給食室からひろがるえがおを、これからも。幼稚園と保育所の機能を併せ持つ幼保連携型認定こども園「鳥取みどり園」の調理室リフォーム費用をあつめたい!

寄付先:
社会福祉法人 鳥取こども学園
鳥取こども学園にある保育所「鳥取みどり園」は今年度より幼稚園と保育所の機能を併せ持つ幼保連携型認定こども園となりました。 幼稚園と保育所の機能を併せ持つ認定こども園として、そして地域に根差した園としてより安全・安心でふるさとの”人と人とのつながり”を感じられる食卓を作りたい。しかし、行政の助成金等の費用は厨房機器等の設備投資にほとんど使うことができません。 皆様からの寄付⾦は、地元の生産者の方々に作っていただいた鳥取の名産品を活かした食事をつくるために必要な設備投資に使われます。ご理解、ご支援のほど、何卒よろしくお願いいたします。
鳥取こども学園
180,341円
/目標:5,000,000円
3%
¥180,341
現在の支援金額
18人
支援者数
76日
残り
寄付してメッセージを贈る
クレジットカード / Amazon Pay
line
twitter
facebook
share

自己資金で調達しなければならない調理室リフォームの費用についてご支援をお願い申し上げます

昨今の新型コロナウイルスのパンデミック下において地域の子育てのために求められる”人と人とのつながり”は制限されたままです。

身近な人たちとの交流が薄れてきた親と子どもの支援は、緊急性を増していると言えます。

鳥取こども学園にある保育所「鳥取みどり園」は今年度より幼稚園と保育所の機能を併せ持つ幼保連携型認定こども園となりました。

「鳥取みどり園」では先生や調理員、看護師、栄養士、地域の特産品をはじめとする食材をとどけてくれる地域の方々など…給食室からひろがるえがおの中で、子どもたちは育っています。食育を中心として、鳥取のこどもたちが、ふるさとを愛するような食事をとどける取り組みを継続して次世代に贈り続けています。

幼稚園と保育所の機能を併せ持つ幼保連携型認定こども園として、そして地域に根差した園としてより安全・安心でふるさとの”人と人とのつながり”を感じられる食卓を作りたい。

しかし、行政の助成金等の費用は厨房器具等の設備投資にほとんど使うことができません。

そのため、この度調理室のリフォーム費用(増改築、調理器具)を寄付で募りたいと考えております。

みなさまのご寄付は、地元の生産者の方々に作っていただいた鳥取の名産品や食材を活かした食事をつくるために使われます


「長いも蒸しパン」など、地元の生産者の方々に作っていただいた鳥取の名産品を活かした食事を作れるようになります。

自動式の炊飯器

今現在販売していない炊飯器を使用しており、2つある炊飯器のうち1つが壊れている状態 です。お楽しみ会などの園全体のご飯を炊く時は困っています。

スチームコンベクション

現在、焼く・煮る時はフライパン、鍋、ホットプレートを利用しています。

スチームコンベクションは焼く、煮る、蒸すなどの多彩な調理機能を備え、再加熱にも適しています。

オーブンスチーム機能が組み込まれ、それぞれ単機能と同時併用機能をもつ。焼き色をつけずに短時間で加熱したいものや、水分蒸発を少なくしたい卵料理などにも適した機能を持ちます。

急速冷却機(ブラストチラー)

現在、水道水でできるだけ早く食材を冷やしている状況です。急速冷却機は加熱後の温かい料理を急速に冷却するための機器で、強制冷風(-4℃以下の凍結温度の空気)により出来立ての熱い料理を短時間でチルドに冷却する能力があります。料理を急速に冷却することは、最近の増殖する危険な温度帯である10~65℃をできるだけ速やかに通過させ、衛生的な安全を保つことからも重要視されているものです。

●みんなの声●

卒園生 岩竹伸忠

私がみどり園を卒園して、40数年経ちました。そのみどり園へ子どもも通う事となり園舎は、当時とは、すっかり変わりましたが、園に行くたびノスタルジックな雰囲気に包まれその当時のことを今でも思い出します。いつまでも子ども達を温かく迎えてくれる鳥取みどり園であってほしいと願います。

卒園児 岩竹満里恵

1歳から5年間みどり園に通いました。とっても楽しかったです。運動会やクリスマス祝会。たくさんの思い出が、出来ました‼️そしてたくさんのお友達と優しい先生鳥取みどり園がとっても大好きです。

管理栄養士 有田早希

子ども達にとって食べる事は、心とからだの成長の為に必要なものです。 みどり園の給食は栄養バランスを考え、肉・魚だけでなく、野菜もたくさん摂れるよう 工夫して献立を立てています。保育教諭、調理員、看護師と連携して子どもたちの命を守ります。

調理員 谷本眞奈

「今日の給食はなあに?」

子どもの頃からいろんな食材や料理に親しみを持ち、食べる事の楽しさやバランスよく 食べることの大切さを伝えられるように毎日旬の食材を使って美味しい給食作りに励んでいます。

看護師 但井真由美


アレルギーを持つ園児が年々顕著に増加している中で、美味しくかつ安全に配慮された食事を保育教諭と連携し、提供しています。

日々、元気に園生活が送れるよう園児の体調管理に配慮しています。

園医 清水雅彦

少子化が進行した今日、さらに新型コロナウイルスの感染が大流行となった。当園では大切なお子様たちのために、安全・安心で、栄養豊富な給食を提供できるように、職員、関係者が協力し努力しています。ご理解、ご協力をお願いいたします。

園長 西垣恭子


0歳児~2歳児の保育室のある乳児棟と3歳児~5歳児の保育室のある幼児棟の真ん中に給食室があります。11時頃になると給食室から、いい匂いが保育室や園庭に漂ってきます。いい匂いは子どもたちの食欲をそそり、給食の時間が待ち遠しくなってわくわくしてきます。

大好きな友達や先生と一緒に、みんなで集まって、同じものを食べるって、とっても嬉しくって楽しい時間です。コロナ禍でなければおしゃべりも…。

「食べる力は生きる力」いっぱい遊んでいっぱい食べて、すくすくと大きくなってください。

よくあるご質問

Q:寄付控除の受けられる寄付金でしょうか?

A:可能です。鳥取こども学園は公益増進法人である社会福祉法人です。鳥取こども学園へのご寄付は寄附金控除を受けられる寄付金です。

個人、法人、ならびに相続または遺贈により取得された財産からのご寄付に対して税法上の優遇措置(寄附金控除等)を受けることができます。

Q:寄付の仕方は、どのようなものがありますか?

A:銀行振り込み、クレジットカード、現金(書留など)でのご寄付が可能です。

応援メッセージ

user_25483
user_25483
応援しています!
上田 健司
上田 健司
美味とは食物そのものにあるのではなく味わう舌にあるものである。(ジョン・ロック) 子供たちが食物を美味しいと感じられるのは皆さんのおかげです。 いつもありがとうございます!
非公開
非公開
応援しています!
社会福祉法人 鳥取こども学園
団体名

社会福祉法人 鳥取こども学園

出産・子育て支援 / 障がい・介護支援
社会福祉法人鳥取こども学園は、キリスト教精神の「愛」を法人理念とし、現在、児童養護施設、児童心理治療施設、乳児院、保育所等12の児童福祉施設・事業所を運営しています。子どもたちのありのままを受けとめ、子どもたちにとって「鳥取こども学園」が安全で安心して生活できる場所となるよう努めています。