This campaign is for continuing donation.

This campaign is for recurring (monthly) donations. Please note that after the initial donation payment, the payment will automatically be made on the first day of each month at the same amount as the initial donation.

【まもなく終了!】走るひろば「駄菓子屋カフェくるくる」をみんなに届けたい!応援してくれるマンスリーサポーターを募集!

For

Voluntary Association まつどでつながるプロジェクト運営協議会

まつどでつながるプロジェクト運営協議会

Total Donors

59

/ 50

118%
100%

Total Amount

¥77,992

Total Donors

59

Remains

Finished

This campaign has been finished.

サポーターインタビュー① 地域全体で子育ての課題に向き合える繋がりづくりを目指して。公務員である私が考えるサポーターとしての関わり方とは?

2022/4/26 21:04

本日は、今回のキャンペーンでマンスリーサポーターとなっていただいたY.Sさんに、まつどでつながるプロジェクトとの関わり方や、駄菓子屋カフェくるくるに期待すること、サポーターとなった理由についてなど、沢山お話を伺いました!

━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━

Q、まずは自己紹介からお願いいたします!
Y.Sと申します。今は公務員として働いています。
もともと地域の居場所や繋がりづくりに関心があり、大学で生涯学習・社会教育に触れてから、それを仕事にしたいと思うようになり公務員になりました。
入庁後は社会教育主事として約8年間、シニアや子育て世代の学びの場の提供や講座の企画に携わらせていただいた後、現在は子ども関係の部署で仕事をしています。
また、個人の活動として地域のワーキングママ向けのコミュニティ運営も行っています。


Q、松戸を知ったきっかけや、来た理由はなんでしょうか?

公務員として働くための資格を取得するために、大学では社会教育を行っているさまざまな施設を訪問し、実習に参加していたのですが、その訪問先の一つが「ゆうまつど」という松戸の女性センターでした。それが最初に松戸を知ったきっかけです。その後、就職と同時に松戸に引っ越してきた経緯があります。


Q、まつどでつながるプロジェクトとの出会いや、現在の関わりを教えていただけますか?

まつどでつながるプロジェクトの代表である、MamaCanの山田さん、まつどNPO協議会の阿部さん、さんまの石川さんとは、もともと仕事上で接点があり、人が入り口でまつどでつながるプロジェクトの存在も知りました。
また、私自身も3児の母であるため、まつどでつながるプロジェクト主催のイベントに参加させていただくことも多々あり、今の関わり方で言えばサービス利用者としての接点が比較的大きいかなと思っています。


Q、まつどでつながるプロジェクトさんの活動の特徴をお伺いできますでしょうか?

そうですね、これは私が公務員として仕事をしているために尚更感じるところなのかもしれませんが、まつどでつながるプロジェクトの皆さんは、行政と市民活動のそれぞれの役割を認識した上で、その間を埋めるための歩み寄りをしてくださっているなと感じます。
プロジェクト内で進められている事業自体も、必要だけど手が届いていないようなところに対して、常に挑戦されていると感じます。
今回の「駄菓子屋カフェくるくる」のような取り組みもまさにその一例だと思っていまして、課題に対して、より細やかで密着した対応を取られていると感じますし、そのような姿勢を応援したいなと思っています。

Q、今回サポーターとなってくださった理由についてお伺いできますでしょうか?

地域のつながりを作っていってくださることに対する期待と、まつどでつながるプロジェクトの皆さんへの信頼が、今回サポーターになった大きな理由です。
また、「駄菓子屋カフェくるくる」の事業自体もとても良い取り組みで、応援したいなと思えます。なかなか子どもと一緒に”気軽に”外へ足を運べないご時世だからこそ、定期的に向こうから来てくれる居場所は親としてありがたいものです。販売しているもの(駄菓子)も気軽で、人が”自然に”集える良い仕掛けを提供されているなと感じます。人に対する温かい想いが感じられる取り組みですよね。


Q、駄菓子屋カフェくるくるやプロジェクトの取り組みについて、もっとこうなったらいいなと思うことはありますか?

これから駄菓子屋カフェくるくるに集まってきた人たちが徐々にコミュニティとして形作られてきた時に、選挙の話など地域のことが堅苦しくなく話題としてあがり、対話ができるようになると良いなと考えています。
そういった仕掛けやイベントがあれば、サポーターとして積極的に関わっていきたいです。あとは純粋に一緒に楽しみながら場を作っていけたらとも思っています!
キッチンカーの中を見たり、みなさんが着ている制服を私も着てみて、1日くるくる運営体験みたいなこともしてみたいです!(笑)


Q、最後に今回のキャンペーンへの応援メッセージやまつどでつながるPJTの活動へ期待することをお伺いできますでしょうか?

地域の子どもやそれを見守る大人たちを含めて、より良く生きていく人、幸せに過ごす人を増やしたいという強い想いを、まつどでつながるプロジェクトのメンバーの皆さんからは常に感じています。
今回推し出しているのは「駄菓子屋カフェくるくる」ですが、こういった取り組みをきっかけに少しずつ人と人とのつながりが広がっていくことを期待しています。また、私個人としては、それを地域全体で持ち上げていくような気運が高まっていくと良いなとも思っています。一緒に盛り上げていきましょう、応援しています!


<<まつどでつながるプロジェクトからのコメント>>

まつどでつながるプロジェクト運営協議会の竹内です。

現在、プロジェクト内では当事者の方と接する機会が少ない担当のため、今回のインタビューで声を直接聞けるということはとても貴重な体験になりました。
力になりたいということでインタビューのご協力をいただきましたY.Sさんには感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました!


今回のキャンペーン活動をしながら元々プロジェクトとつながりを持っているからこそサポーターまでは…と思われる方も多いのではないかと思っておりましたが、お話をお伺いした中で顔が見えるからこそ信頼して頑張ってほしい気持ちからサポーターになったというお言葉をいただけたことが力にもなり、期待にお応えできるように頑張りたいという気持ちにもなりました!


また、Y.Sさんからお話を聞く中でこんな企画があったらやってみたい!というワクワクするお話もいただき(インタビューの中でその時間が一番盛り上がった印象です♡)、サポーターになってくださった方々の駄菓子屋カフェくるくるを通して地域の方々や子どもたちとこんなことがしたい!出来たらいいな!ということを一緒に実現して行き、その中でサポーターさん同士のつながりも生まれていったらいいなと感じております。


━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━


引き続きマンスリーサポーターとして、親子・子どもの遊びとくつろぎを乗せて、市内を回るキッチンカー「駄菓子屋カフェくるくる」を応援してくださる方を募集しています!

キャンペーン終了まで残り5日!ぜひサポーターへのお申込み、よろしくお願いいたします。


本日はまつどでつながるプロジェクトの拠点でもある子育てつながるセンターco-no-miでのイベント✨
「フリマカフェこのみ」に出店!
ピッカピカのお天気☀
みんな来てくれるかな♪と楽しみ半分・不安半分です。

いろんな場所に出店しているキッチンカー🚙
その場所によっていろんなくるくるの顔があるように思います。

今日のくるくるはこんな感じ👀
ひょっこりキッチンカースタッフが見えます♡

駄菓子もたっくさん用意しました😊
かわいいお客さんが喜んでくれたよ♡スタッフもほっこり笑顔になります!

あ、そうそう。
駄菓子って、実はね…
子どもだけじゃなくて大人にも人気なんです!
これ懐かしい~🎵って手に取っていただけることも♡

そんな時には懐かし~い子どもの頃について話にはながさくことも。
子どもも大人も楽しい場所!

さて
受付では健康チェックシートを書いてもらっているのですが✏
赤ちゃんを抱っこされていた方に受付スタッフが抱っこしますよ~🎵とお声がけ。
かわいい♡懐かしいサイズ感♡
その後もママが見ている間スタッフと一緒にゆらゆら😊
ママも少しゆっくりできたかな?
赤ちゃんのかわいさにみんなニコニコ、抱っこさせてくれてありがとうね♡


お昼過ぎからは学校帰りのキッズたちが駄菓子にたこせんに大喜びです。
スタッフの子どもたちも集まってキッチンカーのお手伝いをしてくれました!お店屋さんって楽しいよね~😊褒められて嬉しいよね☆
…なんか…わくわくする企画が生まれそう!


「駄菓子屋カフェくるくる」これからも行ったことのない場所での開催や新しい企画をしていきたいと思っています🚙

そのためにはみなさんのご協力が必要です‼

キャンペーン終了まで残り5日!
目標達成まで21名‼みなさまのご支援を何卒よろしくお願い致します!

昨年から市内各地域に出向いているくるくるですが、今日はこの一年間の活動の様子を一部ご紹介します!

【おにぎりチャレンジ】

キッチンカーのメニューは、この一年試行錯誤の連続でした。その中でイベント的にチャレンジしてみたのが、キッズ考案の🍙をメニューにするという「具ぐっと!おにぎりチャレンジ」。

キッチンカーで出せるかな…?集まるかな??と不安はありつつも、子どもたちの自由な発想を楽しみにしていました。

スタートしてみると、予想に反してたくさんの子ども達が応募してくれました!これは一部です。

4種類まで絞って、まずは試食!

ん~💦どれも美味しくて迷う…

結局、「ひじきのおにぎり」と「カルボナーラおにぎり」に決定しました☆

おにぎりは1か月間、キッチンカーの目玉商品として販売。好評でしたよ!

また子どもたちとのコラボ企画チャレンジしてみたいです~!

【初めてのだっこ】

活動スタートの頃、わざわざ市外から足を運んでくださったママさんがいっらっしゃいました。

コロナ真っ只中。家の近くではイベントも全て自粛、行けるところがほとんどない状態だとおっしゃっていました。

見かねた松戸にお住いのご実家のお母様が、「うちの近くでこんなのあるらしいわよ」と声をかけてくださり、わざわざお越しになったとのことでした。

お子さんはお二人、下の子は8ヶ月くらい。マットの上に乗せた途端、ママを探し始めました。ママは少しその場を離れていたのですが、顔がだんだん歪んできて…思わず抱っこしたら…え~ん💦

戻ってきたママが「すみません…この子、産まれて初めて家族以外の人に抱っこしてもらったんです…。上の子はよくお出かけしていたんですけど、この子はこういう場に来たのも初めてで…なので不安だったけど、来てよかった。」とつぶやくようにお話ししてくださいました。

赤ちゃんは泣くのが仕事、泣いても大丈夫。

ママには少しだけでも一人の時間を満喫してほしいと思ったので、その後もしばらく赤ちゃんとのお散歩を楽しみました♡

他にもたくさんのエピソードが毎回のように生まれています。

これからもどんな親子や子ども達に会えるかとても楽しみです!

【ライブ配信イベントのお知らせ】

4/27(水)、まつどでつながるプロジェクトYouTubeチャンネルにてライブ配信イベントを行います!

駄菓子屋カフェくるくるスタッフの石川と、「誰もが生まれてきて良かったと思える社会をともにつくる」というミッションを掲げ活動している、かものはしプロジェクトの日本事業担当マネジャー、五井渕さんとの対談形式のライブ配信イベントです。

YouTubeチャンネルへのチャンネル登録をお願いします!

Loading...

イベントに参加して下さる五井渕さんが、駄菓子屋カフェくるくるへの想いを綴ってくださいましたのでご紹介させてください⇒

Loading...

3/25にスタートしたクラウドファンディング「マンスリーサポーター様の募集キャンペーン」ですが、昨日もお伝えした通り27名の方にサポーターになっていただき、達成率50%を越えることができました。
私たちの想いが伝わるのか…?と不安に感じながらのスタートでしたが、
リアルでお会いした方からも応援の声を頂くなど、皆さんの温かいお気持ちに毎日感激しています。
これまでにご支援、ご協力いただいたみなさま、本当にありがとうございます!

先日、サポーターになってくださった方からお話を伺う機会があったのですが

・子ども達だけで行ける安心安全な場が失われてきていること
・それにもまして、コロナ禍で地域のお祭りやイベントがなくなって子どもたちが寂しい思いをしていること
・駄菓子が並ぶお店に行くと、大人になった今でもワクワクする気持ちになること
・子どもの頃は、駄菓子を買うワクワク感だけじゃなく、その場にいる大人や子ども達とのおしゃべりが楽しかったこと
・今だからこそ、このキッチンカーをきっかけに、たくさんの子ども達や親子にそんな気持ちを体験してほしいと思った
・そんな場を作っている皆さんの後押しをしたいと思った

というお気持ちを聞かせてくださいました。

現在サポーターとなっていただいた方は、いつもまつどでつながるプロジェクトを応援して下さる方、自分の地域にも来てほしい!と思ってくださっている方、実際にくるくるに足を運んでくださっている方、面白そうだな!と思ってくださった方…と様々です。
皆さんの想いを正面から受け止めて、もっとワクワクする場をたくさん作っていきたいと思います。

またサポーターとなっていただいた皆様にもくるくるを体感してもらい、いろいろな形で場づくりにかかわってもらえたら嬉しいなと考えています。
その証として…。サポーターの皆様には、クラウドファンディング後に子どもたちと制作した「駄菓子屋カフェくるくる マンスリーサポーター証」を進呈いたします。
くるくるにお越しになる際には、是非お持ちください。照り焼きコッペパンの照り焼きが2倍増しで出てくるかもしれません…!
わくわくのイベントも考えているので、乞うご期待です!!

【駄菓子屋カフェくるくるマンスリーサポーター様のかかわり(一例)】

●駄菓子屋カフェくるくるから感謝のサービス!(何かしらサービスしちゃいます♡)

●イベントや出店の詳細、楽しい企画などの情報を随時お届け

●くるくるの企画や運営に対してのご意見やアイディアを頂く・出店場所のご紹介等

●ボランティアスタッフとしての関わりも大歓迎です!

まだサポーターへのお申込みをご検討中の方もいらっしゃるかと思います。
目標の50名まであと23名、達成まであきらめずに想いを伝えていきます。

一人でも多くの方にサポーターとなっていただけることを楽しみにしています! 

34567811

Voluntary Association

まつどでつながるプロジェクト運営協議会

〒271-0091

千葉県松戸市本町13-27子育てつながるセンターco-no-mi

07013623777

https://m-tsunagaru.com/
Explore
  • For social challenges
  • For associates
  • For campaigns
  • For portfolios
About Syncable
  • For associate staffs
  • About us
  • Privacy Policy
  • Terms of Service (For supporters)
Inquiry

© 2021 STYZ Inc.All rights reserved
Privacy PolicyTerms of Service (For supporters)