子ども達に「大丈夫」を届けたい!安心して学び育つ場であり続けるために、100人のマンスリーサポーターを集めたい!

寄付先:
認定NPO法人 盛岡ユースセンター
認定NPO法人 盛岡ユースセンター
61人
/目標:100人
61%
61人
現在の支援者数
¥88,000
支援金額
終了
残り
寄付してメッセージを贈る
クレジットカード / Amazon Pay
※このキャンペーンは終了しました。

皆様、これまでのご支援ありがとうございました!センターの尾形です。

1か月に渡るチャレンジも、残すところ2時間ほどとなりました。

現時点で、60名のマンスリーサポーターの皆様と繋がることができました。

これは、それ以上に数多くの皆様の応援とご支援のお蔭と感じております。皆様のご支援に、心より感謝申し上げます。

キャンペーンをする中で

「何に突き動かされて、この活動をやってらっしゃるのですか?」

と質問をしていただくことがありました。

改めて考えて、私の原動力となっているものは、やはり、子ども達の置かれている状況に対する、新しい現実を作っていきたい、ということです。

元々、目の前の子ども達のために何ができるか、という目線で活動をしてきましたが、子どもが置き去りにされた制度を理不尽に感じることもしばしばあります。

そうした現状をなんとかするため、目の前の子どもを活動の出発点として私たちも尽力しているフリースクールですが

全国でも500ほどしかないと言われ、私の知る限りでも志半ばで活動を閉じたり、縮小する団体がいくつもあります。

そこに必要としている子ども達がいないからではなく、必要としている子ども達は増え続けているのに、それを支える団体が自らを支えることさえ困難な状況が続いています。

それで「仕方ない」では、私たちは終わらせたくありません。

「仕方」はいくつもあるはずです。

その一つのチャレンジが今回のキャンペーンです。

今回のチャレンジは、民間の一NPOの小さな取り組みではありますが、このチャレンジは、今日で終わりではありません。

この灯を育て、私たちのミッションである

「すべての子ども達が、自分に価値を感じながら笑顔で成長できる社会」

を皆さんと一緒に実現していきたいと思っております。

繰り返しになりますが、前回の投稿を引用させていただきます。

子ども達は未来そのものです。

少子化の中、子ども達は不登校という「表現」で

新しい教育のカタチを求めています。

フリースクールは、まだ「小さな芽」です。

これからも、まだまだ育っていかなければなりません。

しかし、フリースクールを照らす光もまた、すべての子ども達の学びの環境に影響し、全体を照らす光になるのだと信じています。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします!!

twitter
facebook

盛岡ユースセンターの尾形です。今日は、私たちが普段子ども達と接する時に、大切にしている考え方をご紹介します。

ユースセンターでは毎年、様々な現場で活躍している講師の先生をお招きし、セミナーを開催しております。そこで私たちスタッフもたくさんの学びを得ながら、生徒たちと関わっています。

********

「現実は多面体である」という言葉。

多面体にカットされたダイヤモンドは、どこか一箇所からでも光が入れば、全体が綺麗に輝くことができ、それは人も同じ、というお話です。

人は誰もがさまざまな側面を持っている「多面体」で、どこに注目するかで、見えてくる現実は変わってくる。

欠点や問題(とされている)側面にばかり注目するのでなく、一人ひとりの輝く側面に光を当てることが大切だということが、これまでの学びの中でも特に印象に残る部分であり、スタッフが日常で何より心掛けていることです。

” Believing is seeing ”(信じていれば、見えてくる)

何を信じ、何を育てるのか

私たちは、その子の描く未来、可能性を信じ、そこに光を当てていきたいと考えています。

一人ひとりの「なりたい自分」「ありたい自分」に対して

叶う、叶わない、ということだけではなく

信じてもらい、目指せることで、その子自身が本当に学び、成長していくのだと思います。

「作られた未来」ではなく、「創る未来」を望む子ども達を

本気で応援していくことが、私たちの日々のチャレンジです。

子ども達は未来そのものです。

少子化の中、子ども達は不登校という「表現」で

新しい教育のカタチを求めています。

フリースクールは、まだ「小さな芽」です。

これからも、まだまだ育っていかなければなりません。

しかし、フリースクールを照らす光もまた、すべての子ども達の学びの環境に影響し、全体を照らす光になるのだと信じています。

twitter
facebook

盛岡ユースセンターのマンスリーサポーター募集キャンペーンも、残り3日となりました。現在47名の方に寄付者となっていただき、シェアやいいね!での応援も本当にたくさんの方からいただきました。本当にありがとうございます!

現在、フリースクール、盛岡ユースセンターには28名の生徒が在籍しており、毎日勉強したり絵を描いたり、おしゃべりしたりカードゲームをしたり、自分のペースで過ごしています。

子ども達が「学校に行かない」という選択をしたとき、私達大人はどのような道を選択肢として与えてあげられるでしょうか?子ども達が成長の場として、学校以外の場を選んだ時、社会がどのように応援してあげるかがとても大切だと思います。

盛岡ユースセンターは、学校に行っている、行っていないに関わらず、子ども達が前を向き、毎日笑顔で生活、成長できる社会を目指しています。

数学の教科書を進めていた中学生。途中の単元で少しつまづいてしまいましたが、無理に教科書通りの順番にせずに、その子が好きそうな「平面図形」から進めることにしたら、どんどん取り組めるようになりました。

半年近く漢字検定の勉強をしていた生徒が、試験終了後すぐに「色彩検定」の学習に取り組みたい!と笑顔で話してくれました。

就職にしようか、進学にしようかずっと悩んでいた生徒が、自己理解を進めて、自分が働きたい場所について、働き方について、新たな道を自分で開拓しようとしています。

生徒たちの人生の選択肢を狭めたくありません。

これからの未来を担う子ども達が、多様な選択肢の中で、いきいきと笑顔で成長できるフリースクールを守り、維持していくために、皆さまからのご支援が必要です。これからもっともっと生徒を受け入れるために、場所の移転や、人員の増員、経済的な理由でフリースクールに通えない子への支援、などを目指し、これからも楽しく頑張って活動をしていきたいと思います。

キャンペーンも残り少なくなってきました!応援よろしくお願いします!

twitter
facebook

....

応援メッセージ

尾形 岳彦
団体
尾形 岳彦
1ヶ月に渡るキャンペーンに沢山のご支援・応援をいただきありがとうございました! 皆様には感謝しかありません! 目標にはとどきませんでしたが、これからもチャレンジは続けて参ります!
非公開
非公開
応援しています!
菅原 瞳
作成者
菅原 瞳
ありがとうございます!子ども達の未来をたくさんの方が応援してくれているという素晴らしい現実に感謝です!マンスリーサポーター60名になりました!!!
認定NPO法人 盛岡ユースセンター
団体名

認定NPO法人 盛岡ユースセンター

子どもの教育
子ども達に「大丈夫」を伝えたい!フリースクールの運営、高卒資格取得支援(通信制高校・高卒認定試験)、親の会の開催、セミナー・勉強会の開催、相談事業