「おうちにかえろうね」3歳のきかちゃんに心臓移植を 【目標総額3億5000万円】

寄付先

任意団体 きかちゃんを救う会

きかちゃんを救う会

支援総額

10,422,016円

/ 22,200,000円

208%
100%

支援総額

10,422,016円

支援者数

1,321人

残り

終了

このキャンペーンは終了しました

【競輪選手・小田倉勇二選手より応援メッセージ】

2021/9/28 11:56

日本競輪選手会栃木支部 競輪選手・小田倉勇二選手(栃木・91期)より応援メッセージをいただきました。

-------------------------------------------------------

きかちゃんの手術ができ手術が成功して元気になり成長し沢山の人生経験ができるように願っています。

日本競輪選手会栃木支部

競輪選手・小田倉勇二選手(栃木・91期)

-------------------------------------------------------

きかちゃんを救う会より、心から感謝申し上げます。

『「おうちにかえろうね」3歳のきかちゃんに心臓移植を』キャンペーンにご寄付を賜り、ありがとうございます。

現在、キャンペーンでは1306人の方にサポートいただき、10,344,176円達成しました。キャンペーン期間残り6日、引き続き応援よろしくお願いします!

皆様の温かいご支援で、きかちゃんへの募金総額は目標金額の97.2%を達成し、目標達成まで残り964万9022円となりました。

きかちゃんのアメリカでの移植実現のために、最後まで精一杯活動して参りますので、どうぞよろしくお願い致します。

―渡航準備を始めました―

いつも木花を、わたしたち家族を思っていただきありがとうございます。

頂いたお手紙やメッセージを読み、励まされております。

お返事が出来ておらず、申し訳ありません。

みなさまのご支援、ご協力を持ちまして、現在3億3千万円を超える募金を頂戴しております。本当にありがとうございます。目標募金額に達しておりませんが、デポジット及び渡航費に目途がたちましたので、渡航準備を始めました。

10月中旬~下旬の渡航を目指して手続きを進めております。

今後とも温かく見守って頂けますようお願いします。

森賢吾・理恵子

いつも木花を思ってくださりありがとうございます。

そして、木花と同じように「お兄ちゃん」のことをご心配いただく声をたくさん頂戴しており、その思い、あたたかいお言葉に胸を熱くしております。

心より感謝いたします。

今回はお兄ちゃんのことを少しお話しさせて下さい。

お兄ちゃん。

木花が国立成育医療研究センターに転院し、

「この手術が延期になったら持ちません。」そう断言され、補助人工心臓の装着していただいた2020年3月。ちょうど同時期にコロナが猛威をふるい始めました。

病院の子供たちを守るため、面会や付き添いの規制が厳しくなりました。

休日はお兄ちゃんも病室に入って、家族みんなで一緒に過ごすことができるよ、と聞いていましたが、両親も同時には病院に入れず、結局お兄ちゃんは病院に立ち入ることさえできませんでした。

往復4時間かかる週末の交代についてきて、とんぼ返りする生活が続きました。

私たち両親が必死に駆け抜けていた時間、お兄ちゃんは、お兄ちゃんなりに、何か自分ができることはないか、と考えてくれていたんだと思います。

お兄ちゃんは、木花に会えない代わりに、私たちにパワーを与え続けてくれました。

私たちにとって、元気の元だったお兄ちゃん。

実は、木花の心不全が悪化していった去年の年末頃から様子がおかしくなって、

「なんだかパワーが出なくなっちゃった」と言うようになりました。

この時ようやく、お兄ちゃんのことを後回しにし続けてしてしまったことに気づきました。

そして、お兄ちゃんがいるからこそ、お兄ちゃんと木花を会わせるために、私たちは頑張れていることに気づきました。

お兄ちゃんは木花の不調を感じ取り、「もしかしたら、もうこのまま木花に会えないのかも」と思い始めてたのかもしれません。

この事をすぐにプライマリー看護師さんに相談し、

どうか、ひと目でも会わせてあげたい。そう、お願いしました。

2021年2月。嬉しいニュースが飛び込みました。

病院の計らいで、ソニーさんと試作中の「窓」というシステムを利用し(※)、

「オンライン」ですが、木花の3歳のお誕生日を家族揃ってお祝いできることになりました。

窓越し面会ではないけど、オンラインで会えるよ、どうかな?

お兄ちゃんに伝えた時、

「大人たちが考えた一番近い場所でしょ!俺は嬉しい!!!」と張り切ってサプライズ企画を考えました。

そして本番。緊張して病院内おもちゃライブラリーへ。

そこには等身大に映し出される木花の姿!

どんなお部屋で過ごしているのか、大きな窓からのぞいて話すことができるような感覚!

「どこでも窓だ!!!」

ドラえもんの世界から飛び出てきたようなハイテク機器を目の前に、終始大興奮でした。

お兄ちゃんのサプライズ企画も大成功。

疎外感を強めていたお兄ちゃん。オンラインでも等身大の木花に会えたこと、病院内に入り関係者とコミュニケーションを取れたことで安心したのか、息を吹き返したように元気になりました。

少し照れながらも、嬉しそうに遊ぶキラキラとした二人の笑顔。

今でも私の脳裏に焼き付いています。

「お兄ちゃんと木花を絶対に会わせる!」という決意はこの日から変わっていません。

「木花のことをありがとう!おつかれ!」そう言いながら、笑顔で肩もみをしてくれる

お兄ちゃんのその手が、どんどん大きくなっていることを感じながら。

みなさまの応援を心身中に蓄えて、

もうすぐその日が来ることを確信しながら。

これから一世一代の挑戦に向かう準備をいたします。

みなさま、ここまで連れてきてくださり、本当にありがとうございます。

心より感謝いたします。

えいえいおー!!!をいつも胸に。

これからも家族一丸となりがんばります!!!

感謝と決意を込めて。

木花母より

※ソニー テレプレゼンス システム「窓」

Loading...

-------------------------------------------------------

この度は温かいご支援を賜り、誠にありがとうございます。

シンカブルでは9月より、JCB、American Expressでのクレジットカード寄付決済が可能になりました。

Loading...

キャンペーン期間残り14日となりました!!

おかげさまで、目標総額の3億5000万円を95.8%達成致しました。

皆様の応援に大変感謝申し上げます。

引き続き、どうぞ宜しくお願い致します。

34567820

任意団体

きかちゃんを救う会

代表:前島麻子

団体を見つける
  • 社会課題から探す
  • すべての団体から探す
  • キャンペーンを探す
  • ポートフォリオを探す
Syncableについて
  • 掲載希望団体の方へ
  • 運営会社
  • プライバシーポリシー
  • 利用規約 (一般の方 / 掲載団体)
  • 特定商取引法に基づく表記
関連サービス

© 2021 STYZ Inc.All rights reserved