【あだち・わくわく臨時便】コロナによる一斉休校に対応して、臨時でひとり親家庭に無料の食品をお届けします!

寄付先

一般社団法人 チョイふる

一般社団法人チョイふる

支援総額

33,000円

/ 50,000円

138%
100%

支援総額

33,000円

支援者数

4人

残り

終了

このキャンペーンは終了しました

【あだち・わくわく臨時便終了しました!】

2020/3/25 16:07

一斉休校への臨時対応として、20世帯のひとり親のご家庭に食品をお届けすることができました。

お手伝いくださった方々、本当にありがとうございました!

継続的にご家庭と「つながる」ことが大事なので、4月以降も月に1回という無理のないペースで続けていきます!

ここであらためて「あだち・わくわく便」で実現したい理想をお伝えさせてください。

【世代間の貧困の連鎖を断絶し、子どもが自分の将来を諦めなくて済む社会に!】

経済的困窮等が原因で「教育格差」が生じているのが現代社会です。

つまり、子ども自身には選べない生まれた環境によって、人生が左右されてしまう現実があるということです。

その現実を変えるために実施していることが、次の4つです。

①食品等を定期的に『とどける』
②課題の把握のためにLINEで『つながる』
③既存の支援に『つなげる』 
④適切な育児を『うながす』

この4つのアプローチで、子どもを取り巻く家庭環境を改善し、子どもが自分の人生を自分の力で切り拓いていける力(≒生きる力、非認知能力)を身につけられる環境を整えていきます。

【ボランティアスタッフWanted】

上記の理想に共感してくださる方、ボランティアをしてみませんか?

具体的には、
✅企業や個人の方からのご寄付でいただいた食品の仕分けボランティア
✅仕分けした食品を各ご家庭まで配送する配達ボランティア

を募集中です!
🔽

Loading...

ご関心のある方、1度お茶でもいかがでしょうか☺
どうぞよろしくお願いいたします!

コロナによる一斉休校で、子どもたちはストレスを感じていると思います。

聞いた話によると、近所の公園で遊んでいても見回りの先生が「個別に遊びなさい!」と注意したり、帰宅するように声をかけるそうです。

そうなると、子どもたちのあり余ったエネルギーの発散場所は家の中に集中してしまいます。。。

ひとり親で育児と仕事を両立しなければいけないお父さん・お母さんはかなり大変です。

さらに、収入も下がり、

来月以降、どうやって生活をしていけばいいのか、、、と常に不安を感じているのではないかと思います。

そこで、通常月1回の食品提供ですが、「あだち・わくわく臨時便」として、3月は2回実施することにしました。

3/14(土)はその1回目でした。

第2回目は3/21(土)です。

少しでも、育児にかかる負担を軽減できるように活動をしていきたいと思います。

引き続きあたたかいご支援をいただけますと幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします!

コロナによって子ども食堂を中止せざるを得ない状況に追い込まれた「あだち子ども食堂たべるば」さん

そこで、女将の川野さんがお弁当を配達するプロジェクトを始めました!

たべるばに通う子どもたちを中心に、

臨時休校開始の3/2(月)から5日間で、35軒・114個のお弁当を届けました!

あだち・わくわく便も配送面でお手伝いさせていただいています。

来週からもっと配達先を増やしたい!!

サポートをどうぞよろしくお願いいたします。

1

一般社団法人

チョイふる

05055262463

https://choice-ful.or.jp/

代表:栗野泰成

団体を見つける
  • 社会課題から探す
  • すべての団体から探す
  • キャンペーンを探す
  • ポートフォリオを探す
Syncableについて
  • 掲載希望団体の方へ
  • 運営会社
  • プライバシーポリシー
  • 利用規約 (一般の方 / 掲載団体)
  • 特定商取引法に基づく表記
関連サービス

© 2021 STYZ Inc.All rights reserved