「もみじの家」の誕生日、 皆さんのご寄付でお祝いしてください!/ 内多 勝康 バースデードネーション

寄付先団体名:
国立研究開発法人 医療型短期入所施設もみじの家(国立成育医療研究センター)
内多勝康
目標金額: 
¥1,000,000
現在: 
¥206,000
支援者数: 
34人
残り: 
終了
寄付してメッセージカードを贈る

はじめまして、内多勝康と申します。去る4月18日、55才の誕生日を迎えました。そして、現在従事する「もみじの家」も、4月25日で2歳の誕生日を迎えました。  2年前までは、NHKで働いていました。1986年の入局以来、アナウンサーとして30年勤務した後、国立成育医療研究センターの医療型短期入所施設「もみじの家」で事務全般を管理する「ハウスマネジャー」を務めています。つまり、4月25日という日は、わたしがハウスマネージャーになって2歳の誕生日を迎えた、ということでもあります。  重い病気を持つ子どもと家族ひとり一人が その人らしく生きる社会をつくることを目指して、2016年4月に「もみじの家」は誕生しました。医療的ケアが必要な子どもと家族の在宅生活を支える、国内初の公的な医療機関が運営する医療型短期入所施設です。ここでは、重い病気や障害を抱え、在宅で医療的ケアを必要とする子どもとその家族が、24時間365日続く日常のケアをスタッフに任せて、安心してくつろいだ数日間を過ごすことができます。  「もみじの家」では、7つの部屋(そのうち、家族と一緒に泊まることのできる個室が5室)に11人の子どもが最長9泊10日、滞在可能です。看護師・保育士・介護福祉士の18名の多職種チーム(夜勤は看護師2名体制)とボランティア(登録110名)が、自宅で行っているケアをそのまま引き継ぎながら、家族が地域と関われる環境を提供しています。  他にも、自由に料理が作れる共用ダイニングキッチン、家族一緒にお風呂を楽しめる浴室、日中活動の場としてプレイコーナー、学習/図工コーナー、センサリールーム(感覚を刺激する部屋)、音楽室を設置。家庭では体験することが難しい、成長・発達を促すための保育や学習のサービスを受けることもできます。  皆様のおかげで2周年を迎え、子どもたちと家族が数日間の滞在中、安心して笑顔でくつろげる場所として定着してきました。  3年目も、増え続けるニーズに応えて、より多くの家族に利用していただくため、スタッフ一同精進して参ります。  「もみじの家」では、医療的ケアに加えて、成長発達を促す遊びや学びの時間も大切にしようと、医療と福祉・保育の専門職による手厚いサービスの提供に取り組んでいます。ただ、そのための運営費を賄う公的な制度が不十分なため、今のケアを持続するためには、皆様からのご支援が欠かせません。  特に、子どもの豊かな遊びの時間である保育(日中活動)を保証するための事業費が不足しております。今回のご寄付は、毎日の活動を支えるために使わせていただきます。  「もみじの家」の誕生日を、あたたかいご寄付で祝っていただければ幸いに存じます。皆さまのご理解・ご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。      国立成育医療研究センターもみじの家ハウスマネージャー 内多勝康
非公開
非公開
2018年5月26日 05時04分
お誕生日おめでとうございます!

非公開
非公開
2018年5月25日 22時00分
お誕生日おめでとうございます!

非公開
非公開
2018年5月25日 17時59分
お誕生日おめでとうございます!

国立研究開発法人 医療型短期入所施設もみじの家(国立成育医療研究センター)
団体名

国立研究開発法人 医療型短期入所施設もみじの家(国立成育医療研究センター)

出産・子育て支援 / 子どもの教育 / 女性支援
国立成育医療研究センター病院棟の南西に隣接する二階建ての「もみじの家」に、自宅で医療ケアを受けている子どもと家族を短期間受け入れ、ひとり一 人が子どもらしい生活、くつろいだひと時を過ごせるよう、さまざまな医療ケアに対応します。 同世代の子どもたちと遊んだり学んだりと、普段自宅ではなかなかできないことをして過ごすことができるよう、日中活動を計画します。家のような安心・リラックス できる団欒の場をつくり、子どもの成長・発達に応じて“わくわく”する体験を提供します。 また、子どもに「寂しい思いをさせたくない」「
詳しく見る >