このキャンペーンは継続寄付になります。

このキャンペーンでは継続(毎月)での寄付を集めています。初回の寄付決済以降、毎月1日に自動的に初回に寄付いただいた金額と同額で決済が行われますので予めご了承ください。

シリア難民の子ども達に夢が持てる環境を!コロナ禍でも途切れない教育を届けるために【150名のパートナー会員】を募集します。

寄付先

NPO法人 Piece of Syria

Piece of Syria

支援者数

75人

/ 150人

50%

支援総額

152,458円

支援者数

75人

残り

終了

このキャンペーンは終了しました

【東京外国語大学 青山弘之さん】からの応援メッセージ

2021/6/20 04:33

東京外国語大学の青山弘之と申します。シリアの政治について研究しているしがない学者です。

シリアには、1995年から97年にかけて学生(大学院生)として、99年から2001年には前の職場の仕事の関係でダマスカスに滞在していました。


シリアからは多くを学びました。今もいろいろなことを教えてもらっています。お世話になりっぱなしです。

シリアというと、2011年以降の紛争のため、テロ、戦争といった悲惨なイメージ、難民に代表される可哀想だというようなイメージが先行してしまいます。でも、シリアの人々はそうした困難を克服する力、才能、そして技術を持っています。

シリアへの関心が薄れるなかでも、そうしたシリアの人々とともに活動しているPiece of Syriaを心より尊敬しています。


東京外国語大学 青山弘之さん

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

青山先生、この度はパートナー会員になってくださり、ありがとうございます!Piece of Syriaの中野です。

日頃から、複雑で、かつ日々変わり続けるシリア情勢について教えてくださったり、シリアの方々とのご縁を繋いでくださったり、と本当にお世話になっている青山先生に、この度、パートナー会員になっていただけて、本当に嬉しく思っております!

本日6月20日は、青山先生にご登壇いただくイベントも実施できることも、とっても楽しみにしています!!

【日時】6月20日(日)19:00〜20:30(開場 18:50)

【申込】

Loading...

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

僕も青山先生と同じく、シリアの人たちにお世話になりっぱなしで、その恩返しになるように…と、少しでも多くの方にシリアの魅力を伝えられるように、希望を届けられるように、と活動を継続しております。

これからさらに、青山先生と一緒に活動を共にできることをとても楽しみにしています!


【青山先生のやさしい解説シリーズ】(全4回)

①世界史から見るシリア、戦争が始まった経緯

②シリアの国内の今、クルド民族主義勢力とはなにか

③米露など国際社会とシリア、戦争は「宗派の争い」が原因?

④シリアの未来、私たちができること



← 活動報告一覧へ戻る

NPO法人

Piece of Syria

〒558-0033

大阪府大阪市住吉区清水丘1-15-23

http://piece-of-syria.org

代表:中野 貴行

団体を見つける
  • 社会課題から探す
  • すべての団体から探す
  • キャンペーンを探す
  • ポートフォリオを探す
Syncableについて
  • 掲載希望団体の方へ
  • 運営会社
  • プライバシーポリシー
  • 利用規約 (一般の方 / 掲載団体)
  • 特定商取引法に基づく表記
関連サービス

© 2021 STYZ Inc.All rights reserved