このキャンペーンは継続寄付になります。

このキャンペーンでは継続(毎月)での寄付を集めています。初回の寄付決済以降、毎月1日に自動的に初回に寄付いただいた金額と同額で決済が行われますので予めご了承ください。

共に「不条理の無い世界の実現」に向けて取り組むマンスリーパートナーを20人募集!!

寄付先

NPO法人 コンフロントワールド

NPO法人コンフロントワールド

支援総額

23,047円

/ 20,000円

115%
100%

支援総額

23,047円

支援者数

21人

残り

終了

このキャンペーンは終了しました

キャンペーンを通して感じたこと

2022/3/17 18:48

こんにちは!

コンフロントワールド学生メンバーの林です。

本日も活動報告をご覧いただきありがとうございます。


本キャンペーンも残すところあと数時間となりました。


今回はこのキャンペーンを通して私が感じたことをお伝えしていきたいと思います。ぜひご覧ください!

----------------------------------------------------------------------------------

2月18日より開始したマンスリーパートナー募集キャンペーンも間もなく終了となりました。

これまで有難いことに、新たに13名の方にマンスリーパートナーになっていただきました。

改めて、ありがとうございます!

今回のキャンペーンを主体となって進めていく中で感じたことは「友達から応援してもらえることの嬉しさ」です。

私は人の目を気にするタイプの人間です。

なので、例えばインスタのストーリーはサブ垢や親しい友達でしかあげられません。投稿もアーカイブ投稿しかできません。

誰も気にしていないとわかっているけれど、やっぱり人の目を気にしてしまいます。

そんな私がこのキャンペーンで苦戦したことが自分のSNSでの広報、友達への個別の声かけでした。

私はごくわずかな人にしかコンフロントワールドで活動しているということを伝えていませんでした。

このことや自分の性格なども相まって、自分のSNSでキャンペーンについて投稿したり、友達に個別でメッセージを送ったりして、どんな反応をされるのかとても不安でした。

しかし、キャンペーンをやるからには絶対に成功させたい!周りの目なんて気にしてられない!という思いでできる限り自分のSNSでの広報や友達への個別の声かけを行ったところ、多くの友達から応援メッセージをいただきました。

友達の中にはキャンペーンページをスクショして自分のSNSでシェアしてくれる子もいました。

また、高校卒業以来連絡をとっていなかった子が少しでも活動の足しにしてほしいとマンスリーパートナーになってくれました。

今のところたった1人ですが、あの時の喜びや感動は忘れられません。

自分の殻を破ってひたむきに広報してよかった!残りの期間中も頑張ろう!と思いました。

誰か、特に自分の知り合いや友達に応援してもらえることってこんなに嬉しいことなんだ、こんなに自分の力になるんだと改めて感じることができました。

またその他にも、このキャンペーンを通してキャンペーンの進め方や生じるタスクだけでなく、誰かを頼ることの大切さや自分の得意不得意など、多くのことを学んだり知って、少しは成長できたような気がします。

マンスリーパートナーになっていただけたらとても嬉しいですが、寄付に至らなくても、ページを読んでいただいてシェアしていただくだけでもとても嬉しいです。

----------------------------------------------------------------------------------

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

残り本当にわずかではありますが、皆様のご支援、ご協力の程よろしくお願いいたします。

皆さん、こんにちは!学生スタッフの中島です!

今日も活動報告をご覧いただきありがとうございます!

キャンペンーンも残りわずかになり、私の書く活動報告もラストとなりました。

このキャンペーンを通して考えたことをお伝えできればと思いますので、ぜひご覧ください!

--------------------------------------

2月18日からこのキャンペーンが始まってからの約1か月間はコンフロントワールドという団体とは?私の活動とは?ということをたくさん考えさせられる時間でした。そして、キャンペーンを成功させるべく、たくさんの方々にコンフロントワールドの活動やメンバーの魅力を伝えてきました。

その際、私が知り合いの方や友達に声かけをするときに強調して伝えたことは

「コンフロントワールドのメンバーは副業や大学との両立という形で関わっているので、それぞれのスキルや経験を活かしながら活動をしている!

「コンフロントワールドを通して、日本に住んでいても、コロナ禍という状況下でも、支援先の発展をサポートすることができる!」

「皆さんの支援が本当に必要!」


ということです。

私が団体に所属してから一番驚いたのは、コンフロントワールドで行っている活動のほとんどはメンバーのつながりから生まれているものだということです。このように様々な支援活動を始められていることはメンバーがそれぞれ違ったバックグランドや経験を持っているからこそです。

メンバーきっかけの活動だからこそ現地パートナーとのつながりが強く、現地や活動にかける思いをよく知ることができているため、規模はあまり大きくなくとも意義のあるものになっています!

私がコンフロントワールドに入ったのはコロナ禍になってからだったので、オンラインでの活動しか知らないのですが、そんな私でもウガンダやタンザニアへの支援を行うことができています!

現地パートナーともメッセージのやり取りをとして交流をしているので、動画や写真を通して支援先の現状が少しづつでも向上していく様子をリアルタイムで知ることができます。自分が日本でしている活動が現地の多くの人を救っていると実感することで、とても大きなやりがいを感じています。

そんなコンフロントワールドの活動を継続し、支援先の発展を進めていくためには皆さまからの支援が必要です!

ウガンダの公衆衛生向上の支援やタンザニア学校建設の活動は、長期的に支援をしていくことで今の世代も未来の世代にもつながる活動になります。

「私がやらなくても」「今じゃなくても」と思っている人はたくさんいると思いますが、そう思っている人がそれぞれちょっとした寄付をするだけでウガンダの1人の子どもの未来を変えるかもしれません。

このキャンペーンも残り2日です。ここで少しアクションを起こして、コンフロントワールドのマンスリーパートナーとして一緒に「不条理のない世界」を目指して活動していきませんか?

こんにちは!

コンフロントワールド学生メンバーの大谷です。

私は海外支援事業に携わっており、他の学生メンバーの2人とともに主体となってこのキャンペーンを進めてきました。

以前携わらせていただいた学生イベントの際には、言われたことをこなすことが多く、主体となってやっていくのは今回が初めてで、戸惑うことがとても多かったです。

キャンペーンを開始する前にも皆さんに見ていただくページの構成など多くの問題があり、何度も話し合いを重ねました。

キャンペーンが開始されても、毎月の継続寄付をしていただくことは簡単ではなく、苦戦していました。

特に私は学生なので、協力を求める相手も主に学生で、経済的な余裕がある訳ではなく、なかなかマンスリーパートナーにつながらず、難しさを実感していました。

しかし、友人たちは「ページよんだよ!」「頑張ってね」と励ましてくれ、中には自分のSNSで共に広報してくれる人もいました。

キャンペーンのページを読んでくれるだけでも、時間をかけて考えた分とてもうれしかったです。

何より活動や団体のことを少しでも知ってもらえたことに喜びを感じました。

このキャンペーンを通じて得たものはたくさんあったと改めて感じます。

やりっぱなしになってしまう自分の管理能力の無さを実感し、キャンペーンを進めていくプロセスややるべきことなど多くのことを学ぶことができました。

難しさや改善点を感じつつも、やはりやるからには目標を達成したいと思っていますし、現地の方々は継続的な支援を必要としています。

残り3日となり、現在13人の方々に新たにマンスリーパートナーになっていただきました。

既にマンスリーパートナーとなっている方々、新たになっていただいた方々、本当にありがとうございます。

皆様のおかげでめげずに声掛けを続けることが出来ております。

残りわずかではありますが、皆様のご支援、ご協力の程お願いいたします。

コンフロントワールド 大谷

海外支援事業を担当している山口です。


国際協力と聞くと、"素晴らしい"とか"怪しい"とか、いろんなイメージがあるかと思います。私が活動に関わって一番感じることは、泥臭い資金調達が大変。という事でしょうか。それでも活動を続けているのは、単純にワクワクするからです。私たちの事業の一例では、ウガンダの農村部に水インフラを作っています。小学校に貯水タンクができると、子供たちが学校に通うようになります。衛生的なトイレが作られると、感染症を防ぐことにつながります。


いわば、小さな町づくりに貢献することができます。若い団体ですが、これまでに現地パートナーと連携を通じ、しっかりと実績を残してきました。
事業を継続することで、支援者様には弊団体とともに支援先へのインパクトを見守っていただきたいと思っています。

そして!この一か月間、マンスリーサポーターを募集するために弊団体メンバーが大奮闘しています。もしかすると、メンバーが勇気を出してあなたにシェアしているかもしれません。少しでもお知り合いの方にこのキャンペーンをシェアしていただけると大変うれしいです。
今後とも、コンフロントワールドの応援をよろしくお願いいたします。

コンフロントワールド

山口

1234567

NPO法人

コンフロントワールド

〒105-0013

東京都港区浜松町2丁目2番15号 浜松町ダイヤビル2F

0368485700

https://www.confrontworld.org/

代表:荒井昭則

団体を見つける
  • 社会課題から探す
  • すべての団体から探す
  • キャンペーンを探す
  • ポートフォリオを探す
Syncableについて
  • 掲載希望団体の方へ
  • 運営会社
  • プライバシーポリシー
  • 利用規約 (一般の方 / 掲載団体)
  • 特定商取引法に基づく表記
関連サービス

© 2021 STYZ Inc.All rights reserved