一般社団法人

Green Zone Japan

寄付する

医療を支えたい

54人のフォロワー

ビジョン

医療大麻が持つ可能性について、科学的エビデンスに基づいた正しい情報を伝え、必要な人の手に医療大麻が届く環境を日本に整えることを目指します。

もっと見る

私たちの取り組む課題

海外での医療大麻研究の進展と臨床使用の実情を日本の方々によりよく知っていただくために、2017年7月3日、一般社団法人 GREEN ZONE JAPAN を設立いたしました。医療大麻を必要とする患者や希望する患者にいち早く届けられるよう、必要な研究が進み、制度が整備されることに寄与することを目的として、さまざまな活動を展開し、医療大麻に関する正しい知見を広く普及させることを目指します。

なぜこの課題に取り組むか

欧米には現在、オランダ、ベルギー、イタリア、ドイツ、イギリス、スペイン、ポルトガル、カナダ、イスラエル、ウルグアイをはじめ、医療大麻の使用が法律で認められている国が数多くあります。アメリカでは33州と首都ワシントンDCで医療大麻が合法であるほか、さらに17州で CBD に限っての使用が認められ、総合すると、何らかの形でカンナビノイドの医療目的使用が可能な州が過半数を大きく上回っています。

近代医療における医療大麻の使用は当初、ガンの化学療法に伴う吐き気を抑えたりエイズ患者の 食欲を促進したりといった目的が大半でしたが、人間の体内にエンドカンナビノイド・システムがあることが1990年代に発見されて以降、近年では、カンナビノイドが持つ、より多様でより積極的な治療効果に関する研究も盛んに行われるようになりつつあり、査読を経た学術論文も多数発表されています。

一方日本ではご存知の通り、大麻取締法によって大麻草の使用は厳しく禁じられ、研究さえ許されていません。医療大麻の恩恵を受けることができるかもしれない日本の患者には、その可能性が一切閉ざされているのが現状です。また、実際にどのように医療大麻が使用され、どのような病気に効果を示しているのか、入ってくる情報が少ないために、どう考えてよいかわからない人がほとんどです。

そこで Green Zone Japan では、海外で進む研究や最新の科学情報をわかりやすい形に翻訳し、無料で公開しています。

Loading...


寄付金の使い道

お寄せいただいた寄付金は、下記のような活動の資金として利用させていただきます。

• 海外から第一線の研究者や医師を日本に招聘しての講演会・セミナーの開催

• Green Zone Japan 主催の講演会・セミナーの開催

• 海外からの情報の翻訳

• ウェブサイトの運営と維持

• 出版物・教育啓蒙用配布物の制作

https://greenzonejapan.com

代表:正高佑志

団体を見つける
  • 社会課題から探す
  • すべての団体から探す
  • キャンペーンを探す
Syncableについて
関連サービス

© 2021 STYZ Inc.All rights reserved