ストーリー

来週、8月28日で42歳になります。
気にしたことないのですが、そういえば後厄だったりするので、なんかちょっとポジティブなことをやって、支援している子ども・若者はもちろん、神様にもニコニコしてもらえればということで、バースデードネーションしてみることにしました。画面右下の「支援する」ボタンからご寄付いただくことができますので、誕生日&厄払いということで、ご協力いただけたら嬉しいです! (寄付金は決済手数料を除いて全額団体に寄付されます)

思うところあって大学を1年休学して2000年3月に卒業し、ご縁のあった不登校支援のNPOで5年お世話になり、2004年に現在のボスである工藤理事長と出会い、2005年4月から育て上げネットで働かせていただいています(縁故ばっかりですねぇ…苦笑)。そろそろ、育て上げネットで15年、NPOで働き続けて20年にもなると思うと不思議な気持ちです。学生時代から、ボヤっと「人に関わる仕事」「社会の役に立つ仕事」をしたいということは考えていたように思うので、結果的には天職みたいなものだったのかなと思います。…まぁ、「やっていて楽しい」ということがあってこそなので、結局は「自分のため」でもあるわけですが、「自分のため」と「人や社会のため」が、割と矛盾なく実感しやすいのが非営利の世界の良さなのかなと。

これまでいろいろなことにチャレンジする機会をいただいてきましたが、最近のテーマは、「コミュニティ」とか「居場所」で、具体的には、本拠地である立川に「ユースセンター」を立ち上げたいなと考えています。…が、構想だけが先行し、場所は借りたものの、まだ内装もできておらず、こうして発信していくことで自分にプレッシャーをかけて前に進めていこう、と(苦笑)。

「できる支援に当てはめる(当てはまらないケースは断る)」のではなく、相手に合わせて支援する考え方を、育て上げネットでは「フリーアプローチ」と表現しています。ユースセンターは、その拠点となるものとして考えています。フリーにアプローチができるのは、「していいこと」に制約のある資金ではなく、このバースデードネーションのような、「支援のために、自由に使ってOK」というご寄付を原資にしているからです。僕個人のバースデードネーションの目標額は3,000円と控えめですが(苦笑)、3,000円あれば、10人くらいに温かいスープくらいは提供することができますし、通所費用が無くて来られないような場合に「お金は気にせず、来て大丈夫」と声がけする根拠になったりします。

40代になっても相変わらず思いつき先行で、テキトーなところが多いままではありますが、普段あまり自分のしていることや考えていることを出さないので、良い機会だと思い、綴ってみました。「もう、しょうがねぇなぁ」と、応援(=ご寄付)いただけましたら幸いです。よろしくお願いします。

団体を見つける
  • 社会課題から探す
  • すべての団体から探す
  • キャンペーンを探す
Syncableについて
関連サービス

© 2021 STYZ Inc.All rights reserved