学校で君の世界は決まらない。子ども達に「大丈夫」を届け続けたい!フリースクール『次の10年募金』

寄付先:
認定NPO法人 盛岡ユースセンター
認定NPO法人 盛岡ユースセンター
292,000円
/目標:1,000,000円
29%
¥292,000
現在の支援金額
49人
支援者数
終了
残り
寄付してメッセージを贈る
クレジットカード / 銀行振込 / Amazon Pay
※このキャンペーンは終了しました。
line
twitter
facebook
share

在校生 朝比奈さん(仮名)より、素敵なメッセージをいただきました。

盛岡ユースセンター(さん?)、10周年おめでとうございます。

僕はもうユースに通って7年目になりますが、20歳を超えた僕のことも漏れずサポートしてくれていることに感謝しかないです。

特別な年に少しでも何か還元できればと、寄稿させてもらいます。

今後ともよろしくお願いします。

________________

普通。

普通って、なんだろう。

どうして、みんなとおんなじことが出来ないんだろう。

僕はどこで間違ったんだろうか。

なんか、すごい僕のことを激変させた日に戻って、もう一回やり直せばいいんだろうか。

そうすれば、また、「みんなとおんなじ」に……

中学生の時の僕は、「普通。みんなとおんなじ」ということに囚われていました。

大袈裟に言わずとも、それが僕の一番優先しなければいけない課題だと、信じて疑いませんでした。

中学1年生の秋口、「僕なんて消えちゃえばいいのかな。」の一言から、僕の不登校が始まりました。

どんどん開いていく同級生との差。

月曜日から。 夏休み明けから。

学年が変わった初日から……

そのどれもできなくて、「あ、僕って学校に行けない子なんだ」という諦めと、ふに落ちる感覚が同時に来たのは、中学3年の懸けていた夏休み明け。

とうとう行けなかった自分を、やっと、受け入れられたのがその日でした。

高校選びは、迷わず星槎高校(ユースセンター)に決めました。

最初から全日制の高校に行く意思はなく、自分のペースを何より大事にしたいと思ったんです。

光の速さで高校を決めた僕に、逆に周りの大人の方が、「後悔しないだろうか?」と心配してくれていました。

学校の先生が何度も、「全日制じゃなくていいの?」と確認してきましたが、気持ちは変わらなかったです。

中学2年生の時からユースに行き始めて、あそこしか自分の行けるところはないと確信していました。

僕のペースを絶対に否定しないで、できないことではなく、できることを輝きの目で見つめてくれていたユース以外考えられませんでした。

高校3年生になって、1人すごく気になる子が居ました。

その子は絵が上手くて、素直な子です。

「うおー……どうしよう。話しかけたいんだけどなぁ…」 何度も葛藤する僕を、母は苦笑いの瞳で見つめていました。

高3のスクーリングは、単位の関係で1、2年より何回分か早く終わります。

あの子はいつもユースに来ているわけじゃない、今日話しかけないと、もうチャンスはないかもしれない…。

「あのさ、昼飯一緒に食べない?」

勇気を振り絞って、多分震え声。

「あ、いいですよ」

その言葉が聞きたいがために、僕は1年間くらい話しかけようか葛藤しました。

嬉しくて、沢山話しかけてしまいました。迷惑か気にしてる余裕はなかった。

ただ、嬉しかった。

高校を卒業してもユースに行き続けて、その間に他の子ともちょこちょこ喋れるようになりました。

本当に気ぃ遣いで、優しい子たちばかり。多分、優しすぎたんだと思います(そこがとっても素敵です)。

ユースも、友人も、病院の先生も、不登校も。何か一つ欠けていても、今の僕は居ないと思います。

今の僕の幸せの定義は、もう「普通」「みんなとおんなじ」ではありません。

「誰と比較したものでもなく、自分の幸せは自分で作る」

超シンプルだけど、これだけ。

でも、このポリシーを持つようになってから、ずいぶん気持ちが楽になりました。

僕は、小説を書くダンサー。絵描きで、詩人で、歌を作る。

一般的にご立派ねと言われるような、大学進学も就職も自立もしていない。

だけど、それでいいんだ。僕にとっての幸せはこれだった。

不登校の時、そして最近まで、「普通の幸せ」「他人と違うことへの劣等感」がありました。

でも今は、そんなものはどうでもいいと思えています。

「オリジナルの幸せ」の前では、それらは無意味だと確信しているからです。

_________________

不登校になると、本人も周りもたくさん迷うと思います。

それが当たり前だと思います。

だからその時は、誰かに相談して、たくさん考えて、時間がかかっても大丈夫です。

僕も道の途中ですが、一緒に迷いましょう。

そして、僕の迷いにゆっくり待っていてくれた家族、先生方、ユースセンター、ありがとうございます。

これからもユースでたくさんの良い出会いに恵まれたいです。

きっと僕がまだ知らない素晴らしい人たちがユースにいると思うので。

そのきっかけとなるユースセンターが、変わらずいい場所でありますように。

10周年おめでとうございます。

twitter
facebook

応援メッセージ

尾形 岳彦
団体
尾形 岳彦
応援ありがとうございました! いただいたご寄付を力に、子ども達が安心して学び育つ環境を広げてまいります!
user_34593
user_34593
子どもたちと関わる立場としてぼくらも応援しています!
尾形 岳彦
団体
尾形 岳彦
応援ありがとうございます! 最後までがんばります!!
認定NPO法人 盛岡ユースセンター
団体名

認定NPO法人 盛岡ユースセンター

子どもの教育
子ども達に「大丈夫」を伝えたい!フリースクールの運営、高卒資格取得支援(通信制高校・高卒認定試験)、親の会の開催、セミナー・勉強会の開催、相談事業