるの車改造、メンテナンス、メニュー開発、、買い物、仕込み、メニュー看板描き、SNS投稿、つまみ食い担当。

イベント当日はほぼキッチンカーの中で作業(昼過ぎまで)しており、あまり外に出ないレアキャラとなっております。

最新のCanDayにインタビュー記事がありますので手に取った方は是非見てくださいね。

567891011

任意団体

まつどでつながるプロジェクト運営協議会

〒271-0091

千葉県松戸市本町13-27子育てつながるセンターco-no-mi

07013623777

https://m-tsunagaru.com/
団体を見つける
  • 社会課題から探す
  • すべての団体から探す
  • キャンペーンを探す
  • ポートフォリオを探す
Syncableについて
  • 掲載希望団体の方へ
  • 運営会社
  • プライバシーポリシー
  • 利用規約 (一般の方 / 掲載団体)
  • 特定商取引法に基づく表記
関連サービス

© 2021 STYZ Inc.All rights reserved