皆様のご支援のおかげで、無事に1stゴールの15万円を達成することができました! ありがとうございます!

より多くの皆様と共に「3.11のつどい」を作っていきたいという想いから、2ndゴールを設定させていただきました。追加でご支援いただきましたご寄付は、安全な行事運営のための設備費、来年度分の資材購入費に充てさせていただきます。

引き続き、ご支援のほど、よろしくお願い致します。

ストーリー

大津波がふるさとを襲ったあの日から12年。

私たちは毎年、市民手づくりの追悼行事を行なってきました。

亡くなられた方々への追悼の想い、「明日からまたがんばろう!」という私たちの想い、そしてこの震災の教訓を後世に伝えていく決意を込めて、今年も「3.11のつどい」を開催します。

私たちの活動を、皆さんのご寄付で支えてください。

***

本ページをご覧いただき、また東日本大震災の被災地に心を寄せていただき、ありがとうございます。私たちの活動を知り、ご支援賜りますと幸いです。

■ 「3.11のつどい」とは

「津波に負けたくない」「地域の人を励ましたい」

2011年4月、東日本大震災で壊滅的な被害を受けた宮城県石巻市南浜町に「がんばろう!石巻」の看板を設置しました。 現在も亡くなられた方への追悼の想いを込めて活動すると共に、未来の命を守るための震災伝承活動にも取り組んでいます。

「3.11のつどい」は、毎年3月11日に合わせて、「がんばろう!石巻」看板の前で開催してきました。石巻地域で亡くなられた約4000人の方々への追悼の意味を込め、毎年約4000個の灯籠を灯しています。また、地震発生時刻の14:46には黙祷を捧げ、「空にいるあの人に思いを届ける」という意味でバルーンリリースを行なっています。

入場料を取っているわけではないので正確な人数は分かりませんが、例年数千人に足を運んでいただいています。

また、今年は近隣のかどわき町内会や震災遺構門脇小、伝承交流施設「MEET門脇」とも連携し、それぞれの会場で灯籠点灯や黙祷をする予定です。

====当日スケジュール====

9:30 献花台設置(終日)

14:15 追悼式

14:46 黙祷・バルーンリリース

16:30 キャンドル点灯

17:30 追悼歌

23:00 行事終了 

========================

■ なぜ「3.11のつどい」が必要なのか

毎年3月11日が近付いてくると、あの日のことや、震災で亡くした大切な人/ものを思い出し、心が不安定になったり、ふさぎ込んでしまう方々もいます。「10年以上経つのに…?」と思われるかも知れませんが、大切な人を亡くした方々にとっては、「10年」は節目ではないのです。

ゆらゆらと揺れる灯籠の灯りを見ながら、少しでも心穏やかな時間を過ごしてもらいたい。あの日を想いながら、共に祈りを捧げたい。津波の恐ろしさ、震災の教訓を未来に伝えたい。

私たちはそんな想いで、この「3.11のつどい」を毎年開催しています。

約4000個の灯籠を作って並べるのは容易ではなく、灯籠づくりは数週間前からスタートします。並べて火を灯す作業も一日がかり。また、3月の石巻は風の強い日が多く、ましてや会場は風を遮る建物もない全壊地区なので、すべての灯籠が灯る頃には体は冷え切り正直大変… なのですが、手を合わせにこられる方々の姿を見ていると「今年も開催して良かった!」と心底思います。

■ 寄付金の使いみち

「3.11のつどい」を開催するために、灯籠制作用資材費、バルーンリリース用資材費、音響・配信設備費、諸謝金など、約75万円が必要になります。うち60万円は助成金等で目処が立っているのですが、残り15万円は皆様からのご寄付を充てたいと考えています。

これまでは地元の事業者さんなどに支えられて行事を開催してきましたが、コロナ禍で打撃を受けている事業者さんが多く、今年は支援をいただくのが難しい状況です。加えて、昨今の物価高騰が影響し、ヘリウムガスや灯籠に巻く不織布の値段が高騰しています。そのような背景から、今回初めてキャンペーンというカタチで広く寄付を募ることにいたしました。毎年「3.11のつどい」に集まってくださる石巻圏域の方々はもちろん、「被災地に足は運べないけれども、想いは届けたい」という全国の方々にもご支援賜りますと幸いです。

また、15万円を超えてご支援が集まった場合は、来年度以降の「3.11のつどい」開催費用に活用させていただきます(灯籠の資材費が4月以降、さらに大幅に値上がりする予定のため、3月中に来年度分の資材も購入することを検討しています)。

団体を見つける
  • 社会課題から探す
  • すべての団体から探す
  • キャンペーンを探す
Syncableについて
関連サービス

© 2021 STYZ Inc.All rights reserved