このキャンペーンは継続寄付になります。

このキャンペーンでは継続(毎月)での寄付を集めています。初回の寄付決済以降、毎月1日に自動的に初回に寄付いただいた金額と同額で決済が行われますので予めご了承ください。

生演奏をすべての人に!~目の不自由な方へ生演奏を届けるためのマンスリーサポーター募集~

寄付先

NPO法人 パフォーマンスバンク

鈴木浩之

支援者数

57人

/ 50人

114%
100%

支援総額

50,831円

支援者数

57人

残り

終了

このキャンペーンは終了しました

「だれもが楽しめる音楽イベント」のつくりかた(後編)

2021/5/31 12:27

本キャンペーンへの応援ありがとうございます!

本日でキャンペーンは終了となりますが、目標達成という大変うれしい結果で最終日を迎えることができました。

応援頂いた皆さま、本当にありがとうございます。

また、私達の取り組みの推進力をさらに大きいものとすべく、本日いっぱいまだ寄付への参加も受け付けておりますので、引き続き応援をどうぞよろしくお願いします!!

キャンペーン最終日の活動報告として、昨日に引き続き「誰もが楽しめる音楽イベントのつくり方」について、上級編の取り組みをご紹介します。

昨日はすぐにでも取り組めることとして、以下3点についてお伝えしました。

①曲間に司会を入れる

②会場の確認(点字ブロック、盲導犬入場可否など)

③会場案内役を置く

もっと「誰もが楽しめる音楽イベント」にするために、可能であればぜひ以下3点にも取り組んでみてください。

④展示プログラムの用意

目の不自由な方もご来場されることに備えて、可能であれば「点字プログラム」も何部か用意できると良いでしょう。

例えば船橋市の「社会福祉法人あかね」様などでは、点字のコンサートプログラムを作成するサービスを提供しています。

しかしながら、目の不自由な方が必ず点字を読めるわけではありません。点字を読めるのは、視覚に障害のある人の1〜2割程度と言われています。「①曲間に司会を入れる」で補完をするという方針でも問題ないでしょう。

⑤ガイド役の入場料への配慮

目の不自由な方は、外出の際にヘルパーの方に付いてきてもらうケースも多くあります。二人分のチケット代を負担するとなると経済的負担が大きくなってしまう可能性もありますので、もしできればヘルパーの方の分のチケット代については割引をするなどご検討頂けたらと思います。

⑥事前の音出し

これは視覚障がい者に限らず音楽イベントへの参加に慣れていないお客様への配慮として、本格的な演奏が始まる前に少し音を出してみて、どのくらいの音量がするものなのか心づもりができるようにすると良いでしょう。もし音が大きすぎると感じる場合には、後ろの席に移動するなどできると良いですね。

昨日〜今日と「誰もが楽しめるコンサートのつくり方」をお伝えしてきました。誰もが楽しめるコンサートはほんの少しの配慮でつくることができ、そしてそれはハンディキャップをお持ちの方のみならず、音楽イベントへの参加に慣れていない方などへの配慮にもつながり、ひいては音楽の裾野を広げる取り組みにもなります。

私たちパフォーマンスバンクは、こういった取り組みが広がるよう今後も活動に取り組んでまいります。ぜひみなさまのご協力ならびに応援をよろしくお願いいたします。

キャンペーン終了まであと2日!現時点までに49名様からの応援を頂いております。本当にありがとうございます。

本キャンペーンに寄せられた応援を、私たちパフォーマンスバンクは「目の不自由な方をはじめ誰もが楽しめるコンサート」が行われる仕組みづくりに生かして参ります。

それでは『誰もが楽しめるコンサート』とはどんなものなのか?私たちは、例えば以下のような”ほんのちょっとの工夫”で、より多くの人がコンサートを楽しめるようになると考えています。

●曲間に司会を入れる

演奏者側で最も簡単に取り組めるのが「司会」です。曲間で司会を入れて、次に演奏される曲が何なのかを説明することで、仮にプログラムを読むことができないお客様であってもしっかりと心の準備をして演奏に集中することができます。曲の背景や聞きどころを説明することはもちろんのこと、「全○楽章構成です」や「演奏時間は約○分です」などの情報も添えて頂けるとさらに良いでしょう。

●会場の確認

・会場内の点字ブロックでの案内はあるか?

・盲導犬も入場可能か?

・車椅子でも入場できるか?車椅子用の座席は用意できるか?

などをを事前に会場に確認し、必要に応じて来場者へのアナウンスを実施しましょう。

●会場案内役を置く

何か困ったことがあった際に、誰に声をかけたら良いかを明確にしておきましょう。できれば受付やドアマンとは別に会場を巡回するような人を置けるとベストです。

いかがでしょうか?これら3つのことはすぐにでも取り組めるものと思います。また、これらの取り組みは視覚障がい者に限らず、より多くの方にコンサートを楽しんで頂くために有効なものばかりです。

私たちパフォーマンスバンクは、このような取り組みが日本中の音楽イベントで当たり前に行われることを目指していきます。

前回に引き続き、本キャンペーンで頂いた応援を活用して立ち上げを予定している「Performance Bank Station(PBS)-仮称」について。

PBS(仮)は形としては「たくさんのコンサートやライブの情報が掲載されているホームページ」です。

<それってよくあるイベント告知掲示板じゃないの?>

いいえ、違います。

よくあるイベント告知掲示板は、誰でも情報を掲載できるものが一般的。

それに対して、PBS(仮)に掲載される情報はスタッフが精査を行ったうえで「誰もが楽しめるよう配慮されている音楽イベント」だけが掲載されます。

時には情報掲載を希望する人たちに対して、「誰もが楽しめる音楽イベント」のためには何をする必要があるのか、私たちパフォーマンスバンクがアドバイス等も実施していきます。

では「誰もが楽しめる音楽イベント」とはどんなものなのか?決して特別なことは必要ありません。ほんのちょっとした配慮で、障がいの有無に関わらず、より多くの人が楽しめるイベントを作ることができます。

具体的に取り組むべきことについてはまた改めて。

キャンペーン終了まで残り4日!あと4人で目標の50人達成です!

昨年10月、UR賃貸住宅「アートヒル高根台」にて生演奏ライブを実施しました。

イベント実施にご尽力いただいた株式会社URコミュニティのご担当者様から、本キャンペーンへの応援メッセージをいただきました!

「アートヒル高根台」は千葉県船橋市のUR団地。船橋市にちなんで、船橋にゆかりのある演奏家ら4名による、ピアノ、バイオリン、歌のソロや合奏が披露されました。

緑あふれる敷地内広場の一画にある集会所がイベント会場となり、生演奏のほか地元の特産品やハンドメイド雑貨のマルシェが開催され、お住まいの方々が演奏者や出展者と交流する姿が見られました。

●業務内容と実施イベントについて

弊社はURの賃貸住宅団地を管理しており、当課の業務は、団地にお住いの高齢者の方々を中心に、住み慣れた街で長く暮らし続けることが出来るよう、特にコミュニティ形成支援に力を入れています。

コロナ禍で、外出機会は減り閉塞的な日々が続く中、お住いの方が笑顔になれる企画を・・・と検討していたところでパフォーマンスバンクと出会いました。開放感のある素敵な集会所がある団地を会場に選び、誰でも口ずさめるような楽曲の演奏をリクエストしました。

メールのやり取りのみの打合せが続き、本当に開催できるのだろうかと不安でしたが、蓋を開けてみれば満員御礼!

参加者からは、「また来てね!」「心が和み涙が出ました」「地元アーティストの生演奏が効けて良かった!」などなど、嬉しい感想をたくさんいただき大成功。笑顔が生まれたコンサートでした。

●本キャンペーンへのメッセージ

介護施設での訪問演奏や地元船橋での活動など、音楽の力で、より多くの方が笑顔になれるよう、今後の活動の成功をお祈りします。また団地にも来てください!

1234569

NPO法人

パフォーマンスバンク

〒273-0011

千葉県船橋市湊町2-8-40-3304

https://www.p-bank.org

代表:鈴木浩之

団体を見つける
  • 社会課題から探す
  • すべての団体から探す
  • キャンペーンを探す
  • ポートフォリオを探す
Syncableについて
  • 掲載希望団体の方へ
  • 運営会社
  • プライバシーポリシー
  • 利用規約 (一般の方 / 掲載団体)
  • 特定商取引法に基づく表記
関連サービス

© 2021 STYZ Inc.All rights reserved