40年目も、この先も、みんなの手で支援を届けるために。マンスリーサポーター100人募集!

寄付先:
認定NPO法人 日本国際ボランティアセンター
キャンペーンへのご協力、誠にありがとうございました! キャンペーンは終了いたしましたが、団体ページにてご寄付は引き続き受付しております。  JVCを通して人々の暮らし・命を守る国際協力の輪を広げていただけましたら幸いです。 https://syncable.biz/associate/JVC/ ========================= 世界各国がCOVID-19の混乱に見舞われる中でも、一番大きな打撃を受けてしまうのは、弱い立場に置かれた人々です。たまたま弱い立場にある、ただそれだけで暮らしや命をを奪われてしまう人々に対して、「与える」のではなく「一緒に考え」、共に解決していく支援を、この先も続けていきたい……。 そんな願いから、JVCは活動を日本から支えてくださるサポーターの皆さんを、大募集しています。 海外の悲しいニュースを見て、「自分にも、何かできないだろうか」と考える……皆さんに、そんな経験はありませんか。わたしたち「日本国際ボランティアセンター(JVC)」はそんな思いから40年前に生まれました。 ■一人ひとりの思いがJVCの原動力 1970年代に、カンボジアやラオス・ベトナムでの紛争や虐殺などから命からがら逃がれてきた「インドシナ難民」たち。JVCは、その苦境をニュースで知り、いてもたってもいられない気持ちでタイの難民キャンプに駆けつけた日本の学生や会社員、主婦などのメンバーが、力を合わせて立ち上げた「市民の国際協力団体」です。 国際協力やボランティア、NGOという概念がまだ日本には浸透していない時代に、「困っている人がいたら同じ人間として何かせずにはいられない」と国境を超え、はじめてだらけの体験のなか、一人でも多くの難民を守るために必死で活動を開始してから40年。 ■みんなの力で世界を変えられる! JVCは今も、世界11の国・地域で、人々の暮らしを守り続けています。 大切にしてきたのは、現地の人々自身の力を信じ、声を聴きながら寄り添って支援をすること。そして、人々を傷つける社会問題の根本を探し、解決のために声を挙げることです。 一人の力は小さくても、集まれば大きな変化を起こせる。その思いを胸に、JVCは活動しつづけてきました。 みなさんの力が、世界の人々の暮らしや命を守る力になります。JVCの国際協力活動にぜひ、ご参加ください!
認定NPO法人 日本国際ボランティアセンター
57,000円
/目標:150,000円
38%
¥57,000
現在の支援金額
43人
支援者数
終了
残り
寄付してメッセージを贈る
クレジットカード / Amazon Pay
※このキャンペーンは終了しました。

昨晩、約二ヶ月にわたり開催していたこのキャンペーンが終了いたしました!
最終日はシェア祭りなどを通して盛り上がり、最終日だけで14名ご参加くださるという怒涛の勢いでのフィニッシュでした。

目標の100人には届きませんでしたが、数字ではない、と言い訳でも強がりでもなく、心から思います。

今回のキャンペーンで様々なかたちでJVCを応援し、ご参加くださったお一人お一人のお気持ちが本当に心からありがたく、感謝の気持ちでいっぱいです・・!!

JVCは皆様のご支援があってこそ、と折にふれ発信をしていますが、今回のキャンペーンで改めて、身にしみて感じました。
JVCは「参加する一人ひとりが星となる、星雲とも、群れなす星雲とも呼べるもの」。これはJVC初代事務局長・星野昌子さんの言葉ですが、本当に、JVCの活動に参加してくださる方々全員が「JVC」なんだと思います。

40年前、海を超えた場所で苦しむ人々に対して、いてもたってもいられず駆けつけた人々は、学生だったり、主婦だったり、国際協力のスペシャリストが集結したわけではありません。
そうした市民の思い、そして「助けてあげる」一方的な関係ではなく「同じ人間として」ともに問題解決に向かう姿勢は40年間変わることなく受け継がれてきました。

世界を変えていくのは国でも、大企業でもないはずです。ときに自分自身の無力さにどうしようもない気持ちになるかもしれません。
しかし、一人ひとりの声が、行動が集まれば大きなうねりを生み出します。世界を変えられる力を、私たち一人ひとりが持っていると信じています。

キャンペーンわ終わってもJVCの歩みが止まるわけではありません。
「市民による国際協力NGO」として、皆様とともに、すべての人が安心して暮らせる世界の実現に向けて一歩一歩進んでいけたらと思います。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします!

twitter
facebook

シェア祭りでの応援、誠にありがとうございます!!
なんと最終日の本日で7名もの方に新たに応援をはじめていただきました!
皆様、本当にありがとうございます・・!!

そして、夜分の更新申し訳ありません。。
駆け込みで、応援メッセージをいただきましたのでご紹介させてください・・!

戦争や差別、貧困などの社会課題を様々な形で伝え、解決に向けて行動を起こすきっかけをつくることを目指すメディアNPO「Dialogue for People(D4P)」として活動するフォトジャーナリストの佐藤慧さん・安田菜津紀さんからのメッセージです。

=========
誰かの声に耳を傾けるとき、国境線を気にする必要があるのでしょうか。人種や宗教、性別や年代の違いで、その命の尊さに違いはあるのでしょうか。

僕たちの生きているこの社会は、まだまだ未熟で、多くの間違いを繰り返します。けれども、ひとりひとりの足でしっかりと刻み付けた一歩は、必ず次の誰かが、より良い社会を築いていくための礎となります。

JVCが歩んできた40年は、そんな無数の足跡を残してきたと思います。そしてこれからも、未知の荒野に希望の灯火を掲げ、力強く前へ進んで行くことでしょう。同時代に生きるものとして、その歩みと共に在れたら幸いです。

フォトジャーナリスト
佐藤慧さん

ーーーーーーーー

「日本も大変なことがたくさんあるのに、どうして国際支援が必要なの?」そんな問いに、皆さんはなんと答えるでしょうか?遠くの人の痛みが他人事であれば、近くの人の苦しみにも気が付くことができないはずです。「では、何ができるだろう?」と考えたとき、JVCの活動を通して、そこに生きる人々の声に触れてみて下さい。小さくても、持ち寄れる役割がきっと、見つかるはずです。

フォトジャーナリスト
安田菜津紀さん
=========

JVCはお二人と、イベントの共催や活動地取材など、様々な形で協働させていただいてきました。
D4Pは国内外の様々な人々にあたたかな目線で寄り沿い、現地の人々の思い・状況を発信をされていて、最近の発信としては、イラク・シリアの取材レポートが動画でご覧いただけます。



なぜ国際協力なのか、その問いは携わる人間についてまわる疑問だと思います。答えは様あまあると思いますが、安田さんの最近の記事にあるようにやはり、「無関心」でいてはいけない、と思っています。
誰かを思いやる気持ちが広がっていく社会づくりに、JVCなりに貢献していけたらと思っています。

そして、JVC代表理事・今井からのメッセージでもお伝えしたように、私たちは国や宗教を超えて独立した「NGO」として、皆様とともに歩み続けます。

キャンペーンが終わっても、JVCの歩みはとまりません。これからも、皆様と一緒に一歩一歩進んでいけたらと思います。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

twitter
facebook

約二ヶ月のキャンペーンもいよいよ最終日、これまで応援してくださった方、本当に本当にありがとうございます!

最後は、JVC代表理事今井からのメッセージをご紹介いたします。



=========
JVC代表理事の今井高樹です。
私には、今でも忘れられない光景があります。

2016年9月、南スーダンの首都ジュバ。ナイル川の対岸にある教会の敷地には、戦火によって住む場所を追われた人びとが木陰に集まってゴザを敷き、疲れきった表情で座り込んでいました。

食事といえば、1時間歩いて採ってきたという野草を鍋で茹でるだけ。それでも小さな子どもには固すぎるからと、自分が噛んですりつぶしたものを口うつしで子どもに食べさせる母親たち。「この何日かで、子どもがふたり死んでしまった。食べ物がないからね、病気になるとすぐに死んでしまう」孫を亡くしたという年配の女性の言葉が耳に残りました。

数日後、私たちは市内を駆け回って支援のための食料を調達。武装勢力への物資の「横流し」を警戒する検問所を交渉の末に通過し、ナイル川の橋を渡って、この避難民グループに半月分の食料を届けることができました。当面の危機は回避されました。

国連や国際NGOが支援を行う中、当時、日本政府は日本人の南スーダン渡航を制限していました。特に、政府の補助金を得て活動していた日本の団体は、日本人の派遣が全く認められていませんでした。

そのなか、JVCは皆様からのご寄付によって日本のNGOとして唯一現地に日本人スタッフが現地にいき、支援が行き届いていないキャンプのリサーチなど現地のニーズを見極めて活動をおこなうことができました。

政府とは独立した「NGO」として活動を行うためには、市民の方々のご寄付に支えられていることがとても重要です。

しかし、いまのJVCに、そうした資金が潤沢なわけでは決してありません。世界で起きている様々な危機の中、困難に直面する人びとを支えていくためには、市民の皆さんからの継続的なご支援であるマンスリー募金が、ぜひとも必要です。
どうぞ、応援よろしくお願いいたします。
=========

メッセージにもあるように、必要な支援を迅速に届ける、それは今のウィルスの危機についてもいえることです。
実際にアフガニスタンでは感染予防の啓発を開始しましたが、それは、政府の意向などにとらわれない、皆様のご支援があってこそです。

私たちJVCは国境、人種、宗教、様々なボーダーを超えて「市民」として世界に連帯をつくり、一人ひとりの力を集めることで世界を変えていこうとしています。

変化を生み出すのには、あなたの力が必要です。ぜひ、応援してください!

【ラストを盛り上げる!シェア祭り開催しています。】
また、現在シェア祭りを19~23時で開催しています!残り数時間を盛り上げていただけますと幸いです!

詳細は下記をご覧ください。
Facebook
https://www.facebook.com/events/653869542063047/

Twitter
https://twitter.com/ngo_jvc/status/1255656344805232640

最後まで駆け抜けたいと思います!どうぞよろしくお願いいたします!


twitter
facebook

....

応援メッセージ

堀潤
堀潤
応援しています!
認定NPO法人 日本国際ボランティアセンター
作成者
認定NPO法人 日本国際ボランティアセンター
キャンペーンを通してご支援をはじめてくださり、本当にありがとうございます!! 皆さまとともに、より良い世界に向けて活動していきたいと思います。これからも、どうぞよろしくお願いいたします!
非公開
非公開
応援しています!
¥1,000
1年分のご支援で、内戦により壊されたスーダンの学校に机・椅子6台を設置し、子どもたち約30名がしっかりと授業を受けられるようになります。
¥3,000
1年分のご支援で、親をエイズで亡くしてしまったた南アフリカの子どもたち12人が、感染予防や子どもの権利など必要な知識について研修を受けることができます。
¥5,000
1年分のご支援で、ラオスの農村で、衛生的な水を確保するための浅井戸を1基、掘削することができます。
認定NPO法人 日本国際ボランティアセンター
団体名

認定NPO法人 日本国際ボランティアセンター

自然・環境保全 / 子どもの教育 / 国際協力
1980年に発足した国際協力NGOです。現在は世界11の国・地域で活動しています。 カンボジアやラオス、南アフリカ等の農村で生活の改善などの地域開発に取り組むほか、紛争の影響を受けるパレスチナやアフガニスタン、イラク等では紛争の影響を受ける人々への人道支援/平和構築を行っています。また、これら現場の声をもとに、政府・国際機関や社会への提言活動にも力を入れています。 今起きている問題に対して、直接現地の人々を支援するだけでなくその問題が起こる「根本原因」にアプローチすることをポリシーに活動しています。