生後1ヶ月で重い心臓病を患ってしまった「ゆいちゃん」に心臓移植手術を

寄付先:
任意団体 ゆいちゃんを救う会
ゆいちゃんを救う会
5,296,298円
/目標:5,000,000円
105%
¥5,296,298
現在の支援金額
1062人
支援者数
終了
残り
寄付してメッセージを贈る
※このキャンペーンは終了しました。

皆様のあたたかいご支援により、全体の目標金額3億1,000万円を達成しました。本当にありがとうございました

■ 人工心臓を取り付けて生きる令和元年生まれのゆいちゃん

ゆいちゃんは令和元年7月に生まれました。

元気に泣き、動き、母乳を飲んでいたゆいちゃんでしたが、生後2ヶ月になろうかというある日、当たり前だと思っていた日常は突然途切れました。

重症の心不全を起こして救急搬送され、搬送先の大学病院にて緊急で人工心臓を取り付けなければ生きられない状態になってしまったのです。

ゆいちゃんは、生後たった1ヶ月で「拡張型心筋症」という重い心臓病を患ってしまいました。

ゆいちゃんはこの先自分の心臓で生き続けることは難しく、生きるには心臓移植を受ける他ないということを意味していました。

しかし日本での赤ちゃんの心臓移植は、極めて少ない状況です。

人工心臓のついているゆいちゃんは感染症、脳梗塞、脳出血といった命に関わる合併症の危険性に常にさらされ続けています。

ゆいちゃんの命を守るためには一刻も早く心臓移植手術を受ける必要があります。

ゆいちゃんは東京女子医科大学病院の先生方のご尽力により、早期の心臓移植を目指し、米国コロンビア大学附属病院へ受け入れていただくことが決まっております。

しかしアメリカでは日本での医療保険制度は適用されず、医療費や渡航費などで総額3億円を超える莫大な費用が必要となります。

個人や一家族ではとてもまかないきれません。

■ ゆいちゃんを救う会について

私たちはゆいちゃんのご両親の友人です。

人工心臓をつけて病院で毎日を過ごしているゆいちゃん、そして愛娘に何とか生きて欲しいと願い必死に看病を続けているご両親に代わって急遽、募金活動を立ち上げました。

人工心臓をつけたゆいちゃんを、ゆいちゃんのママはぎゅっと抱きしめることができません。

泣き出すゆいちゃんを、パパは高く抱き上げてあやすこともできません。

血流が見える太い透明なチューブが、ゆいちゃんの体から伸びているからです。

私たちが一人の親、一人の子どもとして享受してきた、親子の「当たり前の幸せ」を、一刻も早くゆいちゃん親子に返してあげたい。

ゆいちゃんとご両親に、平和な日常を届けたい。

そんな願いを持ち、私たちはこの活動を行っていく次第です。

■ 寄付金の使いみち

皆様から頂いたご寄付は、ゆいちゃんのアメリカへの渡航移植実現のために大切に使わせていただきます。

募金額の内訳や詳細、我々の活動については、ホームページ(https://yuichan-heart.com/)をご覧下さい。

応援メッセージ

寺西 暢子
寺西 暢子
わたしにも小さい子がいます。 無事に元気に大きく育ちますように。 応援しています。
ゆいちゃんを救う会
作成者
ゆいちゃんを救う会
皆様本当に多くのご支援をありがとうございました。ゆいちゃんのために、1円1円大切に使わせていただきます。渡航移植に向け、引き続き頑張って参りますので温かく見守っていただけますと幸いです。
非公開
非公開
孫も産まれて直ぐに手術をしました。 小さな命が一生懸命頑張っている姿が思い出されます! きっと元気になれますよ‼️ 応援しています。
任意団体 ゆいちゃんを救う会
団体名

任意団体 ゆいちゃんを救う会

保健・医療増進 / その他
本会は、ゆいちゃんの米国での心臓移植手術の実現と成功、そして無事に帰国するまでに至るゆいちゃん本人とゆいちゃんのご両親の滞在を支援することを目的とし、その目的に資するため下記の活動を行う。①個人及び団体からの有志を募り、募金を集める。②金融機関等の口座を用い、募金の管理を行う。③本会の目的達成のために必要な資金の送金と諸手続を行う。④ゆいちゃんの状況及び本会の活動状況を記録し、適宜報告を行う。⑤臓器移植に係わる支援団体との連携・協力を行う。⑥その他目的を達成するために必要な一切の活動を行う。