任意団体

生命地域妙高環境会議

寄付する

自然・環境を守りたい

14人のフォロワー

ビジョン

愛らしいライチョウ、可憐な高山植物、美しい山の景観…。妙高の自然を守り、次の世代へつないでいくことを私たちは目指しています。

もっと見る

私たちの取り組む課題

ライチョウの保護と登山道の維持に取り組みます。


私たち「生命地域妙高環境会議」では、このたび「入域料」という取り組みを開始いたしました。妙高山・火打山に登山を計画されている皆様より、任意協力金として500円・もしくは1,000円を寄付していただき、ライチョウの保全活動や登山道の維持管理をより充実させていこうという取り組みです。


山を愛し、自然を慈しむ登山者の皆様からいただいたご好意を活かし、妙高の自然を次の世代に残していきたいと私たちは考えています。

なぜこの課題に取り組むか

「妙高山・火打山におけるライチョウの保護活動」「登山道の維持管理」は、これまで、主に国や地方自治体、山小屋などによって実施されてきました。


しかし近年、地球温暖化による生態系への影響はますます深刻化し、豪雨による登山道の荒廃など、新たな問題も発生しています。限りある人手と財源の中、妙高山・火打山の自然を守ることは、年々困難な状況になりつつあるのです。

寄付金の使い道

ライチョウの生態調査・保全活動

環境省と妙高市は、専門家と協力して妙高山・火打山のライチョウ生息状況調査を継続してきました。しかし、ライチョウの生息数は減少傾向が続いており、地域絶滅の恐れが生じています。近年では、ライチョウに不利と考えられる植生変化も発生しており、早急な対策が求められる状況です。

今回ご寄付いただいた協力金は、ライチョウが生息しやすい環境を取り戻すための植生回復をはじめとした生息環境保全活動に活用させていただきます。


登山道の維持管理

妙高山・火打山では、行政機関・民間団体の相互協力により登山道の維持管理を行なってきました。しかし同山域における登山道は非常に長距離に及び、豪雨災害等によって荒廃した登山道を復旧することが困難な状況です。登山道の荒廃は土砂の流出等の原因ともなり、登山者の安全のみならず地域の生態系にも深刻な影響を与えてしまいます。


今回ご寄付いただいた協力金は、登山者の皆様に安全かつ快適に登山を楽しんでいただき、周辺生態系への影響を最小限に止めるための登山道整備に活用させていただきます


【ご寄付いただいた方への特典】

記念木札については、前出の3つの登山口で、「オンラインによる事前支払い」を証明する画面を提示し、受け取ることが可能です(平日は、登山口の管理BOXに保管されている記念品をご自身でお受け取りください)。ライチョウバッジについては、「オンラインによる事前支払い」時に入力した住所に後日郵送されます(郵送には、最大1ヶ月程度掛かる場合があります)。


実施期間:令和4年5月1日(日)〜10月31日(月)

実施時間:5:00〜17:00

記念品(木札)受け取り場所:笹ヶ峰・燕温泉・新赤倉登山口の3箇所

任意団体

生命地域妙高環境会議

https://www.myokokankyokaigi.jp/
団体を見つける
  • 社会課題から探す
  • すべての団体から探す
  • キャンペーンを探す
  • ポートフォリオを探す
Syncableについて
  • 掲載希望団体の方へ
  • 運営会社
  • プライバシーポリシー
  • 利用規約 (一般の方 / 掲載団体)
  • 特定商取引法に基づく表記
関連サービス

© 2021 STYZ Inc.All rights reserved